御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

真言宗智山派

満福寺の御由緒・歴史

宮城県 愛宕橋駅

投稿する
022-221-2718

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

歴史
歴史[編集] 仙台藩祖伊達政宗による仙台城下町の建設(1601年1月12日(慶長5年12月24日) - 元和年間)の後、仙台城下町の南東に接して広瀬川沿いに1627年(寛永4年)から政宗の隠居所となる若林城および若林城下町[1] の建設が始められた。仙台城下町は南東下がりの長町 - 利府線(断層)[2] が形成した断層崖の西側の河岸段丘上に造られたが、若林城下町は仙台城下町と連続して同断層崖から同断層東側の沖積平野にかけて造られた。また、奥州街道が若林城下町を通るよう付け替えが行われた。1636年(寛永13年)に政宗が死去すると、若林城は廃城となって若林城下町は仙台城下町と統合された。 ...Wikipediaで続きを読む
引用元情報満福寺 (仙台市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%BA%80%E7%A6%8F%E5%AF%BA%20%28%E4%BB%99%E5%8F%B0%E5%B8%82%29&oldid=90385046

歴史の写真一覧

行きたい
投稿する
お問い合わせ

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

めめ小バナー