御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年12月※雲頂庵ではいただけません

うんちょうあん|臨済宗円覚寺派 _ 円覚寺塔頭大機山

雲頂庵

神奈川県 北鎌倉駅

(雲頂庵さま公式Webサイトに於いては ” 一般公開をしておりません ” の表示があります)

投稿する
0467-22-3904

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
なし

なし

雲頂庵の基本情報

住所神奈川県鎌倉市山ノ内479
行き方
アクセスを詳しく見る
名称雲頂庵
読み方うんちょうあん
参拝時間

(雲頂庵さま公式Webサイトに於いては ” 一般公開をしておりません ” の表示があります)

御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号0467-22-3904
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.untyouan.or.jp

詳細情報

ご本尊宝冠釈迦如来
山号大機山
宗旨・宗派臨済宗円覚寺派 _ 円覚寺塔頭
創建時代1270~1300年頃
開山・開基開山:空山円印(大覚禪師 蘭渓道隆の直弟) / 開基:不詳  中興開基:長尾忠景
ご由緒

< 雲頂庵さま公式Webサイトから引用
      _ http://www.untyouan.or.jp/history/index.html >
.
雲頂菴は、
もとは禅宗では五山、十刹に次ぐ寺格「諸山」に列せられていた大崎山 ※長勝寺の塔頭でした。

長勝寺は1296年、
大覚禅師 蘭渓道隆の法嗣 仏燈国師約翁徳倹により創建され、
その後、二世 空山円印が開山塔頭として雲頂菴を興しました。
開基は、長勝寺、雲頂菴ともつまびらかではありません。

鎌倉幕府の滅亡、南北朝の混乱、室町幕府の成立など激動の時代にもよく寺勢を保ってきましたが、
永享の乱(1438年)によりすっかり衰え、かろうじて命脈を維持していたところ、
文明年間の1460年前後から、主の関東管領 上杉氏をおさえて台頭してきた
長尾氏 ― 長尾尾張守 忠景・顕忠父子 ―が後ろ盾となって(中興開基)再び寺勢を盛り返し、
戦国の乱世の時代に大檀那 長尾氏の厚い外護のもと寺勢を保ち、
円覚寺において中心的な役割を果たしました。

その後、江戸時代に入って円覚寺の塔頭に列せられ、今日に至っています。

※ 現在、長勝寺は存在しません。

体験御朱印花の名所札所・七福神巡り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中