神社お寺の検索サイト楽しみ方

あおいあそじんじゃ

青井阿蘇神社

公式熊本県 人吉駅

9:00~17:00 御朱印は9:00~16:00

投稿する
0966-22-2274

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

現在の御朱印・御朱印帳

チリン旗特別御朱印

龍柄朱印帳

獅子面柄朱印帳

朱印紙

御朱印をもっと見る|
37

最新のお知らせ

青井阿蘇神社の蓮池に架かる『禊橋』は国の登録有形文化財に指定された橋です。令和2年7月の水害で被災してしまいましたが、この御朱印の様な景色に戻すために、尽力しております。

#神社 #神社巡り #神社の時間 #御朱印 #御朱印巡り #蓮 #青井阿蘇神社

禊橋切り絵御朱印
https://saikidou.jp/kiriemisogibashi/

青井阿蘇神社(熊本県)青井阿蘇神社(熊本県)青井阿蘇神社(熊本県)

チリン旗お守り

神社の例大祭『おくんち祭』。チリン旗は10月9日神幸式の行列で先頭をつとめます。日常生活をおびやかす悪霊達をチリ~ンと澄んだ音色でおびき寄せキラリと輝く巨大な剣で斬り祓います。この祓いと導きの霊力で皆様をお守りしますように。
初穂料は700円です。

青井阿蘇神社のお守り

チリン旗守。初穂料700円。

お知らせをもっと見る(3件)
御朱印について
御朱印
あり

特別御朱印のチリン旗御朱印は通年授与いたしております。

限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

隣が広く駐車場有ります

ご利益

神主より

令和4年4月1日より、オンライン授与所を開設いたしました。ぜひご覧ください。

祭起動プロジェクト|青井阿蘇神社
https://saikidou.jp/

おすすめの投稿

四季
2021年10月27日(水)
236投稿

青井阿蘇神社 【過去参拝記録】

主祭神  建磐龍命
     阿蘇津媛命
     国造速甕玉神
社格等  旧県社 別表神社
創建   大同元年 806年
本殿様式 三間社流造銅板葺

例祭   10月8日
主な神事 夏越祭(陰暦6月晦日)
おくんち祭(10月3日~ 11日)

~・~・~・~

北側から南に本殿、廊、幣殿、拝殿、楼門、五棟一連の御社殿は、相良20代長毎(ながつね)が江戸時代はじめの慶長15年(1610年)から18年の4ヵ年にわたり造営したものです。本殿はじめ一連の御社殿がすべて同時期のものであるということは全国的に見ても大変貴重なもので、平成20年6月9日に九州内では55年ぶり、県内では初となる国宝に指定されました。
青井阿蘇神社HPより

~・~・~・~

大同元年(806年)9月9日に阿蘇神社の神主尾方権助大神惟基が神託により阿蘇神社から阿蘇三社の分霊を当地球磨郡青井郷に祀ったのに始まると伝えられます。
その後天喜年中(11世紀中半)に再興され、建久9年(1198年)に領主として藤原(相良)長頼氏が当地へ下向した際にも再営して自家の氏神として尊崇、神領216石を寄進する等相良家歴代の篤い崇敬を受け、延徳3年(1491年)の同為続による社殿造営を始めとする数度の社殿の造営、修造が行われました。
相良氏は八代衆や球磨衆といった衆中と呼ばれる国人層を家臣団として抱え、その衆議を踏まえて領国経営を行いましたが、『八代日記』に永禄元年(1558年)2月26日に制定された17箇条の法について、同23日に八代郡の八代衆が妙見宮(現八代神社)で神裁(一味神水)を行った後に条文を球磨へ送った事と、同28日には球磨衆が「春井ニ御籠」神裁をしたことが見え、この「春井」は「青井」の誤写で当神社を指し、当神社で制定前の衆議や制定後の神裁が行われたものと思われますので、相良氏にとっての当神社が信仰の対象であるとともに家臣団を統制する存在でもあったことがわかります。
近世には青井大明神と称され、相良家20代目に当たる長毎(頼房)氏は文禄の役での朝鮮出兵に際して当神社へ戦捷を祈願し、帰国後の慶長2年(1597年)に当神社を球磨郡内の神社250余社の総社と定め、同6年に大村内の田地1町1,000歩(約4,000坪)を寄進、戦捷祈願の報賽として社殿の大造営を行う等、近世を通じて同氏及び人吉藩による崇敬を受けました。
明治5年(1872年)8月に郷社に列し、昭和10年(1935年)11月県社に昇格しました。

球磨川の氾濫域にあり、しばしば浸水被害に見舞われてきたそうです。昭和40年(1965年)の球磨川大水害では近隣の住宅地で2.1m、昭和46年(1971年)の水害で1.1mの浸水高を記録。
記憶に新しい令和2年7月豪雨災害(2020年)には4.3mの浸水高を記録し、国宝の拝殿が床上浸水、国登録文化財の禊橋は濁流で欄干が損壊するなどの被害が出ました。

