参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

成田山川越別院の歴史埼玉県 本川越駅

成田山川越別院の歴史情報

詳細情報

ご本尊不動明王
ご由緒

成田山川越別院は、成田山川越別院本行院(ほんぎょういん)と称し、いつの頃からか「久保町のお不動様」とも呼ばれるようになった。
本尊は不動明王で、内外の諸難や汚れを焼き払い、人々を守るといわれ、願をかける時などに奉納する絵馬のため、境内には絵馬堂も建立されている。
当寺は、江戸時代も末の嘉永(かえい)六年(1853年)、ペリーが黒船を率いて浦賀に来航した年に、下総の国新宿(にいじゅく)(現葛飾区)の石川照温が、廃寺となっていた本行院を成田山新勝寺別院として再興したのが始まりといわれている。石川照温については、次のような話が伝えられている。
農家に生まれた石川照温は、三十歳の頃に目が見えなくなってしまった。光明を失くした照温は、ある日のこと自ら命を絶とうとしたが、その時不思議なことに光を失った眼前に不動明王が見えたので、にわかに仏道に目覚めそれまでの生活を改めるとともに、有名な成田山新勝寺のお不動様を熱心に信仰するようになった。
そのかいあってか、失明した目もいつか昔のように見えるようになったので、いよいよ仏道に励み、当地に寺を建立し、多勢の信者から慕われるようになったとのことである。
なお、照温の碑が、近くの中院墓地に建てられている。
川越市「成田山川越別院」解説より

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る
おうちでも、神社お寺が身近に

各地で外出自粛のムードが高まっています。
私たち神社お寺の検索サイト「ホトカミ」は、これまで通り神社お寺の情報をお届けすることで、少しでも皆さんの気持ちが明るくなれば嬉しいです。

自宅でお参りの計画を立てやすくなるよう、行きたいメモ、検索機能もアップデートしました。
「落ち着いたらここにお参りしよう」と楽しみを増やして、乗り越えていきましょう。

また、ずっと家にいると運動不足になってしまいます。
現在地検索マップで近くの神社やお寺を見つけ、散歩もかねてお参りしてはいかがでしょうか?

ホトカミには、全国の神主さんお坊さんからの、神社お寺の日常やほっこりする季節の投稿も集まっています。
おうちでも、神社お寺を身近に感じていただけますように。