御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※高浜神社ではいただけません

たかはまじんじゃ

高浜神社

大阪府 吹田(JR)駅

投稿する
06-6381-0494

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

有料駐車場あり

おすすめの投稿

神祇伯
2022年09月23日(金)
1015投稿

吹田駅南口から商店街を抜けていくと鎮座しています。往古から「吹田大宮」として吹田市の中心街で崇敬を集めており、この神社を中心に主要道路が四方に伸びるような土地柄になっています。

高浜神社(大阪府)

《鳥居と社号碑》
達筆な字で扁額の社名が書かれています。境内の一部は有料駐車場になっています。

高浜神社(大阪府)

《御祭神一覧》
めっちゃたくさんいらっしゃいますね。主祭神は素戔嗚尊さまのようで、周辺地域の神社を合祀したのでしょうか。見る限りで、春日、住吉、神明、天満、白山、恵比寿、出雲、稲荷、石上、荒神さんでしょうか?

高浜神社(大阪府)

《表参道》
商店街までは人歩いてるんですが、今日はがらんと。

高浜神社(大阪府)

《手水舎》
センサー式で水が出ます。

高浜神社(大阪府)

《拝殿》🙏
👁チェックポイント‼️
吹田駅の反対側に泉殿宮があり、あちらにも素戔嗚尊さまが平安京に都入りする道中に神輿が泊まったという伝承があります。そしてこの神社にも疫病流行を止めたという伝承があり、素戔嗚尊さんがこの地で大活躍していたことがんかります。

高浜神社(大阪府)

《由緒書き》

高浜神社(大阪府)

《高濱えびす神社》

高浜神社(大阪府)

《末社・稲荷神社》
いつもお世話にな(🤛

高浜神社(大阪府)

《末社群》
布留魂大神、天満大神、豊受大神、奥津彦、奥津姫大神と書かれています。もしかしたら先ほどの祭神一覧は末社も含めてだったのかもしれません。

高浜神社(大阪府)

《御神木》
鶴が巣を作ったということで和加久寿大明神として祀られています。大阪城築城の際に建材として使われてしまったようです。

もっと読む
投稿をもっと見る(7件)

歴史

高浜神社の創立年代は詳らかではありませんが、五世紀前後の大和朝廷の頃、河内の国で栄えた次田邑の豪族「次田連(スキタムラジ)」の一族が淀川に渡り移住し、次田村を興したのが「吹田」の始まりであり、興すにあたって、彼らの祖神である火明命(ホアカリノミコト)、天香山命(アメノカゴヤマノミコト)の二柱を祀って氏神神社としたのが高浜神社の始まりとされています。
社名は地名「高浜」にちなんで「高浜神社」とつけられました。「高浜」は「吹田」の別称、歌枕でもあります。昔から「吹田大宮」「吹田神社」とも呼ばれる吹田総社でありました。また、摂陽群談・摂津名所図鑑等の古書に「名就神社」とも称し「二魂坊」「日光坊」の脳(なづき)をまつるとしています。高浜神社が知能の神、学業成就、脳神経の神として知られる所以です。
天平七年(西暦735年)僧の行基が訪れ、当社の西方に「石浦神宮寺」を建立し、これを「浜之堂(現在慧日山常光円満寺)」と名付けました。それと同時に当社に牛頭天王(ゴヅテンノウ)を勧請、お祀りして「浜之宮牛頭天王社」と呼び換え、こののち高浜神社は神佛習合の両部神道となりました。両部神道・本地垂跡説では、素戔嗚尊のことを牛頭天王といいまして、疫病から守る神様であります。
貞観十一年(西暦869年)播磨国広峰山に御鎮座された牛頭天王(素戔嗚尊)を山城国八坂郷に御遷座されました。その途中、神崎川をお船でお登りになりましたが、高浜にさしかかられた時、高浜の上手が急に荒れましたので、暫く川の中の「小島」に御避難されました。当時は日本国中に疫病が大流行していましたが、住民はこの疫病の守護神と言われる牛頭天王(素戔嗚尊)に、悪疫退散を祈願してその御利益を得ました。そこで住民はその御神徳を感謝し仰慕してこの島に小社を建て、牛頭天王をお祀りし、これよりこの島を「天王島」と呼ばれるようになりその後、天王島より御祭神の牛頭天王(素戔嗚尊)を高浜神社に合祀しました。[公式HPより抜粋]

