御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年12月※西八朔杉山神社ではいただけません

にしはっさくすぎやまじんじゃ

西八朔杉山神社

神奈川県 十日市場駅

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
-

西八朔杉山神社について

本務社は琴平神社

おすすめの投稿

惣一郎
2021年02月12日(金)
1041投稿

神奈川県横浜市緑区西八朔町にある神社。平安時代の『延喜式神名帳』に記載のある「武蔵国・都筑郡一座・杉山神社」の有力論社の一つ。旧社格は郷社。武蔵国総社の大國魂神社で定めている武州六大明神の一つとなっており、大國魂神社の例祭「くらやみ祭」に毎年参列している。武蔵国六之宮。主祭神は五十猛命(いそたけるのみこと)。

杉山神社は、神奈川県横浜市を中心に、川崎市、東京都町田市、稲城市に40社以上存在する、創建や社名の由来について詳細不詳で謎の多い神社。史料では、平安時代869年の『続日本後記』で「枌山(すぎやま)神社」と記載された古社で、927年の『延喜式神名帳』にも「武蔵国・都筑郡一座・杉山神社」と記載がある。ただ、その本社は比定されておらず、いまだに多くの論社が存在する。論社のうち、横浜市にある4社(緑区西八朔町、都筑区中川、都筑区茅ヶ崎、港北区新吉田町)が有力とされている。五十猛神(いそたけるのかみ;素戔嗚尊(すさのおのみこと)の子)や日本武尊(やまとたけるのみこと)を主祭神とする神社が多い。

当社は、JR横浜線・十日市場駅から1kmちょっと、徒歩15分。公共交通機関だとやや不便。車だと東名高速道路・横浜青葉ICからちょっと、県道140号線からすぐなので都内からでも便は良い。周囲は農地こそ少ないが野山があって、横浜の外れののんびりした雰囲気。

参拝時は祝日の昼過ぎで、他に参拝者はいなかった。社務所はなく、御朱印は近所の方のお宅で書置きを拝受。本務社は琴平神社(川崎市麻生区)で車でも結構遠いので断念。

※この日は天気が良かったので、バイクでツーリングがてら<杉山神社>の式内論社巡り。首都高・東名を乗り継いで横浜青葉ICから下道。当社が1社目。

西八朔杉山神社の建物その他

社標。社地から離れた、県道140号線沿いにある。後ろの森が当社。

西八朔杉山神社の建物その他

入口全景。

西八朔杉山神社の手水

左手の手水舎。

西八朔杉山神社の鳥居

鳥居から社殿を望む。

西八朔杉山神社の建物その他

階段を上がり切ったところ。

西八朔杉山神社の本殿

社殿。

西八朔杉山神社の本殿

拝殿と扁額。

西八朔杉山神社の本殿

本殿。拝殿に比して小ぶり。

西八朔杉山神社の末社

境内社。

西八朔杉山神社の本殿

境内全景。

もっと読む
投稿をもっと見る(16件)

歴史

杉山神社は現在の横浜市・川崎市を中心に多数ある神社の名前です。ほかには町田市・稲城市にも数社ありますがいづれも鶴見川とその支流域に多く分布しています。
 しかも全国的に見てもこの地域にしか存在しないのが杉山神社です。かつて武蔵国(今の東京都、埼玉県、神奈川県の大半がその範囲)のなかで横浜の都筑郡・橘樹郡・久良郡とよばれていた地域です。
 神社の数は江戸時代末期に編集された『新編武蔵風土記稿』によると七十二社ですが、その後の合社や名称変更などで、現在は四十余りの杉山神社があるようですが緑区西八朔の杉山神社はその中でも代表的な杉山神社の一つです。
杉山神社の歴史
その歴史は古く、すくなくとも千二百年ほど遡ることが出来ます。平安時代の公的な歴史書『続日本後記』の承和五年(834年)二月二十二日条に、武蔵野国都筑郡杉山神社が霊験により官幣(神への公的な献納物)にあずかったという記事があります。
 同じく嘉祥元年に(848年)五月二十二日条には位のなかった杉山神社に従五位下を授けたという記事があります。
 また、延長五年(927年)編集の『延喜式』には国家的な祭祀にあずかる神社の一覧表(これに掲載する神社のことを式内社とよびます)がありますが武蔵国四十三社のなかに都筑郡の杉山神社の名前が見えます。
 橘樹郡・久良郡には式内社がありませんので、杉山神社は三郡を代表し、国家的にも知られた重要な神社だったことがわかります。祭神は、大和武尊や五十猛とされていますが、確かなことは不明で、もとは杉の生い茂った山そのものを祀った神社だったのかもしれません。
杉山神社の本社
 数ある杉山神社、平安時代の歴史書に載る杉山神社はどこなのか。古くからいろいろな説が出されてきましたが、なかなか結論は出ません。
横浜市都筑区中川町、同区勝田町、港北区新吉田町などに所在する杉山神社が候補として挙げられている中、西八朔の杉山神社は最も有力な一社です。八朔が平安時代の『和名類聚抄』に出てくる「都筑郡針斫郷」や鎌倉時代の古文書にある国衙領(武蔵国府の直営地)の「八佐古」に通じる古地名であることなどが根拠とされているのです。
杉山神社と府中六所宮(大國魂神社)
 大國魂神社と杉山神社は当初から深い関係にあり、大國魂神社に祀られている八神の一つ六之宮の杉山大神は、西八朔の杉山神社の祭神だとされています。
 これは江戸時代末の六所宮の神主だった猿渡盛章の調査によって定められ、以来西八朔の杉山神社と大國魂神社との関係は今に続いています。
 五月五日の大國魂神社例大祭「くらやみ祭り」の祭には杉山神社宮司と氏子会の代表が神事に参列し十月一日の杉山神社の例大祭には府中の大國魂神社から神職と六之宮や五六宮太鼓を受け持つ町内の人たちが参列します。
 古くは杉山神社のみこしが府中六所宮まで担がれていったという伝承もあります。
 武蔵国にあっては格段の由緒を持つ杉山神社と府中六所宮とは、地域の人たちの深い繋がりによって伝統がささえられているのです。

