参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

さいたまけんごこくじんじゃ

埼玉縣護国神社の投稿一覧埼玉県 大宮駅

武蔵一宮氷川神社の近くにある、護国神社⛩️に参拝してきました。
桜が散り際でしたが、とても静かで神聖な感じがしました。
戦没者をお祀りしている神社、改めて平和の大切さを痛感します。
神主さんが不在でしたので、書き置きの御朱印を頂きました(*^^*)

埼玉縣護国神社の御朱印
埼玉縣護国神社(埼玉県)
埼玉縣護国神社(埼玉県)

9

埼玉縣護国神社(埼玉県)

武蔵一宮氷川神社から近かったのでこちらにもお参り。

埼玉縣護国神社(埼玉県)
埼玉縣護国神社の本殿
埼玉縣護国神社の鳥居

4

埼玉縣護国神社の御朱印

埼玉県大宮市の護国神社❗

埼玉縣護国神社の鳥居
埼玉縣護国神社の御朱印

氷川神社の近くで大宮公園の敷地内にあります。
社務所は不在でした。(貼り紙なし)

埼玉縣護国神社の自然
埼玉縣護国神社の鳥居
埼玉縣護国神社(埼玉県)

5

埼玉縣護国神社(埼玉県)

静かな空気がながれる神社。
慰霊のための神社で、銅像や資料館もありました。

埼玉縣護国神社(埼玉県)
埼玉縣護国神社(埼玉県)
埼玉縣護国神社の御朱印

2019年9月16日 参拝

埼玉縣護国神社(埼玉県)
埼玉縣護国神社の鳥居
埼玉縣護国神社の鳥居

4

埼玉縣護国神社(埼玉県)

氷川神社の近くです。

埼玉縣護国神社(埼玉県)

約束の時間まで、時間があったので行きましたが、結構遠くて結局ギリギリで、走って向かいました😓

埼玉縣護国神社の御朱印

大宮氷川神社から大宮公園の縁に沿って歩いていった先に、護国神社がありました。

英霊の御霊への感謝で、参拝させて頂きました。

この時期、何種類かのアジサイの中に、薄緑色のものが目に留まり、思わずパチっと。

どなたかが寄贈されたもののようでした。

埼玉縣護国神社の建物その他
埼玉縣護国神社(埼玉県)
埼玉縣護国神社の歴史

6

埼玉縣護国神社(埼玉県)

埼玉県護国神社の御朱印です。

埼玉縣護国神社の御朱印

大宮氷川神社参拝後に行ってきました。
他の護国神社と違いこじんまりとした神社でした。
神主さんがいらっしゃらなかったので、御朱印は書き置きでいただきました。

埼玉縣護国神社(埼玉県)
埼玉縣護国神社の建物その他
埼玉縣護国神社の本殿

5

埼玉縣護国神社の歴史

埼玉県人の英霊の祭祀は、昭和以前は県内各所に神籬を建てて鎮魂慰霊の祭祀を行っていたが、満州事変で県下の英霊が増えたのを機に、招魂社創設の機運が高まり、昭和9年(1934年)4月9日に朝香宮鳩彦王(当時近衛師団長)臨席の下、「埼玉県招魂社」として鎮座した。同14年3月に「埼玉...

埼玉縣護国神社の御朱印
埼玉縣護国神社(埼玉県)

2018年12月23日に参拝した時のものです

各地の護国神社は戦没者を祀っていますが もう2度と戦争がなく平和な時代が
続く事を護国神社にお参りしました

埼玉縣護国神社の御朱印
埼玉縣護国神社の建物その他
埼玉縣護国神社の鳥居

7

埼玉縣護国神社(埼玉県)

近くの氷川神社と比較してしまうと、やはり英霊の御霊を敬うという意味で、非常に静かな、厳かな雰囲気に包まれていますね。ある意味、うら寂しさを感じます。

埼玉縣護国神社の像
埼玉縣護国神社の像
埼玉縣護国神社の建物その他

5

埼玉縣護国神社の鳥居

氷川神社から歩いてすぐの距離にびっくり。

大宮公園の中に1の鳥居があり、神社は公園出口から通りを1本挟んだところにあります。

七五三で賑わう武蔵一宮氷川神社と変わってこちらはほとんど人がおらず静かな雰囲気でした。

埼玉縣護国神社の鳥居
埼玉縣護国神社の鳥居
埼玉縣護国神社の鳥居

参拝した日がまずかったのかな、と思いますが、氷川神社の駐車場に向かう車で、物凄く道路が混雑していました。
護国神社らしく、どっしりとしたシンプルなお社です。

埼玉縣護国神社の本殿
何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る
おうちでも、神社お寺が身近に

各地で外出自粛のムードが高まっています。
私たち神社お寺の検索サイト「ホトカミ」は、これまで通り神社お寺の情報をお届けすることで、少しでも皆さんの気持ちが明るくなれば嬉しいです。

自宅でお参りの計画を立てやすくなるよう、行きたいメモ、検索機能もアップデートしました。
「落ち着いたらここにお参りしよう」と楽しみを増やして、乗り越えていきましょう。

また、ずっと家にいると運動不足になってしまいます。
現在地検索マップで近くの神社やお寺を見つけ、散歩もかねてお参りしてはいかがでしょうか?

ホトカミには、全国の神主さんお坊さんからの、神社お寺の日常やほっこりする季節の投稿も集まっています。
おうちでも、神社お寺を身近に感じていただけますように。