歴史をもっと見る|
1

高浜神社の基本情報

住所大阪府吹田市高浜町5−34
行き方

JR大阪線「吹田駅」から徒歩10分

アクセスを詳しく見る
名称高浜神社
読み方たかはまじんじゃ
通称高濱宮、高濱大社、吹田大宮
参拝にかかる時間

約10分

参拝料

なし

御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号06-6381-0494
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://takahamajinjya.kir.jp/

詳細情報

ご祭神《主祭神》
 素戔嗚尊
《配祀神》
 天照大神 
 春日大神
 住吉大神
 菊理姫大神
 火明命・天香山命(吹田連の祖神)
創建時代不詳
ご由緒

高浜神社の創立年代は詳らかではありませんが、五世紀前後の大和朝廷の頃、河内の国で栄えた次田邑の豪族「次田連(スキタムラジ)」の一族が淀川に渡り移住し、次田村を興したのが「吹田」の始まりであり、興すにあたって、彼らの祖神である火明命(ホアカリノミコト)、天香山命(アメノカゴヤマノミコト)の二柱を祀って氏神神社としたのが高浜神社の始まりとされています。
社名は地名「高浜」にちなんで「高浜神社」とつけられました。「高浜」は「吹田」の別称、歌枕でもあります。昔から「吹田大宮」「吹田神社」とも呼ばれる吹田総社でありました。また、摂陽群談・摂津名所図鑑等の古書に「名就神社」とも称し「二魂坊」「日光坊」の脳(なづき)をまつるとしています。高浜神社が知能の神、学業成就、脳神経の神として知られる所以です。
天平七年(西暦735年)僧の行基が訪れ、当社の西方に「石浦神宮寺」を建立し、これを「浜之堂(現在慧日山常光円満寺)」と名付けました。それと同時に当社に牛頭天王(ゴヅテンノウ)を勧請、お祀りして「浜之宮牛頭天王社」と呼び換え、こののち高浜神社は神佛習合の両部神道となりました。両部神道・本地垂跡説では、素戔嗚尊のことを牛頭天王といいまして、疫病から守る神様であります。
貞観十一年(西暦869年)播磨国広峰山に御鎮座された牛頭天王(素戔嗚尊)を山城国八坂郷に御遷座されました。その途中、神崎川をお船でお登りになりましたが、高浜にさしかかられた時、高浜の上手が急に荒れましたので、暫く川の中の「小島」に御避難されました。当時は日本国中に疫病が大流行していましたが、住民はこの疫病の守護神と言われる牛頭天王(素戔嗚尊)に、悪疫退散を祈願してその御利益を得ました。そこで住民はその御神徳を感謝し仰慕してこの島に小社を建て、牛頭天王をお祀りし、これよりこの島を「天王島」と呼ばれるようになりその後、天王島より御祭神の牛頭天王(素戔嗚尊)を高浜神社に合祀しました。[公式HPより抜粋]

体験祈祷おみくじお宮参り絵馬七五三御朱印お守り祭り武将・サムライ伝説

Wikipediaからの引用

概要
高浜神社(たかはまじんじゃ)は、大阪府吹田市高浜町にある神社。旧社格は村社。
歴史
歴史[編集] 境内と拝殿 大和朝廷の時代5世紀前後のころ、河内国次田邑の豪族「次田連(スキタムラジ)・【新選姓氏録】には吹田連」一族が淀川を渡り、次田村を興した。これが「吹田」の始まりである。当社はその次田連一族の氏神神社で、祖神の火明命(天照国照彦天火明串玉饒速日尊)とその息子の天香具山命(高倉下命)の二柱を祀ったのが起こりである。社名の高浜とは吹田の別名である。 古代の行政区画で吹田の殆どは三島郡に属する。大宝元年(701年)の大宝律令で三島郡が島上郡と島下郡に分割されて以降は、島下郡に属した。吹田の北隣で同じ島下群に属する福井村には新屋坐天照御魂神社が鎮座する。高浜神社より古く...Wikipediaで続きを読む
アクセス
交通アクセス[編集] JR京都線吹田駅から徒歩8分 阪急京都線相川駅から徒歩8分
引用元情報高浜神社 (吹田市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E9%AB%98%E6%B5%9C%E7%A5%9E%E7%A4%BE%20(%E5%90%B9%E7%94%B0%E5%B8%82)&oldid=90740983

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中