御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※篠原八幡神社ではいただけません

しのはらはちまんじんじゃ

篠原八幡神社

神奈川県 新横浜駅

御朱印受付時間:9時~16時

投稿する
045-421-0859

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり

右上には「参拝」、中央には「八幡大神」の文字が書かれています。

限定
-
御朱印帳
-
ありません
パーキング
駐車場
あり

あり

巡礼

ご利益

篠原八幡神社について

日本神社百選に選ばれた神社で、 新横浜の街並みが一望することができます。

おすすめの投稿

投稿をもっと見る(42件)

歴史

当神社は後鳥羽院建久三年九月鈴木村の鎮守として仝村字会下谷に勧請奉斉し、鶴崎八幡と称す。寛永八年仝村字表谷に社殿を建立して奉遷し、其後寛文七年時の代官伊奈半十郎手代新井孫兵衛により社殿を再建し若宮八幡と称した。武蔵風土記稿に鶴崎八幡と称したるいわれを知らずとあり、鈴木村は篠原村となり若宮八幡宮は八幡大神と奉称するにいたった。
明治六年村社に列せらる。
昭和十五年八月十五日、明治三十九年勅令第九十六号による神饌幣帛料を供進すべき神社に指定された。古事記や日本書紀に書かれてあります。
命は極めて慈悲深く武勇にすぐれ神話によれば生まれながらにして歩き御成長に従いいよいよたくましく身の丈七尺余り衆に秀れた偉丈夫となり一生涯一度の病気もなされず百十歳迄長生きをされたとの伝説があります。このような御祭神でありますので昔から子育て八幡といわれ村人は子供が丈夫に育つように又無病息災を祈り戦に臨む者は武運長久を祈って出兵する者が多く永い間世人の信仰を得たのであります。

歴史をもっと見る|
4

篠原八幡神社の基本情報

住所神奈川県横浜市港北区篠原町2735
行き方

JR横浜線・横浜市営地下鉄「新横浜駅」篠原町方面2番出口より徒歩7分
JR横浜線・東急東横線「菊名駅」西口より徒歩7分

アクセスを詳しく見る
名称篠原八幡神社
読み方しのはらはちまんじんじゃ
通称篠原八幡大神
参拝時間

御朱印受付時間:9時~16時

参拝料

なし

御朱印あり

右上には「参拝」、中央には「八幡大神」の文字が書かれています。

限定御朱印なし
御朱印帳なし
電話番号045-421-0859
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
メールアドレスshinohara80000@tbt.t-com.ne.jp
ホームページhttp://www.shinohara-80000.com
絵馬あり

詳細情報

ご祭神譽田別命
創建時代建久三年(1192)
ご由緒

当神社は後鳥羽院建久三年九月鈴木村の鎮守として仝村字会下谷に勧請奉斉し、鶴崎八幡と称す。寛永八年仝村字表谷に社殿を建立して奉遷し、其後寛文七年時の代官伊奈半十郎手代新井孫兵衛により社殿を再建し若宮八幡と称した。武蔵風土記稿に鶴崎八幡と称したるいわれを知らずとあり、鈴木村は篠原村となり若宮八幡宮は八幡大神と奉称するにいたった。
明治六年村社に列せらる。
昭和十五年八月十五日、明治三十九年勅令第九十六号による神饌幣帛料を供進すべき神社に指定された。古事記や日本書紀に書かれてあります。
命は極めて慈悲深く武勇にすぐれ神話によれば生まれながらにして歩き御成長に従いいよいよたくましく身の丈七尺余り衆に秀れた偉丈夫となり一生涯一度の病気もなされず百十歳迄長生きをされたとの伝説があります。このような御祭神でありますので昔から子育て八幡といわれ村人は子供が丈夫に育つように又無病息災を祈り戦に臨む者は武運長久を祈って出兵する者が多く永い間世人の信仰を得たのであります。

体験お祓いお宮参り七五三御朱印お守りアニメなどサブカル

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー