参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

きたのてんじんじゃ

北野天神社の歴史埼玉県 小手指駅

北野天神社の歴史情報

詳細情報

ご祭神櫛玉饒速日命、八千矛神、菅原道真
ご由緒

 物部天神社・國渭地祇神社は、日本武尊御東征の折に創建されたものと伝えられ、ともに延喜式内社です。
天満天神社は、長徳元年(一条天皇の御代)に、京都の北野天満宮より、菅公の御分霊を勧請したものと伝えられています。
武家の信仰を集め、足利氏満・北条氏照・前田利家・徳川家康などの書状が残っております。また、室町時代初期の作品「北野天神縁起七福」は埼玉県指定文化財です。

Wikipediaからの引用

歴史
この神社は、社伝によれば日本武尊が東征の折に創祀したのに始まるとされる。江戸時代には江戸幕府から朱印状を与えられた。 物部天神社は物部氏(无邪志国造#一族参照)の氏神であった。今も物部氏の祖神の饒速日命が祭神である。 天神社としては、長徳元年(995年)に菅原道真の5世の子孫菅原修成が武蔵守として京都北野神社より勧請し、その後は源義家、源頼朝、足利尊氏、前田利家により社殿が造営された。 江戸出開帳 - 享保7年(1722年)4月1日〜6月1日、江戸の旧目白不動院長谷寺にて、当社の御神体の出開帳が行われ、また期間中4月24日に社宝の掛幅や文書などが将軍の意向により江戸城内に提出された。
引用元情報北野天神社 (所沢市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%8C%97%E9%87%8E%E5%A4%A9%E7%A5%9E%E7%A4%BE%20(%E6%89%80%E6%B2%A2%E5%B8%82)&oldid=79966801

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る
神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!