御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中

だいふくでんじ|高野山真言宗神宝山

大福田寺

公式三重県 西桑名駅

投稿する
0594-22-0199

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

最新のお知らせ

本尊 引き阿弥陀 御開帳

2021年08月20日(金) 08時00分〜

大福田寺のご本尊。引き阿弥陀の御開帳が行われます。

新型コロナウイルス感染症、感染拡大防止の為、法要は行わず。当日は朝から拝観できるようになっております。

霊験あらたかな大福田寺のご本尊。引き阿弥陀如来像。是非ご参詣下さい。

ご参加ありがとうございました。

4月1日に行われた柴燈護摩法要及び稚児行列の様子です。

大福田寺の稚児行列は、新一年生限定としておこなっておりましたが、昨年は緊急事態宣言もあり、中止となっておりました。

その為、今年は新一年生・二年生で開催致しました。とは言え、行列は行わず。火渡りの時間帯に個別にご来寺いただくこととなりました。

桜満開・快晴の良い日の法要となりました。

柴燈護摩法要及び稚児は、毎年4月1日に行われます。

大福田寺の体験その他

男の子は山伏・女の子は巫女の大福田寺オリジナルお稚児さんです。

大福田寺(三重県)大福田寺の体験その他大福田寺(三重県)大福田寺(三重県)大福田寺(三重県)大福田寺(三重県)大福田寺(三重県)大福田寺(三重県)大福田寺(三重県)大福田寺(三重県)大福田寺(三重県)大福田寺の体験その他大福田寺(三重県)
お知らせをもっと見る(9件)
檀家以外の参拝
檀家以外の参拝
あり
歓迎
御朱印について
御朱印
あり

毎月1日は金文字の限定ご朱印を授与させていただいております

限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

無料駐車場完備 30台

おすすめの投稿

nomuten
2021年08月16日(月)
497投稿

三重県の仏像ご開帳の寺院を巡りの2寺目は、1寺目の勧学寺(桑名市)の近くに在る神宝山 法皇院 大福田寺です。
今回参拝予定ではありませんでしたが、勧学寺の御朱印はこの寺院で戴くとの事でしたので参拝しました。
高野山真言宗で、本尊は秘仏の阿弥陀如来(三重県の指定有形文化財)。この本尊は、年に1度の8/20のみの開帳です。

伝えによれば、創建は聖徳太子で、伊勢の山田に在り、伊勢神宮の神宮寺として大神宮寺と称していた。1280年頃に火災により焼失するも桑名市の大福に再建し、福田寺に改称。更に足利尊氏より大の字を賜り、大福田寺に改称。その後の兵火や水害により衰退したが、1662年に桑名藩主の松平定重の援助を受けて現在地に移転し、現在に至っています。

山門が2つあって、向かって右側は本堂の正面にあり、左側は聖天堂の正面にあります。
山門をくぐると右手に鐘楼と庫裡、本堂の本尊は「引阿弥陀如来」と言われ、伝えでは漁師の引き網に掛かっていたためとされます(よくある話ですが)。しかしながら、兵火等により堂宇含めて本尊も焼失したため1503年に再建されたものです。阿弥陀如来の両脇には十一面観音、聖観音、文殊菩薩、弘法大師が祀られています。
本堂隣(南側)は聖天堂で、桑名藩主松平定信の持念仏の大聖歓喜天尊が祀られており、「桑名の聖天さん」と親しまれています。また、厄除け不動尊、三面大黒天も祀られています。
山門と山門の間に寺務所があり(手水も)、先に参拝した勧学寺とこの大福田寺の御朱印を頂きました。
尚、境内の左側(南側)に30台位停めれる駐車場があります。もし満車ならば少し南に第2駐車場もあります。

大福田寺の御朱印

御朱印(引阿弥陀如来)

大福田寺の山門大福田寺の山門

山門(向かって右側)

大福田寺の建物その他大福田寺の建物その他

鐘楼

大福田寺の建物その他

庫裡

大福田寺の本殿

本堂

大福田寺の山門

山門(向かって左側)

大福田寺の建物その他

聖天堂

大福田寺の本殿大福田寺(三重県)

お地蔵さん

もっと読む
投稿をもっと見る(22件)

