御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
Amazonギフト券があたる!投稿キャンペーン開催中
ネコ大バナー※東昌寺ではいただけません

とうしょうじ|高野山真言宗青龍山

東昌寺

神奈川県 神武寺駅

投稿する
046-871-4575

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

巡礼

湘南七福神
_
宝仙福寿祿壽尊

ご利益

おすすめの投稿

mitch
2020年02月05日(水)
2075投稿

20.02.02  逗子「東昌寺」
東国八十八ヶ所第七十九番霊場
「高野山真言宗青龍山東昌寺」_ 逗子市池子

東昌寺の山門

01) 「高野山真言宗青龍山東昌寺」山門

東昌寺の建物その他

02) 山門に向かって左前方の石碑。
銘: 新四国 東国八十八ヶ所 第七十九番霊場 東昌寺

東昌寺の建物その他

03) 山門に向かって右前方の石碑。 銘:高野山真言宗青龍山東昌寺

東昌寺の歴史

04) 東昌寺解説ボード 
.
------------------------------

東昌寺の地蔵

05) 山門を潜って直ぐ右側の、’ 六地蔵 ’ と 写真右下の小さな仏像。小さな仏像のズームアップを撮らなかったことを悔やむ。 _ 20.02.02 逗子「東昌寺」

東昌寺の建物その他

06) 境内 _ 20.02.02 逗子「東昌寺」
.
---

東昌寺の本殿

07-1) 本堂 _ 20.02.02 逗子「東昌寺」

東昌寺の芸術

07-2L) 私のお約束? 本堂に向かって左上方の彫刻  

東昌寺の建物その他

07-2M) 本堂に向かって中央左上方の彫刻と鰐口 

東昌寺の芸術

07-2R) 本堂に向かって右上方の彫刻 
.
---

東昌寺の建物その他

08-1) ’ 弘法大師ご修行像 ’

東昌寺の像

08-2) ’ 弘法大師ご修行像 ’ 
.
---

東昌寺の本殿

09-1) ’ 阿弥陀堂 ’ 

東昌寺の本殿

09-2) 逗子市文化財であり 作者も経過もはっきりしている珍しい例の像で
身の丈2.595m、台座1.035m、総丈3.63m の ’ 丈六阿弥陀如来像 ’
を安置する阿弥陀堂 
.
---

東昌寺の歴史

10-0) 彫刻文字で ’ 東昌寺阿弥陀如来像 ’ 解説ボード  

東昌寺の歴史

10-1)  ’ 東昌寺阿弥陀如来像 ’ 解説ボード の右半分

東昌寺の歴史

10-2)  ’ 東昌寺阿弥陀如来像 ’ 解説ボード の右半分 
.
.
******************************
20.02.02 #逗子 「 #東昌寺 」 #逗子市池子 
https://mitch1.blog.ss-blog.jp/2020-02-05-2?1580866133

/ #高野山真言宗青龍山東昌寺 #青龍山東昌寺 #東国八十八ヶ所第七十九番霊場 # 東国八十八ヶ所霊場

もっと読む
投稿をもっと見る(3件)

歴史

< 東昌寺さま公式Webサイトから引用 _ http://tosyoji.sakura.ne.jp >
.
東昌寺は、鎌倉時代に北条泰時により執権家歴代の菩提寺として
鎌倉の西ケ谷(鎌倉市小町)に建立された
東勝寺に由来すると伝えられています。
東昌寺は、当時、青龍山東勝寺と呼ばれていました。
一方、後に東昌寺の境内に移されることになった
丈六阿弥陀如来を祀った阿弥陀堂が、
承久2年(1221年)に
池子の大上阿弥陀ヶ谷(おおがみあみだがや: 現在の県立逗子高校の奥)
に建立されました。
この阿弥陀堂は、源実朝の非業の死を弔うために
母親の政子刀自(とじ: 年輩の女性を敬意を添えて呼ぶ語)が、
仏師・運慶に依頼して丈六阿弥陀如来像を彫らせ祀ったと伝えられています。
元弘3年(1333)5月22日、新田義貞の率いる大軍が、
稲村ヶ崎から鎌倉に攻めこみました。
北条勢は、必死に防衛しましたがその甲斐もなく、
新田軍が若宮大路まで迫ってきました。
その事を知った北条高時は、
一族郎党とともに先祖代々の墓地のある東勝寺に立てこもり、
そこを最期の場所に選び、寺に火をかけて自害して最後を迎えました。
この戦いは、東勝寺合戦として知られています。
自害した人々は、北条一族283人と家臣870人であると太平記に記されています。

