御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※大村神社ではいただけません

おおむらじんじゃ

大村神社

長崎県 大村駅

投稿する
0957-53-4835

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

無料駐車場あり

おすすめの投稿

カナ
2020年12月05日(土)
3投稿

今日、2社目の大村神社⛩と玖島稲荷神社。
大村公園内にある玖島城跡にあります。少し離れた八巻大弁財天宮へも。白い鳥居初めて見た!

大村神社の鳥居

参道入り口。

大村神社の鳥居大村神社の建物その他大村神社の歴史大村神社の周辺

城跡ぽい。

大村神社(長崎県)

白い鳥居⛩ 幸 日々平穏の旗がとても良い✨

大村神社の鳥居

注連縄掛け替え中。

大村神社の手水

手水舎の龍。

大村神社の本殿

御本殿。注連縄掛け替え終わるのを待って撮影。

大村神社の自然

御本殿の後ろの方にある紅葉🍁

大村神社の鳥居

玖島稲荷神社の入り口。実はこちらから入りました✧*。(ˊᗜˋ*)✧*。

大村神社の末社

玖島稲荷神社入り口正面。ここから結構上がります。

大村神社の鳥居大村神社の鳥居

御本殿。

大村神社の本殿

御本殿後方。

大村神社の末社

八巻大弁財天宮と放虎威徳大善神宮と書いてある白い鳥居。大村神社に行く途中で見つけてお参り。

大村神社の本殿

小さなお社でした。

大村神社の御朱印

大村神社御朱印。

大村神社の御朱印

同時に頂ける玖島稲荷神社御朱印。

大村神社の御朱印帳

大村神社社務所で購入した御朱印帳。色合いが好きで椿を購入。他に銀杏、桜、牡丹、紫陽花など8種類くらいありました。

大村神社の授与品その他

社務所でパンフレットも頂きました!

もっと読む
投稿をもっと見る(4件)

歴史

大村神社は藩祖遠江守直澄公以降歴代の神霊を奉斎した御社であります。
文化二年(1805)に時の大村家二十八代(十代藩主)大村上総介純昌公が西大村池田山にご創建になり常磐神社と称した東西彼杵郡内一町十四ヶ村の人々の崇敬が殊に深かったのであります。明治に入り丘大村藩の総産土神として大村家累代の居城であり、風光明媚な玖島城跡に御遷し申し上げる事になり、明治十七年(1884)には旧大村藩内崇敬者の御寄附と労力奉仕とにより現在地に新たに社殿を建て御遷座申し上げ大村神社と改称されたのであります。
明治十八年二月十九日には県社に昇格神格としては薩摩、長州、土佐の三藩主と同様明治以降の功により当然別格官弊社に御昇格なさるべきでありましたが種々の事情に依って遂にその実現を見る事が出来ませんでした。
昭和二十年大東亜戦争終結以後は神社法規の変革に伴って宗教法人として認められ昭和三十年秋には御遷座七十周年を期にして大村家から境内地の御寄進があり、又近くは旧大村藩領を初め東京、京阪神地区の崇敬者各位の熱誠な御援助を受けて御神輿及び御神宝器具類の新調ができまして記念の大祭を盛大に奉仕致しました。本社は由緒ある歴史と環境の美と共に御神徳はいよいよ高く春秋の大祭には多く奉納の催しものも年々賑わしく人々は郷土大村の大祭として心からお慕い申し上げて崇敬の誠を捧げております。
境内には中祖前公遺徳碑、幕末の名君純燕公銅像、大村神社紀功碑、貝吹石、御居間跡碑、大村桜、角館しだれ桜等歴史の数々を物語るものが多く、拝殿掲額は陸軍大将有栖川宮熾仁親王の揮毫であります。

歴史をもっと見る|
2

大村神社の基本情報

住所長崎県大村市玖島1-34
行き方

JR大村線大村駅より徒歩25分

アクセスを詳しく見る
名称大村神社
読み方おおむらじんじゃ
参拝料

なし

御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳なし
電話番号0957-53-4835
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご祭神《主》大村直澄,大村親澄,大村澄宗,大村澄遠,大村純興,大村純弘,大村純熈
創建時代文化二年(1805)
創始者大村上総介純昌
ご由緒

大村神社は藩祖遠江守直澄公以降歴代の神霊を奉斎した御社であります。
文化二年(1805)に時の大村家二十八代(十代藩主)大村上総介純昌公が西大村池田山にご創建になり常磐神社と称した東西彼杵郡内一町十四ヶ村の人々の崇敬が殊に深かったのであります。明治に入り丘大村藩の総産土神として大村家累代の居城であり、風光明媚な玖島城跡に御遷し申し上げる事になり、明治十七年(1884)には旧大村藩内崇敬者の御寄附と労力奉仕とにより現在地に新たに社殿を建て御遷座申し上げ大村神社と改称されたのであります。
明治十八年二月十九日には県社に昇格神格としては薩摩、長州、土佐の三藩主と同様明治以降の功により当然別格官弊社に御昇格なさるべきでありましたが種々の事情に依って遂にその実現を見る事が出来ませんでした。
昭和二十年大東亜戦争終結以後は神社法規の変革に伴って宗教法人として認められ昭和三十年秋には御遷座七十周年を期にして大村家から境内地の御寄進があり、又近くは旧大村藩領を初め東京、京阪神地区の崇敬者各位の熱誠な御援助を受けて御神輿及び御神宝器具類の新調ができまして記念の大祭を盛大に奉仕致しました。本社は由緒ある歴史と環境の美と共に御神徳はいよいよ高く春秋の大祭には多く奉納の催しものも年々賑わしく人々は郷土大村の大祭として心からお慕い申し上げて崇敬の誠を捧げております。
境内には中祖前公遺徳碑、幕末の名君純燕公銅像、大村神社紀功碑、貝吹石、御居間跡碑、大村桜、角館しだれ桜等歴史の数々を物語るものが多く、拝殿掲額は陸軍大将有栖川宮熾仁親王の揮毫であります。

体験花の名所

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー