御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中
ネコ大バナー※安楽寺ではいただけません

あんらくじ|曹洞宗

安楽寺

長野県 別所温泉駅

投稿する
0268-38-2062

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

𝓜𝓸𝓶𝓸𓂃◌𓈒𓐍
2022年11月25日(金)
3投稿

国宝安楽寺八角三重塔
神秘的な場所でした🍀*゜

安楽寺(長野県)

国宝安楽寺八角三重塔

安楽寺(長野県)安楽寺(長野県)

3枚ある中で
心に響く書でした

安楽寺(長野県)安楽寺の御朱印
もっと読む
惣一郎
2022年07月31日(日)
1113投稿

【信濃國 古刹巡り】

安楽寺(あんらくじ)は、長野県上田市別所温泉にある曹洞宗の寺院。山号は崇福山、院号は護国院。本尊は釈迦如来。八角三重塔は国宝、木造惟仙和尚坐像、木造恵仁和尚坐像は国指定の重要文化財。長野県最古の禅寺。

創建は不詳。伝承では奈良時代の天平年間(729年~749年)に行基による建立とも、平安時代の天長年間(824年~834年)の創建とも言われるが、鎌倉時代以前の歴史は不詳。鎌倉時代の13世紀半ばに信濃出身の臨済宗の僧・樵谷惟仙(しょうこくいせん)が渡宋留学し、1246年に帰国後、当寺の実質的な開山となった。のち塩田流北条氏の庇護を受けて栄え、国宝である八角三重塔を残している。室町時代以降衰退したが、戦国時代の1580年頃、曹洞宗通幻派の高山順京により再興され、以後曹洞宗の寺院となった。

当寺は、上田電鉄別所線・別所温泉駅の西方800mの小丘の上にある。参道入口は別所温泉街の北端にあり、温泉旅館の脇を通って境内に向かう。低い台地上にある緑豊かな境内はかなり広く、大きな伽藍だけでも本堂、庫裏、坐禅堂、経蔵、傳芳堂(文化財収蔵庫)、鐘楼堂などが建ち並ぶ。いかにも学僧が集う修行の寺といった風情。見どころは、何と言っても本堂裏手の有料拝観エリアにある国宝の八角三重塔。昼なお薄暗いしっとりとした林間を抜けた小高い場所に、美しい造形の三重塔が佇んでいる。

今回は、八角三重塔が国宝、木造惟仙和尚坐像、木造恵仁和尚坐像が国重文であることから参拝することに。参拝時は休日の午後、当寺は別所温泉宿泊者の観光地になっているようで、家族連れなど割と多くの参拝者、観光客が訪れていた。

安楽寺(長野県)

境内南方にある<黒門>。左側の建物は良さげな温泉旅館。

安楽寺(長野県)

公道から逸れ、参道入口からの眺め。

安楽寺(長野県)

参道の左手にある<弁天堂>。

安楽寺(長野県)

<弁天堂>内部。

安楽寺(長野県)

<山門>への階段を登る。

安楽寺(長野県)

階段を登り切ったところにある<山門>。

安楽寺(長野県)

<山門>をくぐる。境内は、とにかく緑が豊かで、きれいに整えられている。

安楽寺の建物その他

参道左側にある<十六羅漢堂>。

安楽寺(長野県)

<十六羅漢堂>の内部。

安楽寺(長野県)

参道右手にある<鐘楼>。

安楽寺(長野県)

参道突き当りの<本堂>。

安楽寺(長野県)

本堂の右手にある<庫裏>。

安楽寺の建物その他

本堂の左後方にある<坐禅道>。

安楽寺(長野県)

<本堂>正面。「安楽禅寺」の扁額がめちゃくちゃビビッド。(o^―^o)

安楽寺(長野県)

<本堂>内部。本尊・釈迦如来を祀る。扁額の「護聖」の文字が豪快にして美しい。

安楽寺の建物その他

有料拝観ゲートを抜けると、正面に見える<経蔵>。

安楽寺の建物その他

階段を上がって、<経蔵>内部に入ってみる。

安楽寺(長野県)

内部には朱色に塗られた<六角経蔵>がある。

安楽寺(長野県)

八角三重塔までの参道を進む。池の上にせり出したモミジが見事。葉が緑でも美しい。

安楽寺(長野県)

