御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※満福寺ではいただけません

真言宗智山派

満福寺

宮城県 愛宕橋駅

投稿する
022-221-2718

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

満福寺の基本情報

住所宮城県仙台市若林区荒町206
行き方
アクセスを詳しく見る
名称満福寺
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号022-221-2718
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

宗旨・宗派真言宗智山派

Wikipediaからの引用

概要
満福寺(まんぷくじ)は、仙台市都心部の南東、荒町商店街の東部にある真言宗智山派の仏教寺院である。江戸時代初期における仙台城下町と若林城下町との境界に建つ。 境内の毘沙門天(奥州仙臺七福神の一)が仙台市民によく知られており、一般に満福寺も含めて「毘沙門堂」と通称されている。また、親しみを込めて「荒町の毘沙門さん」とも呼ばれる。
歴史
歴史[編集] 仙台藩祖伊達政宗による仙台城下町の建設(1601年1月12日(慶長5年12月24日) - 元和年間)の後、仙台城下町の南東に接して広瀬川沿いに1627年(寛永4年)から政宗の隠居所となる若林城および若林城下町[1] の建設が始められた。仙台城下町は南東下がりの長町 - 利府線(断層)[2] が形成した断層崖の西側の河岸段丘上に造られたが、若林城下町は仙台城下町と連続して同断層崖から同断層東側の沖積平野にかけて造られた。また、奥州街道が若林城下町を通るよう付け替えが行われた。1636年(寛永13年)に政宗が死去すると、若林城は廃城となって若林城下町は仙台城下町と統合された。 ...Wikipediaで続きを読む
アクセス
アクセス[編集] 仙台市地下鉄南北線・五橋駅の市立病院方面出入口より、徒歩8分。 仙台市地下鉄南北線・愛宕橋駅の東1出入口より、徒歩7分。 仙台駅西口バスプール6番ポールより、荒町経由の仙台市営バスに乗って、荒町バス停下車、徒歩1分。 実際には坂がない五橋駅からの方が愛宕橋駅より近い。バスの始発は交通局大学病院前で、定禅寺通市役所前も通過する。毘沙門堂鳥居前の荒町商店街は、宮城県道235号荒井荒町線に当たる。
引用元情報満福寺 (仙台市)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%BA%80%E7%A6%8F%E5%AF%BA%20(%E4%BB%99%E5%8F%B0%E5%B8%82)&oldid=90385046

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー