参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

じょうどしゅう しんこうみょうじべついん|浄土宗

浄土宗 新光明寺別院

公式静岡県 新静岡駅

浄土宗 新光明寺別院公式静岡県 新静岡駅

じょうどしゅう しんこうみょうじべついん|浄土宗

静岡県 静岡市葵区伝馬町11-3

【参拝可能時間】
午前9時〜午後4時
(拝観希望の方は事前にご連絡をお願い致します)

御朱印あり
檀家以外の参拝歓迎

オススメの投稿

投稿はまだありません。

浄土宗 新光明寺別院の情報を知りたい方のために、お参りして、ホトカミに投稿しませんか?

基本情報

名称浄土宗 新光明寺別院
読み方じょうどしゅう しんこうみょうじべついん
檀家以外の参拝歓迎
参拝時間

【参拝可能時間】
午前9時〜午後4時
(拝観希望の方は事前にご連絡をお願い致します)

参拝にかかる時間

10分

トイレあり
御朱印あり
電話番号054-253-6231
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
FAX054-253-2653
メールアドレスshinkoumyouji@gmail.com
SNS

詳細情報

ご本尊阿弥陀如来
山号徧照山
院号摂取院
宗旨・宗派浄土宗
創建時代貞永元年(1232年)
開山・開基源譽上人
文化財

重要文化財(国指定)阿弥陀如来立像

ご由緒

当山は、念仏の元祖法然上人を宗祖と仰ぐ浄土宗に属し、京都にある総本山知恩院の直末寺で徧照山摂取院新光明寺と称します。
寺伝によれば、貞永元年(1232年)法然上人の法孫 恩蓮社源譽上人が今の静岡市伝馬町の地に仏師快慶作の阿弥陀如来(国の重要文化財)を御本尊としてお迎えし、東海の念仏道場として建立されました。
法然上人の御開宗から五十七年の後です
 今川義元の伯父に当たる山科言継(ときつぐ)の書かれた「言継卿記」には、「駿府の新光明寺に一年有半滞在す。塔頭は二十を数え、七堂伽藍完備せり」との記録があり、当時(一五五六年)の当山の壮観ぶりが想像されます。また新光明寺の「新」という字は沈滞を意味する「古」に対し発展を意味する「新」であると伝えられております。
 かくも荘厳を誇った当山も、嘉永七年の大地震により堂塔ことごとく損壊し、翌八年再建されましたが、その後も明治九年の伝馬町大火、昭和十五年の静岡大火、昭和二十年の空襲等、相次ぐ火災により類焼しました。
その後昭和四十七年より檀信徒と協力し、寺院の移転という大事業を敢行し、自然環境に恵まれた足久保の地に本院を建立いたしました。それに伴って境内にあった馬頭観音像並びにかさもり稲荷も移転してこの地に祀られております。また十一番札所として古文書の記録をもとに再興された准胝観音もお祀りしております。移転後、先祖ゆかりの地、伝馬町には別院を建立し快慶作の阿弥陀如来立像は今でも別院本堂に安置されております。  

体験
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
お参りのあとは投稿をすると、住職さんも喜ばれるでしょう。
このお寺の情報は、お寺の方から提供されている正確な情報です。
最終更新: 2020年11月21日

アクセス

住所静岡市葵区伝馬町11-3
Googleマップで地図を開く
エリア新静岡駅
行き方

JR静岡駅より徒歩5分

駐車場なし(近隣の駐車場へお駐め下さい)

最新の静岡県のご案内

蓮久寺
西焼津駅

彩むすび書 ~てらこやれんきゅうじ~

2020年12月03日10:00〜
12月3日(木) 10:00から 定 員/12名(要予約) 参加費/2,500…
1
何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る