参道脇の<空穂(うつぼ)歌碑>。

安楽寺(長野県)

参道はしっとりとした、神聖な空気感。

安楽寺(長野県)

こちらはコンクリート造りの<傳芳堂>。

安楽寺(長野県)

内部には、鎌倉時代末期1329年に造られた<木造惟仙和尚坐像>と<木造恵仁和尚坐像>が収められている。いずれも国指定の重要文化財。

安楽寺(長野県)

傳芳堂の左隣にある<水子地蔵尊像>。扁額には「寂光尊」とある。

安楽寺(長野県)

いよいよ木々の間から、山の上に<国宝・八角三重塔>が見えてくる。

安楽寺の建物その他

ジグザグに階段を登って行くが、光の加減が良いのか、八角三重塔は下からでも美しく見える。

安楽寺の塔

<八角三重塔>全景。1290年代に建立されたと推定されている。八角三重塔婆、初重裳階付、杮葺。禅宗様の仏塔で、現存する日本で唯一の八角塔で、日本最古の禅宗様建築とも言われる。

安楽寺(長野県)

全高は18.75m。初重内部には禅宗寺院では珍しく「大日如来像」が安置されている。

安楽寺(長野県)

最後にもう一度、<八角三重塔>全景。非常に美しい造形。(^▽^)/

もっと読む
くし
2022年10月31日(月)
1073投稿

別所温泉の寺社巡りの最後はここ。国宝の三重の塔があるとのお寺です。
実は事前の調べでは、別所温泉から北側に山一つ越えた青木村にも同じように国宝三重の塔を売りにする大法寺というお寺が見つかり、当初は国宝の塔セットで参拝しようと思ったのですが・・・
5日間の昼夜外でスマホ使用し続けたせいかデータ通信制限が掛かかり、それに輪をかけてお寺近くの道の駅あおきが電波が不安定でネットが重すぎて全く使い物にならず、夜退屈で仕方なかったので今回は大法寺は諦めて別所温泉から始めることに(^^;

信州最古の禅寺とのこと。
確実な記録が裏付けられるのは鎌倉時代で、信濃出身の臨済僧 樵谷惟仙の開山だそうですが、
奈良時代に律宗として行基が創建したという伝承や、平安時代に天台宗として慈覚大師が創建したという伝承も伝わってるそうです。 隣接する常楽寺と名前が似ているのは後者の説によるのかもしれません。
鎌倉時代は北条氏外護のもと非常に栄えたそうですが、鎌倉幕府滅亡後は庇護者を失い衰退。
戦国時代の天正8年頃に現在まで続く曹洞宗寺院として再興されたそうです。

国宝の三重の塔は一見の価値あり。
日本で唯一現存する木造八角塔。
安楽寺で一番古い建造物で鎌倉末~室町初期の建築だそうですが、当時の職人の技術の高さに驚かされます。

安楽寺の御朱印

安楽寺の御朱印
実は結構な御利益があったかも!?
この御朱印を書いてもらった御朱印帳がどれだかわからなくなり、いろいろ探していたら翌日が提出期限なのにスッカリ忘れてた書類が偶然見つかりギリギリ間に合った! ありがたや(´-ω-)人

安楽寺(長野県)

黒門
安楽寺よりかなり手前の別所温泉街の中にあり

安楽寺(長野県)

本来はこのブラックゲートより内側全てが安楽寺の寺域だったらしい

安楽寺(長野県)

お寺の近くには大きい蓮池

安楽寺(長野県)

おお、見事な蓮コラ(閲覧注意)

安楽寺(長野県)

まず登り口近くに弁天堂

安楽寺(長野県)

右側が本来の参道で、左側は緩やかなスロープ
ご高齢の参拝客が多く自分以外はほぼ左一択だった(^^;

安楽寺(長野県)

弁天堂内部
中央に立像の弁財天、左に毘沙門天(?)
この組み合わせだと右は大黒天かと思ったのですが何か僧形の像が祀られてますね('_'?)

