御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
慈眼寺めめ大バナー※長柄神社ではいただけません
パーキング
駐車場
-
御朱印について
御朱印
なし
ありません

おすすめの投稿

神祇伯
2021年03月27日(土)
978投稿

大和国葛上郡の式内社です。古くから「姫の宮」と呼ばれていたことから、同郡鎮座の葛城一言主神社や高鴨神社との関係が示されていて御祭神の説が複数あります。

長柄神社の建物その他

《社号碑》

長柄神社の歴史

《由緒書き》

長柄神社の手水

《手水舎》
柄杓はなく水も流れていません。近くの浅原寺から移されたといわれています。

長柄神社の鳥居

《拝殿》
👁チェックポイント‼️
『日本書紀』には天武天皇さまが「長柄杜」で騎射を行ったと書かれており、それがこの長柄神社だと言われています。

長柄神社の本殿

《本殿》
ちなみに戦艦は「長良」です。

長柄神社の末社

《末社群》

長柄神社の末社

《神楽殿と末社?》

長柄神社の自然

《境内》
遊具がありました。そして参拝時には孫連れのお婆ちゃんがおりました。

長柄神社の建物その他

《灯籠》
鎮座地の住所にある「名柄」の方の字で彫られています。

もっと読む
投稿をもっと見る(3件)

歴史

『延喜式』神名帳に記載され、別名姫の宮とも呼ばれ、記・紀神話に登場する「下照姫命」が祀られています。この神は天孫降臨神話の国譲りの中で、天雅彦命が高天原から出雲国へ国譲りの使者として遣わされています。天雅彦命は高天原へ復命に帰らず、出雲国で妻にしたのが大国主命の娘の下照姫です。
本殿は一間社春日造・檜皮葺・丹塗り、創建年代は不明ですが、建築様式から、1450年ころと思われます。
また、『日本書紀』天武天皇9年9月9日条に「朝嬬に幸す。因りて大山位より以下の馬を長柄杜に看す。乃馬的射させたまふ」とあり、天武天皇が長柄神社にて流鏑馬をご覧になったことが記されています。

歴史をもっと見る|
2

長柄神社の基本情報

住所奈良県御所市名柄271
行き方
アクセスを詳しく見る
名称長柄神社
読み方ながらじんじゃ
通称姫の宮
参拝時間

参拝自由

参拝にかかる時間

約5分

参拝料

なし

トイレなし
御朱印なし

詳細情報

ご祭神《主》下照姫命
創建時代不詳
創始者不詳
本殿春日造
ご由緒

『延喜式』神名帳に記載され、別名姫の宮とも呼ばれ、記・紀神話に登場する「下照姫命」が祀られています。この神は天孫降臨神話の国譲りの中で、天雅彦命が高天原から出雲国へ国譲りの使者として遣わされています。天雅彦命は高天原へ復命に帰らず、出雲国で妻にしたのが大国主命の娘の下照姫です。
本殿は一間社春日造・檜皮葺・丹塗り、創建年代は不明ですが、建築様式から、1450年ころと思われます。
また、『日本書紀』天武天皇9年9月9日条に「朝嬬に幸す。因りて大山位より以下の馬を長柄杜に看す。乃馬的射させたまふ」とあり、天武天皇が長柄神社にて流鏑馬をご覧になったことが記されています。

体験武将・サムライ伝説

Wikipediaからの引用

概要
長柄神社(ながらじんじゃ)は、奈良県御所市名柄にある神社。式内社で、旧社格は村社。別称を「姫の宮」とも。
歴史
歴史[編集] 創建は不詳[1]。『古事記』では「葛城長江」の名称が見えるが、「長江(ながえ)」と「長柄(ながえ/ながら)」は同義語であって葛城山の長い尾根を意味するといわれる[2]。また『日本書紀』神武天皇即位前紀己未年2月20日条に見える「臍見長柄丘岬」を当地に比定する説もある[1][3](文脈上から天理市長柄町に比定する説もある)。なお神社付近では、銅鐸(名柄銅鐸)・多紐細文鏡の出土や、5世紀中頃の首長居館遺構(名柄遺跡)が知られる。 文献では『日本書紀』天武天皇9年(680年)9月9日条において、天武天皇が「長柄杜(ながらのもり)」において騎射を催したとする記述があり、これは長柄神...Wikipediaで続きを読む
引用元情報長柄神社 (御所市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E9%95%B7%E6%9F%84%E7%A5%9E%E7%A4%BE%20(%E5%BE%A1%E6%89%80%E5%B8%82)&oldid=88419021

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
慈眼寺リリー小バナー2