参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

いわしみずはちまんぐう

石清水八幡宮の歴史京都府 石清水八幡宮駅

石清水八幡宮の歴史情報

詳細情報

ご祭神《主》誉田別尊,多紀理毘売命,市寸島姫命,多岐津毘売命,息長帯比売命
創建時代貞観二年(860)
創始者
ご由緒

当宮は貞観2年(860)に南都(奈良)大安寺の僧であった行教が宇佐八幡宮にて八幡大神様の御託宣を受け京都の地に御分霊を御奉安し、時の天皇であられた清和天皇により社殿が造営された神社です。
平安京を守護する為に京都の裏鬼門にあたる南西の地、男山に社殿が造営され、以来1160年の永きに亘り国家を鎮護する社として崇敬されてきました。
武家の時代には、武の神、必勝の神として武士達から信仰され、現代でも厄除け開運、安産、交通安全等、全国の人々から広く信仰を集めている神社です。

Wikipediaからの引用

歴史
貞観元年(859年)に南都大安寺の僧行教(空海の弟子)が豊前国、宇佐神宮にて受けた「われ都近き男山の峯に移座して国家を鎮護せん」との神託により、翌貞観2年(860年)清和天皇が石清水寺(現・摂社石清水社)の境内に社殿を造営したのが創建とされる。「石清水」の社名は、とも、男山の中腹から湧き出ている"石清水"から。 石清水八幡宮が創建されると薬師如来を本尊とする石清水寺はその神宮寺となり、貞観4年(862年)名称を護国寺と改めてより神仏習合の度合いを増していった。 天慶2年(939年)、伊勢神宮に次いで奉幣される地位を得る。皇室・朝廷からは、京都の南西の裏鬼門を守護する王城守護鎮護の神、王権...Wikipediaで続きを読む
引用元情報石清水八幡宮」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E7%9F%B3%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%AE%AE&oldid=84337865

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?