安楽寺(長野県)

参道

安楽寺(長野県)安楽寺の自然

あすなろ

安楽寺(長野県)

山門

安楽寺(長野県)

境内は生垣に囲まれた参道です

安楽寺(長野県)

左に羅漢堂

安楽寺(長野県)安楽寺(長野県)安楽寺の自然

高野槇

安楽寺(長野県)

鐘楼

安楽寺(長野県)

庫裏

安楽寺(長野県)

本堂

安楽寺(長野県)安楽寺(長野県)

御本尊

安楽寺(長野県)

格言ポスター
難民や孤児救済の募金になるとのことで一枚もらってきました
「本気ですれば大抵のことができる」
「元気があれば何でもできる」とのたまった猪木氏よりはやや謙虚で現実的ですねw
中断の「本気ですれば何でもおもしろい」については趣味とかについてだけは大いに同意

安楽寺(長野県)

SNSとかで意見を発信する時の戒めになりますね
・・・ホトカミへの投稿も含めて(^^;

安楽寺(長野県)

うん、これがなんかしっくり来るな(゚∀゚)
てことで、このお言葉をいただきました

安楽寺(長野県)

御朱印、御朱印帳見本

安楽寺(長野県)

塩田平札所巡りの朱印
ご当地ものの四国八十八ヶ所巡礼の様子

安楽寺の建物その他

国宝三重の塔の方に行く門
拝観料が必要です

安楽寺(長野県)

門にも地蔵尊

安楽寺(長野県)

有料ゾーンの最初にあるのは経堂

安楽寺(長野県)

善光寺でもそうだったけど、経堂はどこでも儒者とか道士みたいな中国風の像が祀られてるんですね
右の人のポーズwww

安楽寺(長野県)

右側には濁った池

安楽寺(長野県)

松本出身の窪田空穂という歌人の歌碑らしい

安楽寺(長野県)

六地蔵ならぬ八地蔵

安楽寺(長野県)

寂光尊
水子地蔵尊だそうです

安楽寺(長野県)

傳芳堂

安楽寺(長野県)

中にはこのような祖師像が安置

安楽寺(長野県)

一応撮影したのですが、ガラスの反射が強くてほとんど写らず(^^;
ある意味、あちこちのお寺で売りにしてる逆さ紅葉ですねw

安楽寺(長野県)

傳芳堂の右にあった祠
ルート外のため近付けず

安楽寺の塔

お?塔が見えてきた

安楽寺(長野県)

着いた・・・これは!?(; ゚ ロ゚)

安楽寺(長野県)安楽寺(長野県)安楽寺(長野県)

すんげえ組み木!!( ; ロ)゚ ゚
これはお金払っても見る価値ありますわ☆

もっと読む
投稿をもっと見る(47件)

安楽寺の基本情報

住所長野県上田市別所温泉2361
行き方
アクセスを詳しく見る
名称安楽寺
読み方あんらくじ
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号0268-38-2062
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.anrakuji.com

詳細情報

ご本尊釈迦牟尼仏
宗旨・宗派曹洞宗

Wikipediaからの引用

概要
安楽寺(あんらくじ)は長野県上田市別所温泉にある曹洞宗の寺院。山号を崇福山と称する。院号は護国院。開山は樵谷惟仙(しょうこくいせん)。本尊は釈迦如来。国宝の八角三重塔があること、また長野県で最古の禅寺であることで知られる。
歴史
歴史[編集] 伝承では天平年間(729 - 749年)、行基の建立とも言い、平安時代の天長年間(824 - 834年)の創立とも言うが、鎌倉時代以前の歴史は判然としない。平安時代末期には律宗寺院であったとされる。 安楽寺の存在が歴史的に裏付けられるのは、鎌倉時代、実質的な開山である樵谷惟仙が住してからである。樵谷惟仙は、信濃出身の臨済宗の僧で、生没年ははっきりしないが、13世紀半ばに宋に留学し、著名な禅僧の蘭渓道隆(鎌倉建長寺開山)が来日するのと同じ船で寛元4年(1246年)、日本へ帰国したという。2世住職の㑃牛恵仁は宋の人で、やはり樵谷惟仙が日本へ帰国するのと同じ船で来日した。 鎌倉時...Wikipediaで続きを読む
引用元情報安楽寺 (上田市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%AE%89%E6%A5%BD%E5%AF%BA%20%28%E4%B8%8A%E7%94%B0%E5%B8%82%29&oldid=92368777

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2023年2月