御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年12月※楫の三郎山神社ではいただけません

かじのさぶろうやまじんじゃ

楫の三郎山神社

神奈川県 三崎口駅

御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
-

歴史

この楫の三郎山は,対岸の三崎にある海南神社の祭神藤原資盈(つけみつ)公が貞観六年(八六四年)故あって九州博多を出帆し、途中暴風にあい漂流の末、三崎に着岸さ
れました。このとき神座船の楫とり役を司どっていた家臣一郎をこの山に祀り、楫の三郎山と呼ぶようになったと伝えられています。

また資盈公が「わが住むべき地があるか」問われたので、 三郎がそのとっていた楫で占い、楫の落ちた所に鎮座、これが神号となったとも伝えられています。

大正初年頃までは、この山に主の大蛇がすんでいるから登るとたたりがあるとの言い伝えがあり、誰一人登ったことがなかったと言われています。

今では、航海の安全と大漁を祈願する漁業関係者の信仰が厚く毎月七日、十七日、二十七日に多くの人々が参拝に訪れています。

歴史をもっと見る|
3

楫の三郎山神社の基本情報

住所神奈川県三浦市三崎町城ケ島670
行き方
アクセスを詳しく見る
名称楫の三郎山神社
読み方かじのさぶろうやまじんじゃ

詳細情報

ご祭神海南神社の祭神、藤原資盈(つけみつ)の家臣である三郎(案内板より)
ご由緒

この楫の三郎山は,対岸の三崎にある海南神社の祭神藤原資盈(つけみつ)公が貞観六年(八六四年)故あって九州博多を出帆し、途中暴風にあい漂流の末、三崎に着岸さ
れました。このとき神座船の楫とり役を司どっていた家臣一郎をこの山に祀り、楫の三郎山と呼ぶようになったと伝えられています。

また資盈公が「わが住むべき地があるか」問われたので、 三郎がそのとっていた楫で占い、楫の落ちた所に鎮座、これが神号となったとも伝えられています。

大正初年頃までは、この山に主の大蛇がすんでいるから登るとたたりがあるとの言い伝えがあり、誰一人登ったことがなかったと言われています。

今では、航海の安全と大漁を祈願する漁業関係者の信仰が厚く毎月七日、十七日、二十七日に多くの人々が参拝に訪れています。

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中