参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

しょうりゅうじ|真言宗豊山派

青龍寺高知県 波川駅

しょうりゅうじ|真言宗豊山派

青龍寺高知県 波川駅

高知県 土佐市宇佐町竜163

7:00~17:00

御朱印あり
四国八十八ヶ所霊場(お遍路)

アクセス

住所土佐市宇佐町竜163
Googleマップで地図を開く
エリア波川駅
行き方

35【清瀧寺】より
(自家用車)約50分 約18km
(徒歩)約4時間 約15km
37【岩本寺】より
(自家用車)約1時間30分 約50km
(徒歩)約16時間 約55.5km

駐車場普通20台(無料/有料)

青龍寺について

基本情報

名称青龍寺
読み方しょうりゅうじ
通称波切不動
参拝時間

7:00~17:00

トイレ駐車場にあり
御朱印あり
電話番号088-856-3010
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご本尊波切不動明王
山号独鈷山(とっこうざん)
院号伊舎那院(いしゃないん)
宗旨・宗派真言宗豊山派
創建時代弘仁6年(815)
開山・開基弘法大師
札所など

四国八十八箇所第36番

文化財

愛染明王坐像(重要文化財)
土佐遍路道 青龍寺道(国の史跡)

ご由緒

青龍寺を遍路するときは、「宇佐の大橋」を渡る。昭和48年に橋が開通するまでは、浦ノ内湾の湾口約400mを船で渡った。弘法大師も青龍寺を創建するさいに、この湾を船で渡っていた。お供をした8人を残している。その子孫が「竜の渡し」というこの渡し船を、近年まで代々守り続けてきたと伝えられている。
弘法大師が唐に渡り、長安の青龍寺で密教を学び、恵果和尚から真言の秘法を授かって真言第八祖となられ、帰朝したのは大同元年(806)であった。縁起では、大師はその恩に報いるため日本に寺院を建立しようと、東の空に向かって独鈷杵を投げ、有縁の勝地が選ばれるようにと祈願した。独鈷杵は紫雲に包まれて空高く飛び去った。
帰朝後、大師がこの地で巡教の旅をしているときに、独鈷杵はいまの奥の院の山の老松にあると感得して、ときの嵯峨天皇(在位809〜23)に奏上した。大師は弘仁6年、この地に堂宇を建て、石造の不動明王像を安置し、寺名を恩師に因み青龍寺、山号は遙か異国の地から放った「独鈷」を名のっている。
明治のころまで土佐7大寺といわれ、末寺四ヶ寺、脇坊六坊をもつ名刹であった。また、本尊の波切不動明王像は大師が入唐のさい、暴風雨を鎮めるために現れたと伝えられ、いまも航海の安全や豊漁、世間の荒波をも鎮めてくれると、深く信仰されている。

巡礼
体験
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば住職さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
住職さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
ログインすると情報を追加/編集できます。

最終更新: 2020年07月05日byささ


神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

アクセス

住所土佐市宇佐町竜163
Googleマップで地図を開く
エリア波川駅
行き方

35【清瀧寺】より
(自家用車)約50分 約18km
(徒歩)約4時間 約15km
37【岩本寺】より
(自家用車)約1時間30分 約50km
(徒歩)約16時間 約55.5km

駐車場普通20台(無料/有料)
何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る
神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!