この戦火の中を当時の東勝寺の住職・信海和上は、
ただ一人で本尊の大日如来像
(平家亡霊の成仏祈願のため、頼朝が全真僧都に命じて造流したと伝えられる)
を守り、
山道伝いに池子に落ちのびて東勝寺を再建したと伝えられています。

江戸時代になって池子は、
寛永14年(1637)に水戸徳川家につながる尼寺の英勝寺の支配下になりました。
この寺の名は、水戸家への遠慮から「勝」の字を「昌」のに改め、
「海照山東勝寺」から「青龍山東昌寺」に変わりました。
また、英勝寺の命により
丈六阿弥陀像を祀った阿弥陀堂が東昌寺境内に移されました。

池子は、逗子市内で、もっとも古くから開けた土地で、
古東海道として
日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の東征の道として使われていました。
また、池子は、水戸徳川家に支配されていたことから、
徳川家の紋所(水戸三つ葵)を
神明社の御輿(みこし)や提灯などに見ることができます。

享保12年(1727年)に火災になり、寺のすべてを消失しました。
当時の住職の寛定、頼雄、海乗の三代にわたり50年をかけて復興事業を行い、
今日の東昌寺ができました。

歴史をもっと見る|
4

東昌寺の基本情報

住所神奈川県逗子市池子2-8-33
行き方

京浜急行電鉄逗子線「神武寺」下車、徒歩3分。

アクセスを詳しく見る
名称東昌寺
読み方とうしょうじ
参拝にかかる時間

20分

参拝料

なし(志納)

御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号046-871-4575
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://tosyoji.sakura.ne.jp

詳細情報

山号青龍山
宗旨・宗派高野山真言宗
開山・開基承久3年(1221)
札所など

湘南七福神 _ 宝仙福寿祿壽尊

文化財

旧慶増院五輪塔 _ 國指定文化財

阿弥陀如来像 _ 逗子市指定文化財

ご由緒

< 東昌寺さま公式Webサイトから引用 _ http://tosyoji.sakura.ne.jp >
.
東昌寺は、鎌倉時代に北条泰時により執権家歴代の菩提寺として
鎌倉の西ケ谷(鎌倉市小町)に建立された
東勝寺に由来すると伝えられています。
東昌寺は、当時、青龍山東勝寺と呼ばれていました。
一方、後に東昌寺の境内に移されることになった
丈六阿弥陀如来を祀った阿弥陀堂が、
承久2年(1221年)に
池子の大上阿弥陀ヶ谷(おおがみあみだがや: 現在の県立逗子高校の奥)
に建立されました。
この阿弥陀堂は、源実朝の非業の死を弔うために
母親の政子刀自(とじ: 年輩の女性を敬意を添えて呼ぶ語)が、
仏師・運慶に依頼して丈六阿弥陀如来像を彫らせ祀ったと伝えられています。
元弘3年(1333)5月22日、新田義貞の率いる大軍が、
稲村ヶ崎から鎌倉に攻めこみました。
北条勢は、必死に防衛しましたがその甲斐もなく、
新田軍が若宮大路まで迫ってきました。
その事を知った北条高時は、
一族郎党とともに先祖代々の墓地のある東勝寺に立てこもり、
そこを最期の場所に選び、寺に火をかけて自害して最後を迎えました。
この戦いは、東勝寺合戦として知られています。
自害した人々は、北条一族283人と家臣870人であると太平記に記されています。

この戦火の中を当時の東勝寺の住職・信海和上は、
ただ一人で本尊の大日如来像
(平家亡霊の成仏祈願のため、頼朝が全真僧都に命じて造流したと伝えられる)
を守り、
山道伝いに池子に落ちのびて東勝寺を再建したと伝えられています。

江戸時代になって池子は、
寛永14年(1637)に水戸徳川家につながる尼寺の英勝寺の支配下になりました。
この寺の名は、水戸家への遠慮から「勝」の字を「昌」のに改め、
「海照山東勝寺」から「青龍山東昌寺」に変わりました。
また、英勝寺の命により
丈六阿弥陀像を祀った阿弥陀堂が東昌寺境内に移されました。

池子は、逗子市内で、もっとも古くから開けた土地で、
古東海道として
日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の東征の道として使われていました。
また、池子は、水戸徳川家に支配されていたことから、
徳川家の紋所(水戸三つ葵)を
神明社の御輿(みこし)や提灯などに見ることができます。

享保12年(1727年)に火災になり、寺のすべてを消失しました。
当時の住職の寛定、頼雄、海乗の三代にわたり50年をかけて復興事業を行い、
今日の東昌寺ができました。

体験仏像御朱印重要文化財武将・サムライ

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2023年2月