御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※仲崎竜神様ではいただけません

なかざきりゅうじんさま

仲崎竜神様

神奈川県 三崎口駅

いつでも拝観可能です。

御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
なし

なし

おすすめの投稿

mitch
2020年06月13日(土)
2028投稿

20.06.04 三崎「仲崎竜神様」参拝 _ 三浦市三崎
ユネスコ無形文化遺産 ’ チャキラコ ’ 奉納場所のひとつ

仲崎竜神様の鳥居

01) 港湾の岸壁に鎮座する、「仲崎竜神様」 社頭。
” 海南神社 ” の主体祭礼で、
 ユネスコ無形文化遺産 ’ チャキラコ ’の舞を 奉納する場所のひとつ。            
_ 三浦市三崎2丁目1  10:38am頃~

仲崎竜神様の本殿

02) 二基の石祠。
お互いの屋根形状が異なるから、
司ることを分担する?二柱(と複数の)主祭神なのか? 
二基の祠は、台座と一体で造立されたのか?
由緒などを参考にする資料を探すのは困難。
------------------------
.
< 神奈川県庁Webサイトの
  ’横須賀三浦地域の国指定・県指定無形民俗文化財 ’ 紹介ページから引用
 https://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f6658/p399767.html >

チャッキラコとは、毎年1月15日の小正月に三浦市三崎の仲崎・花暮地区や海南神社で、
豊漁・豊作や商売繁盛などの祝福芸として、女性のみで踊られる民俗芸能の一つです。
踊りには2つの伝説が伝えられています。
1つは、海南神社の祭神藤原資盈の奥方盈渡姫が、庶民の娘に教えたというもの。
もう1つは、源頼朝が三崎来遊の際、磯取りしていた親子に舞を所望し、
母親が唄い、娘が舞ったというものです。
 チャッキラコは、年配の女性10人程が唄い、
5歳程から12歳までの少女20人程が踊ります。
少女は赤色の晴れ着、年配の女性は、黒色の着物に羽織姿で、
舞扇とチャッキラコを演目に応じて使い分けます。
楽器類は伴わず、素唄と囃し言葉だけの素朴な唄と踊りです。
踊りには、「はついせ」、「チャッキラコ」、「二本踊り」、「よささ節」、
「鎌倉節」、「お伊勢参り」の6種類があります。
当日、午前10時頃本宮の祠前で踊りを奉納、
午前10時30分頃海南神社境内の社殿前で踊りを奉納します。
午後からは仲崎・花暮両地区の「竜神様」と呼ばれる祠前で踊りを奉納し、
旧家や老舗商店等を祝福して回ります。
.
.
.
********************************
20.06.04R #三崎 「 #仲崎竜神様 」 #ユネスコ無形文化遺産 ’ #チャキラコ ’ 奉納場所のひとつ _ #三浦市三崎
https://mitch1.blog.ss-blog.jp/2020-06-13-1#more

もっと読む
投稿をもっと見る(1件)

仲崎竜神様の基本情報

住所神奈川県三浦市三崎2丁目1
行き方

京急電鉄久里浜線「三崎口駅」から、京急バス2番乗場「三崎港」「通り矢」「城ヶ島」「浜諸磯」行きバスで『三崎港』下車して(徒歩3分が海南神社で港湾方向へ)港湾方向へバス停から徒歩10分。

アクセスを詳しく見る
名称仲崎竜神様
読み方なかざきりゅうじんさま
通称竜神様(りゅうじんさま)
参拝時間

いつでも拝観可能です。

参拝にかかる時間

5分

参拝料

なし

トイレなし

詳細情報

文化財

チャッキラコ _ 国指定重要無形民俗文化財、ユネスコの無形文化遺産
.
< 神奈川県庁Webサイトの
  ’横須賀三浦地域の国指定・県指定無形民俗文化財 ’ 紹介ページから引用
           https://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f6658/p399767.html >

チャッキラコとは、毎年1月15日の小正月に三浦市三崎の仲崎・花暮地区や海南神社で、
豊漁・豊作や商売繁盛などの祝福芸として、女性のみで踊られる民俗芸能の一つです。
踊りには2つの伝説が伝えられています。
1つは、海南神社の祭神藤原資盈の奥方盈渡姫が、庶民の娘に教えたというもの。
もう1つは、源頼朝が三崎来遊の際、磯取りしていた親子に舞を所望し、
母親が唄い、娘が舞ったというものです。
 チャッキラコは、年配の女性10人程が唄い、5歳程から12歳までの少女20人程が踊ります。
少女は赤色の晴れ着、年配の女性は、黒色の着物に羽織姿で、
舞扇とチャッキラコを演目に応じて使い分けます。
楽器類は伴わず、素唄と囃し言葉だけの素朴な唄と踊りです。
踊りには、「はついせ」、「チャッキラコ」、「二本踊り」、「よささ節」、
「鎌倉節」、「お伊勢参り」の6種類があります。
当日、午前10時頃本宮の祠前で踊りを奉納、
午前10時30分頃海南神社境内の社殿前で踊りを奉納します。

午後からは仲崎・花暮両地区の「竜神様」と呼ばれる祠前で踊りを奉納し、
旧家や老舗商店等を祝福して回ります。

体験世界遺産重要文化財

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー