御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※圓福寺(円福寺)ではいただけません

えんぷくじ|浄土宗金田山

圓福寺(円福寺)

神奈川県 三浦海岸駅

投稿する
046-888-0038

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

巡礼

三浦地蔵尊霊場
第36番

ご利益

おすすめの投稿

mitch
2020年06月19日(金)
2043投稿

20.06.04「圓福寺(円福寺)」参拝 _ 三浦市南下浦町金田

圓福寺(円福寺)の山門

01-1) 浄土宗「金田山圓福寺(円福寺)」二基の石柱 と 山門。
クルマは写真枠外右側から駐車場へ入る。  _ 三浦市南下浦町金田258

圓福寺(円福寺)の歴史

01-2) 山門の扁額 ” 金田山 ”

圓福寺(円福寺)の建物その他

01-3) 二基の石柱右、” 浄土宗 圓福寺(えんぷくじ) ” 寺標

圓福寺(円福寺)の建物その他

01-4) 二基の石柱左、” 三浦七福神 ” 号標 
.
---

圓福寺(円福寺)の建物その他

02-1) 山門に向かって左側の石像、遠景。

圓福寺(円福寺)の像

02-2) 山門に向かって左側の石像 
.
------------

圓福寺(円福寺)の山門

03) 駐車場周辺から、山門裏方向を振り返る。 

圓福寺(円福寺)の周辺

04) 参道右側の、参拝者専用の無料駐車場。
写真枠外右にも(ミラーイメージ配置で)スペースがあり、合せて10台分
.
---

圓福寺(円福寺)の周辺

05-1) 参道左側、広大なスペース。 (左/2枚)
” 浄土宗 十夜法要 ” を大々的に執る寺院なのかもしれない。
そうならば、縁日屋台が並ぶ場所か
各地から法要に参加する大勢の教団僧侶の駐車スペースかもしれない。

圓福寺(円福寺)の周辺

05-2) 参道左側、広大なスペース。 樹齢数約年の慎。(時計回りに右/2枚)
.
---

圓福寺(円福寺)の建物その他

06) 広い境内、槇の木周辺から長い参道。
写真右は六地蔵堂で、更に先は石造の(たぶん)観世音菩薩立像。

圓福寺(円福寺)の地蔵

07) 参道右側の、六地蔵堂。

圓福寺(円福寺)の像

08) 参道右側、石造の(たぶん)観世音菩薩立像。

圓福寺(円福寺)の塔

09) 参道左側の、庫裡 と 十三重石塔
.
---

圓福寺(円福寺)の塔

10-1) 十三重石塔、鐘楼、勢揃いの七福神石造

圓福寺(円福寺)の像

10-2) 参道左側、勢揃いの七福神石造。 台座は号標になっている。
個別写真を撮らなかったことを悔やむ。
.
---

圓福寺(円福寺)の建物その他

11) 参道左側のトイレ
.
---

圓福寺(円福寺)の歴史

12-1) 三浦市内解説ボードのうち、’ 金光恵比寿 ’ の記述部分。

圓福寺(円福寺)の建物その他

12-2) 三浦市内解説ボードのうち、
三浦市の地図で主に バス停留所とトイレの在所が示さされている。
.
------------

圓福寺(円福寺)の本殿

13-1) 本堂。
大失態! 本堂の近景や複数角度からとか、特徴的な部分の写真を撮り忘れた。
広大な境内に圧倒されてアッチコッチ撮りながら長い参道を進んできたから、
いつもながら撮ったのを確認もせずに 本堂をを撮ったつもりで引き返したようだ。

圓福寺(円福寺)の歴史

13-2) いつものワンパターンお決まり写真。
本堂の扁額 ” 金田山 ”

圓福寺(円福寺)の建物その他

13-3) 本堂、” 三浦市地福寺 金光恵比寿尊 ” 表札。

圓福寺(円福寺)の芸術

13-4) 向拝左上の木鼻

圓福寺(円福寺)の芸術

13-5) 向拝中央上の目貫彫刻

圓福寺(円福寺)の芸術

13-6) 向拝右上の木鼻 
.
---

圓福寺(円福寺)の建物その他

14-1) 本堂前から、鐘楼方向を振り返る。 

圓福寺(円福寺)の建物その他

14-2) 鐘楼

圓福寺(円福寺)の建物その他

14-3) 鐘楼の近景
.
---

圓福寺(円福寺)の建物その他

15) 本堂前からから振り返る
.
.
.
*************************
20.06.04X #浄土宗 「 #圓福寺 ( #円福寺 )」 _ #三浦市南下浦町金田 
https://mitch1.blog.ss-blog.jp/2020-06-20

/ #金田山圓福寺 #三浦市南下浦町 #三浦市 #三浦七福神 #金光恵比寿尊

もっと読む
投稿をもっと見る(4件)

歴史

或る夜、金田湾の海上に異様に光るものを通りがかりの漁夫が発見。
彼はこれを大漁の瑞兆と喜び、持ち帰った。
やがて旅の僧の諭しにより、草庵を建てそこに祀ったという。
これが「金光恵比須尊」である。
漁村から始まった恵比須信仰は日本神話の事代主命と結びつき「大漁の神」、
農村では「豊作の神」として祀られ、
やがては「商売繁盛」の神として信仰されるようになった。
.
天文17(1548)年、海岸にあった地蔵堂を現在の地に移し、
金田山圓福寺と称した。

歴史をもっと見る|
3

圓福寺(円福寺)の基本情報

住所神奈川県三浦市南下浦町金田258
行き方

京急電鉄「三浦海岸駅」から、’ 剣崎行き ’ または ’ 剣崎経由 三崎東岡行き ’ バス乗車10分ほどで「金田バス停」下車して徒歩5分。

アクセスを詳しく見る
名称圓福寺(円福寺)
読み方えんぷくじ
参拝にかかる時間

20分

御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号046-888-0038
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

山号金田山
宗旨・宗派浄土宗
創建時代1548年
札所など

三浦地蔵尊霊場 第36番

ご由緒

或る夜、金田湾の海上に異様に光るものを通りがかりの漁夫が発見。
彼はこれを大漁の瑞兆と喜び、持ち帰った。
やがて旅の僧の諭しにより、草庵を建てそこに祀ったという。
これが「金光恵比須尊」である。
漁村から始まった恵比須信仰は日本神話の事代主命と結びつき「大漁の神」、
農村では「豊作の神」として祀られ、
やがては「商売繁盛」の神として信仰されるようになった。
.
天文17(1548)年、海岸にあった地蔵堂を現在の地に移し、
金田山圓福寺と称した。

体験御朱印

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年12月