歴史をもっと見る|
3

西八朔杉山神社の基本情報

住所神奈川県横浜市緑区西八朔町208
行き方
アクセスを詳しく見る
名称西八朔杉山神社
読み方にしはっさくすぎやまじんじゃ
通称武蔵國六之宮 杉山神社
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳なし

詳細情報

ご祭神《主》五十猛命,《配》大日孁貴命,素盞嗚命
本殿流造
ご由緒

杉山神社は現在の横浜市・川崎市を中心に多数ある神社の名前です。ほかには町田市・稲城市にも数社ありますがいづれも鶴見川とその支流域に多く分布しています。
 しかも全国的に見てもこの地域にしか存在しないのが杉山神社です。かつて武蔵国(今の東京都、埼玉県、神奈川県の大半がその範囲)のなかで横浜の都筑郡・橘樹郡・久良郡とよばれていた地域です。
 神社の数は江戸時代末期に編集された『新編武蔵風土記稿』によると七十二社ですが、その後の合社や名称変更などで、現在は四十余りの杉山神社があるようですが緑区西八朔の杉山神社はその中でも代表的な杉山神社の一つです。
杉山神社の歴史
その歴史は古く、すくなくとも千二百年ほど遡ることが出来ます。平安時代の公的な歴史書『続日本後記』の承和五年(834年)二月二十二日条に、武蔵野国都筑郡杉山神社が霊験により官幣(神への公的な献納物)にあずかったという記事があります。
 同じく嘉祥元年に(848年)五月二十二日条には位のなかった杉山神社に従五位下を授けたという記事があります。
 また、延長五年(927年)編集の『延喜式』には国家的な祭祀にあずかる神社の一覧表(これに掲載する神社のことを式内社とよびます)がありますが武蔵国四十三社のなかに都筑郡の杉山神社の名前が見えます。
 橘樹郡・久良郡には式内社がありませんので、杉山神社は三郡を代表し、国家的にも知られた重要な神社だったことがわかります。祭神は、大和武尊や五十猛とされていますが、確かなことは不明で、もとは杉の生い茂った山そのものを祀った神社だったのかもしれません。
杉山神社の本社
 数ある杉山神社、平安時代の歴史書に載る杉山神社はどこなのか。古くからいろいろな説が出されてきましたが、なかなか結論は出ません。
横浜市都筑区中川町、同区勝田町、港北区新吉田町などに所在する杉山神社が候補として挙げられている中、西八朔の杉山神社は最も有力な一社です。八朔が平安時代の『和名類聚抄』に出てくる「都筑郡針斫郷」や鎌倉時代の古文書にある国衙領(武蔵国府の直営地)の「八佐古」に通じる古地名であることなどが根拠とされているのです。
杉山神社と府中六所宮(大國魂神社)
 大國魂神社と杉山神社は当初から深い関係にあり、大國魂神社に祀られている八神の一つ六之宮の杉山大神は、西八朔の杉山神社の祭神だとされています。
 これは江戸時代末の六所宮の神主だった猿渡盛章の調査によって定められ、以来西八朔の杉山神社と大國魂神社との関係は今に続いています。
 五月五日の大國魂神社例大祭「くらやみ祭り」の祭には杉山神社宮司と氏子会の代表が神事に参列し十月一日の杉山神社の例大祭には府中の大國魂神社から神職と六之宮や五六宮太鼓を受け持つ町内の人たちが参列します。
 古くは杉山神社のみこしが府中六所宮まで担がれていったという伝承もあります。
 武蔵国にあっては格段の由緒を持つ杉山神社と府中六所宮とは、地域の人たちの深い繋がりによって伝統がささえられているのです。

Wikipediaからの引用

概要
杉山神社(すぎやまじんじゃ)は、神奈川県横浜市緑区西八朔町にある神社。式内社論社、武蔵国六宮。旧社格は郷社。 大國魂神社の「くらやみ祭」に参列しており、武州六大明神の1つに数えられる。
歴史
歴史[編集] 『続日本後紀』に「枌山神社」(すぎやまじんじゃ)とあり、延喜式神名帳には「武蔵国都筑郡唯一の官社」として杉上神社の記述がある(ただし後述のように論社が複数存在する)。また、大國魂神社の六所明神の一所として祀られている。 創建時期は不明であるが、当社に残る棟札や別当寺である極楽寺(現在も隣地に所在)の墓碑年号より当社は延宝年間(1673年 - 1681年)に現地へ遷座したものと考えられており、これ以前には西北方300mの山麓に鎮座していた[1][2]。 『武蔵風土記』によると、慶安2年(1649年)8月には徳川幕府より朱印状と朱印領5石6斗が与えられている[1][3]。この他...Wikipediaで続きを読む
行事
祭事[編集] 1月1日:歳旦祭 10月1日:例大祭(※かつては9月15日に行われていた) 11月23日:新嘗祭 12月22日:大祓 上記の他、大國魂神社(東京都府中市)で5月3日〜6日にかけて催される「くらやみ祭」に武蔵国六宮として参列している。
引用元情報杉山神社 (横浜市緑区西八朔町)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E6%9D%89%E5%B1%B1%E7%A5%9E%E7%A4%BE%20%28%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E7%B7%91%E5%8C%BA%E8%A5%BF%E5%85%AB%E6%9C%94%E7%94%BA%29&oldid=84607068

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中