~・~・~・~

2016年熊本地震
2020年球磨川豪雨災害・コロナ禍
同級生が熊本にいて、水害時もコロナ禍の影響で、ボランティア活動は県内の方に限られてなかなか進まないと聞きました。阪神大震災時から一番寄り添って気にかけてくれた方々にこれから少しでもできることを探して行きたいと思います。
   

熊本県人吉市上青井町118

青井阿蘇神社の山門青井阿蘇神社の山門青井阿蘇神社(熊本県)青井阿蘇神社(熊本県)青井阿蘇神社(熊本県)青井阿蘇神社の建物その他青井阿蘇神社の本殿青井阿蘇神社の本殿青井阿蘇神社の本殿青井阿蘇神社(熊本県)青井阿蘇神社の建物その他青井阿蘇神社の建物その他青井阿蘇神社の鳥居青井阿蘇神社の自然青井阿蘇神社の手水青井阿蘇神社の狛犬青井阿蘇神社の狛犬青井阿蘇神社(熊本県)青井阿蘇神社の狛犬青井阿蘇神社の建物その他青井阿蘇神社(熊本県)青井阿蘇神社(熊本県)青井阿蘇神社の建物その他

きじ車
九州地方(福岡・熊本・大分)の郷土玩具。発祥地は阿蘇を中心とする山岳地帯。

青井阿蘇神社の周辺

阿蘇くまもと空港

青井阿蘇神社の食事

上村うなぎ屋さん

青井阿蘇神社の建物その他
もっと読む
投稿をもっと見る(36件)

授与品

レース守り

チリン旗守り

青井ステッカー守り

国宝守り

竹しおり

人吉結守

マスクケース

社紋鈴守

獅子守

巾着袋

授与品をもっと見る|
5

歴史

大同元年(806)年に創建。社殿は相良20代当主相良長毎(ながつね)と重臣の相良清兵衛(せえべい)の発起により慶長15年から4年の歳月をかけ造営された。社殿群は独特な地方色の中に桃山期の華麗な装飾性を機敏に取り入れられている。神名にちなんでか一連の社殿には数体の龍が身を潜めている。例大祭『おくんち祭』は10月3日から11日まで斎行され人吉球磨最大の秋祭りとなっている。10月8日の夕刻に奉納される球磨神楽は国の重要無形民俗文化財に指定されており、豊作祈願や自然界における様々な災いを祓い清める舞として伝承・継承されてきた。10月9日の『神幸式』は人吉市内の目抜き通りを神輿や神馬・獅子・稚児など2000人が練り歩く。

歴史をもっと見る|
2

青井阿蘇神社の基本情報

住所熊本県人吉市上青井町118
行き方

JR人吉駅から徒歩5分

アクセスを詳しく見る
名称青井阿蘇神社
読み方あおいあそじんじゃ
通称青井さん
参拝時間

9:00~17:00 御朱印は9:00~16:00

参拝料

なし。

トイレ境内の中にあります。
御朱印あり

特別御朱印のチリン旗御朱印は通年授与いたしております。

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0966-22-2274
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスinfo@aoisan.jp
ホームページhttp://aoisan.jp/
お守りあり
SNS

詳細情報

ご祭神健磐龍命(タケイワタツノミコト)阿蘇都媛命(アソツヒメノミコト)速甕玉命(ハヤミカタマノミコト)
創建時代大同元年(806)年
創始者人吉藩主 相良長毎 さがらながつね
本殿桃山期の豪華な装飾性を機敏に取り入れられ、楼門四隅には『喜怒哀楽』の表情を見せる鬼面がはめ込まれ『人吉様式』とよばれる。
文化財

本殿・廊・幣殿・拝殿・楼門が平成20年6月9日に熊本県初めての国宝に指定。

ご由緒

大同元年(806)年に創建。社殿は相良20代当主相良長毎(ながつね)と重臣の相良清兵衛(せえべい)の発起により慶長15年から4年の歳月をかけ造営された。社殿群は独特な地方色の中に桃山期の華麗な装飾性を機敏に取り入れられている。神名にちなんでか一連の社殿には数体の龍が身を潜めている。例大祭『おくんち祭』は10月3日から11日まで斎行され人吉球磨最大の秋祭りとなっている。10月8日の夕刻に奉納される球磨神楽は国の重要無形民俗文化財に指定されており、豊作祈願や自然界における様々な災いを祓い清める舞として伝承・継承されてきた。10月9日の『神幸式』は人吉市内の目抜き通りを神輿や神馬・獅子・稚児など2000人が練り歩く。

体験おみくじ絵馬御朱印お守り国宝
YouTube

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中