ご供養

桑名聖天祭

毎月1日に行われる。桑名聖天祭。


大福田寺の霊験あらたかな聖天さまの霊前で、皆さまがお書きになった護摩木をお焚き上げ致します。

この日は、境内にみたらし団子や海産物。高野槙などの店が出店します。

1日限定の金文字ご朱印も授与中。

聖天堂では、三面大黒天さまのご利益が得られる【福袋】も授与されています。

ご供養をもっと見る

行事

月例行事
毎月1日・16日 桑名聖天月例祭
毎月21日 宗祖弘法大師月例御影供
毎月28日 厄除不動尊縁日

年中行事
元旦~3日  新年修正会
2月節分の日 厄除節分祭
3月21日   宗祖弘法大師正御影供
4月1.2日   桑名聖天火渡り祭
7月21日   孟蘭盆大施餓鬼会
8月20日   引阿弥陀会式

行事をもっと見る|
1

歴史

日本国重要文化財

一、 絹本着色 釈迦八相図

    (鎌倉時代中期作)​

一、 紙本墨書 大福田寺勧進帳

    (文亀元年 三条西実隆公筆)​

一、 絹本着色 忍性上人画像    

一、 絹本着色 額田部実澄公画像

三重県指定文化財​

一、 阿弥陀如来像

その他、寺宝​

一、 寺領安堵の綸旨

歴史をもっと見る|
2

大福田寺の基本情報

住所三重県桑名市大字東方1426
行き方

自動車でお越しの方
 東名阪自動車道 桑名ICより約10分

公共交通機関でお越しの方
 JR関西本線・近鉄名古屋線 【桑名駅】西口下車 徒歩約8分
 三岐鉄道北勢線 【西桑名駅】下車 徒歩約20分
 三重交通 「桑名高校口」バス停下車、徒歩約5分

アクセスを詳しく見る
名称大福田寺
読み方だいふくでんじ
通称桑名聖天
参拝時間

参拝可能時間

参拝にかかる時間

約20分

参拝料

拝観無料

トイレ鐘楼脇にあります
御朱印あり

毎月1日は金文字の限定ご朱印を授与させていただいております

限定御朱印なし
電話番号0594-22-0199
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://www.daifukudenji.jp/
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご本尊本尊:阿弥陀如来
山号神宝山
院号法皇院
宗旨・宗派高野山真言宗
開山・開基聖徳太子
札所など

伊勢七福神 大黒天

ご由緒

日本国重要文化財

一、 絹本着色 釈迦八相図

    (鎌倉時代中期作)​

一、 紙本墨書 大福田寺勧進帳

    (文亀元年 三条西実隆公筆)​

一、 絹本着色 忍性上人画像    

一、 絹本着色 額田部実澄公画像

三重県指定文化財​

一、 阿弥陀如来像

その他、寺宝​

一、 寺領安堵の綸旨

体験祈祷おみくじお祓い絵馬仏像御朱印お守り重要文化財祭り札所・七福神巡り除夜の鐘

Wikipediaからの引用

概要
大福田寺(だいふくでんじ)は、三重県桑名市東方(ひがしかた)にある高野山真言宗の仏教寺院。
歴史
歴史[編集] この寺の創建年代については正確ではないが、聖徳太子が開いたと伝えられ、鎌倉時代中期後宇多天皇の代に額田部実澄・忍性によって再興されたという。 当初は福田村にあり福田寺と称したが、足利尊氏から「大」の字を賜り、大福田寺と改められたという[1]。 その後、戦国時代にたびたび兵火にあって焼失して寺運は衰えたが、1662年(寛文2年)、松平定重の援助を受けて現在地に再興された。 歓喜天は松平定信の寄進によるものとされる[1]。 おみくじの他に200円の代金の護摩祈祷がある。 ^ a b “桑名聖天(大福田寺)” (日本語). K's PLAZA. 近畿日本鉄道. 2011年...Wikipediaで続きを読む
アクセス
アクセス[編集] 近鉄名古屋線・JR関西本線・養老鉄道養老線:桑名駅より約450m。 東名阪自動車道:桑名ICより約3.3km。 国道1号:中央町交差点より約1km。
引用元情報大福田寺」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%A4%A7%E7%A6%8F%E7%94%B0%E5%AF%BA&oldid=87969996

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

投稿キャンペーン

15,000投稿達成で
当選数2倍!

まずは30秒で無料登録する
行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー