御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※神明社ではいただけません
投稿する
0224-25-1180

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

茉憂☪︎*。꙳
2018年04月25日(水)
243投稿

白石城内にある神明社。神明社なので天照大御神様が御祭神、共に造化三神が祭られ、白石城城主であった片倉小十郎こと片倉景綱公と、政宗公も合祀されています。

この日は朝からどんよりなお天気で、白石城攻めのあとは雨が降ってきてしまいました。
曇りだと思い込んでいたから傘など持ってきておらず、、御朱印いただいている間がいちばん降ってきて、神職さんに心配していただき、恐縮でした(やさしい(´;ω;`))(屋根があって良かった)

このあと桜を見に行くつもりだったから傘なしではだいぶ困ったなあなんて思っていたのですが、ちょっと待って。神明社って天照大御神様だよね?雨止めてくれたりしかなあ?
なんて思っていたら太鼓の音が聞こえ、ご祈祷が始まるようで、受ける方がぞろぞろとご本殿へ向かって来られました。
そして祝詞が奏上されると、まさかの雨がやんできて、、、天照大御神様(太陽)がお目見えに(゚∀゚)!!
ありがたかったんだけど、早速過ぎて面白すぎて笑うしかなかったですww

それでは画像と共に記録しますm(__)m

神明社の建物その他

景綱公の旗!鬼の小十郎っていうお祭りがあるらしいですね。

神明社の建物その他

入り口。

神明社の狛犬

いかちい狛犬さん

神明社の狛犬

狛犬さん、たくさんいました。

神明社の建物その他

ずっとずっと見たかったこの旗!
景綱公の異父姉様は政宗様の乳母をしてました(*´ ˘ `*)

神明社の本殿

ご本殿

神明社の本殿

政宗様と景綱公の絆、書籍を読むとほんとうに愛しくなります。美しい話ばかりではないですが、400年以上経った今も青葉神社が片倉家によって守られていることを考えると、ほんとうに涙無しでは居られません(*´。・ω・。`*)

神明社の建物その他

蔵王♡

神明社の建物その他

ご本殿の奥にも社があり、益岡天満宮と稲荷様がお祭りされていました。

神明社の御朱印帳

オリジナル御朱印帳もありました。

神明社の庭園

境内の枝垂桜。

神明社の庭園

雨に濡れた桜もまた美しく。私にはレアなのでラッキーでした(´∀`*)

神明社の自然

仙台枝垂な気がします♡

神明社の建物その他

天照大御神様が見えた瞬間。写真うまく撮れずだっったから伝わらないかも(^_^;)

神明社の建物その他神明社の建物その他

戦争でなくなった方を祀っているらしいお社の足元には武運長久の文字が。

神明社の周辺

境内からはどこからも白石城が見えるそうです(*´∀`*)
白石の桜は間に合わず、葉桜でした。

神明社の御朱印神明社の御朱印

白石城でもいただきました。ずっといただきたいと思っていたお城の御朱印。第一号が宮城だったのは嬉しいです(*^^*)

神明社の景色

おまけ。桜を見に行ったらキレイに晴れた( ・∀・)
天照様々です(*´ ˘ `*)
ここ船岡城址公園は下に見える白石川堤一目千本桜と共に宮城県内で唯一「さくら名所100選」に選ばれた桜の名所なんだそうです(←知らなかった人)。是非是非神明社、白石城と共に訪れて頂きたいです(*^^*)

もっと読む
投稿をもっと見る(14件)

神明社の基本情報

住所宮城県白石市益岡町1-17
行き方
アクセスを詳しく見る
名称神明社
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0224-25-1180
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://s-shinmeisya.jp/
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神《合》火之加具土神,菅原道真,片倉小十郎,事代主神,底筒男神,中筒男神,表筒男神,《主》天照大御神,《配》天之御中主神,高御産巣日神,神御産巣日神

Wikipediaからの引用

概要
神明社(しんめいしゃ)は、宮城県白石市にある神社。旧社格は郷社。
歴史
歴史[編集] 当社は平安時代初期の807年(大同2年)、征夷大将軍・坂上田村麻呂の勧請が創始とされる。その後藤原秀衡、当社に南接する白石城を築いた蒲生氏郷、会津加増時に当地を治めた上杉景勝に庇護された。1600年(慶長5年)、白石城の戦いによって伊達政宗が城を奪取。1602年、その先鋒として活躍した片倉景綱が城主となり片倉家の崇敬社、同城の鎮守社となった。1871年(明治4年)、仙台藩廃藩に伴い衰微したが、1876年に村社に列した。1899年に起こった大火で社殿の大部分を消失し、翌年に白石城二の丸跡であった現在地に移転し本殿を再建、1906年には拝殿を造営する[1]。1909年から191...Wikipediaで続きを読む
引用元情報神明社 (白石市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E7%A5%9E%E6%98%8E%E7%A4%BE%20(%E7%99%BD%E7%9F%B3%E5%B8%82)&oldid=87802794

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー