御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年3月
大弁財功徳天社ではいただけません
広告

だいべんざいこうとくてんしゃ

大弁財功徳天社
神奈川県 十日市場駅

大弁財功徳天社の基本情報

住所神奈川県横浜市緑区霧が丘4-16
行き方

横浜市営バス「霧が丘センター前」より徒歩1分

アクセスを詳しく見る
名称大弁財功徳天社
読み方だいべんざいこうとくてんしゃ
通称霧が丘の弁天様
参拝時間

終日

電話番号045-981-4552
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhoutaiji.or.jp

詳細情報

ご祭神弁財天
ご由緒

霧が丘4丁目に祀られている大弁財功徳天社付近には、霧が池という池がありました。
昼なお薄暗いほど深く木々に覆われ、また菖蒲の花が咲き乱れるなど四季折々の美しい風景も見せていました。
池には雌の大蛇が、東京大田区の洗足池には雄の大蛇がそれぞれ住んでいたそうです。ある時、村人が馬を曳き江戸に出かけた帰り道、美しい婦人に声を掛けられました。
「十日市場村の辻まで馬に乗せて入って下さい」 婦人は辻に着くと、御礼にといって小判を3、4枚くれたとのことです。
村人は大喜びで家に持ち帰り、神棚に上げておいたところ、小判は蛇のウロコになっていたそうです。
「霧が池の大蛇が洗足池の大蛇に逢ってきたのだろう」と村では語り継がれています。

こんな民話も伝わっています。

深い森に包まれた霧が池の周りに田畑がつくられ、村人たちも池に姿を見せるようになった頃のこと。
夏の昼下がり、池の大蛇が岸辺で昼寝をしていると、丸太と間違えた村人が上に腰を下ろしてしまいました。
驚いた大蛇は、もうこの池には住めないと悟りました。ある夜、大蛇は女性の姿となって、同じ村の寳袋寺住職の夢枕にあらわれ、自分のために石の社を建てて欲しいと訴えたそうです。寺では願いを聞き入れて、池のほとりに石の社を祀りました。

現在の社(石廟)は明治8年(1771)に建立したもので、その側面に「干ばつが二年も続いた。このため雨乞いをしたところ、水に恵まれ豊作となったので、感謝のお祝いをして石廟を建てた」という意味の文が刻んであります。

霧が池は宅地造成のため、昭和47年2月に清めの儀式が行われ埋め立てられましたが、社は霧が池公園の一角に今も大切に祀られています。

体験伝説

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