御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

きたむきかんのん|天台宗

北向観音

公式長野県 別所温泉駅

投稿する
0268-38-2023

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

最新のお知らせ

新しい御朱印帳のご紹介2

4月1日(金)より新しい御朱印帳を販売させていただいておりますので、ご紹介させていただいております。
こちらは、現在北向観音札場にて授与しております「厄除守」と同じデザインとなっております。

北斗七星

●色:ブルー・ピンクの2色
●サイズ:約12cm×18cm
●各1,900円

北向観音(長野県)北向観音(長野県)北向観音(長野県)

新しい御朱印帳販売します!!

2022年04月01日(金) 13時14分〜

本日4月1日(金)より、新しい御朱印帳を販売しますのでご紹介させていただきます!

愛染かつらの葉がモチーフになった、シンプルな御朱印帳です

●色:ピンク・紫・白の3色
●サイズ:約11cm×16cm(小さめサイズ)
●各1,700円

北向観音(長野県)北向観音(長野県)北向観音(長野県)

かつらの葉を切り絵にした朱護箋(御朱印帳用吸い取り紙のついたしおり・700円)もご一緒にどうぞ

お知らせをもっと見る(3件)
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
-

巡礼

ご利益

北向観音について

住職夫妻考案の朱印帳専用のしおり「守護箋(しゅごせん)」がとても人気です。
オンライン授与のサイトからも購入可能です。
https://www.kitamuki-kannon.com/shop/

おすすめの投稿

惣一郎
2022年07月31日(日)
965投稿

【信濃國 古刹巡り】

北向観音(きたむき・かんのん)は、長野県上田市別所温泉にある天台宗の寺院。山号は北向山。本尊は千手観音菩薩。近隣にある天台宗別格本山の常楽寺が本坊。

寺伝によると、平安時代初期の825年に円仁(慈覚大師)により、常楽寺とともに開創された。969年に平維茂により大伽藍として改修が行われたが、木曾義仲の兵火により焼失、のち源頼朝により再興されている。鎌倉時代には北条国時(塩田陸奥守)によって再建されている。江戸時代に入り、長楽寺が廃絶したため、常楽寺の直轄となった。

当寺は、上田電鉄別所線・別所温泉駅の南西600mの湯川沿いの平地にある。別所温泉の中心地にあって、境内前の窪地の参道両側は門前町のようになっていて、飲食店や土産物店が立ち並んでいる。小高い場所の境内は、善光寺本堂と同じ「撞木造り」の北向観音堂(本堂)を中心に、護摩堂、温泉薬師瑠璃殿などの伽藍で構成される。古来縁結びの御利益があるとされる愛染カヅラの古木や、境内東側の見晴しの良さなど、寺社仏閣マニアでない普通の温泉客でも分かりやすい見どころがある。なお、善光寺参りで来世利益がある本尊・阿弥陀如来に参拝した場合には、現世利益のある北向観音の本尊・千手千観世音に参拝しないと「片参り」と言われている。

今回は、旅行情報サイト「じゃらん」と「4travel」において人気の寺社仏閣に挙がっていたため参拝することに。参拝時は平日の午後遅めの時間で、おそらく温泉客を中心に割と多くの人が訪れていた。

北向観音(長野県)

安楽寺の黒門から北向観音に向かって歩いて行くと、商店街の中に入口が見えてくる。

北向観音(長野県)

<北向観音>の入口。この先は川沿いの低地になっているため階段を下る。

北向観音(長野県)

一度階段を下って、川を渡り、商店街を抜け、再び階段を上がって境内に着く。
商店街は飲食店や土産物屋など、昭和高度成長期の往時の賑わいが想像される。

北向観音(長野県)

階段を登ると、正面に<本堂(北向観音堂)>が見える。
確かに、珍しいことに本堂は善光寺のある北方を向ている(正確には北北西かな)。

北向観音(長野県)

参道左側にある<水屋>。

北向観音(長野県)

参道左側にある<六地蔵>と<鐘楼>。

北向観音(長野県)

<本堂>全景。

北向観音(長野県)

<本堂>正面。

北向観音(長野県)

<本堂>内部。本尊は千手千眼観世音菩薩。

北向観音の建物その他

本堂から振り返って境内全景。まず写真右側(境内東側)から見て廻る。

北向観音(長野県)

階段を登ってすぐ左手、境内北側にある<愛染堂>。

北向観音の建物その他

愛染堂の右隣、境内北側にある<札所観音堂>。

北向観音(長野県)

札所観音堂から見た<本堂>。後ろの高台の森に囲まれているように見える。

北向観音の建物その他

札所観音堂の右隣、境内東側にある<額堂>。

北向観音(長野県)

額堂に懸かっている絵馬。

北向観音の像

額堂に収められている<吽形仁王像>。

北向観音(長野県)

額堂に収められている<阿形仁王像>。

北向観音(長野県)

額堂の右隣から見える、東方の景色。上田市街が見えているはず。

北向観音(長野県)

境内東端から見た境内。建物は左から順に、<本堂>、<護摩堂>、<鐘楼>。

北向観音(長野県)

本堂の1階部分を見て廻ると、たくさんの絵馬が掛かっている。

北向観音の芸術

絵馬ひとつひとつの後ろにあるストーリーを知りたくなる。時代背景とか、作者、奉納者の思いとか。。。(o^―^o)

北向観音(長野県)

ここから境内西側を見て廻る。まずは本堂と繋がっている<護摩堂>。

北向観音(長野県)

<護摩堂>全景。

北向観音(長野県)

護摩堂の右隣の傾斜地には<不動明王>などが佇んでいる。

北向観音(長野県)

護摩堂から見て、鐘楼の左隣にある<愛染カヅラの木>。

北向観音(長野県)

境内西端にある<温泉薬師瑠璃殿>。宙に浮く舞台のような造り。(^▽^)/

もっと読む
投稿をもっと見る(53件)

歴史

北向観音は平安時代初期の天長二年(八二五)比叡山延暦寺座主の慈覚大師円によって開設された霊場です。
本堂が北に向いているのは、わが国でもほとんど例がございません。その由来は、観世音菩薩出現の際、「北斗星が世界の依怗(よりどころ)となるよう我も又一切衆生のために常に依怗となって済度をなさん」というお告げによるものといわれています。
厄除観音として南面する善光寺に詣で「未来往生」、北向観世音に参詣し「現世利益」を祈願しなければ「方参り」になるとされている霊場であります。

歴史をもっと見る|
3

北向観音の基本情報

住所長野県上田市別所温泉1666
行き方

上田電鉄別所線 別所温泉駅より、徒歩約10分

アクセスを詳しく見る
名称北向観音
読み方きたむきかんのん
参拝時間

午前7時~午後4時

トイレあり
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0268-38-2023
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://www.kitamuki-kannon.com
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご本尊千手観世音菩薩
宗旨・宗派天台宗
創建時代825年
ご由緒

北向観音は平安時代初期の天長二年(八二五)比叡山延暦寺座主の慈覚大師円によって開設された霊場です。
本堂が北に向いているのは、わが国でもほとんど例がございません。その由来は、観世音菩薩出現の際、「北斗星が世界の依怗(よりどころ)となるよう我も又一切衆生のために常に依怗となって済度をなさん」というお告げによるものといわれています。
厄除観音として南面する善光寺に詣で「未来往生」、北向観世音に参詣し「現世利益」を祈願しなければ「方参り」になるとされている霊場であります。

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年10月