参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

ごしょじんじゃ

五所神社の歴史神奈川県 湯河原駅

五所神社の歴史情報

詳細情報

ご祭神天照大神 天忍穂耳尊 瓊々杵尊 彦火々出見尊 鸕鷀草葺不合尊 誉田別命 素盞嗚尊 伊弉册尊[1]。
創建時代不詳(伝、天智天皇の時代か)
ご由緒

< 五所神社さま公式Webサイトからの引用 _ https://goshojinjya.com >
.
社伝によれば、今から千三百年前天智天皇の御代、
加賀の住人二見加賀之助重行らの手によってこの地方が開拓されたとき
土肥郷(吉浜、鍛冶屋、門川、堀ノ内、宮上、宮下)の総鎮守として、
天照大神以下五柱の神霊が鎮座されたと伝えられている。
 康平三年(1060年)源義家 奥羽征討の際、社家荒井刑部実継神霊の加護により軍功をたて、
治承四年(1180年)八月源頼朝伊豆より挙兵の時、
この地方の豪族土肥次郎実平は一族と共にこれを助けて頼朝の軍を土肥の館に導き、
石橋山合戦進発の前夜は社前において盛大な戦勝祈願の護摩をたいたといわれている。
以来、藩主、領主、庶民の崇敬特に厚く、長寿長命の神、湯の産土神として今日の繁栄をみている。

Wikipediaからの引用

歴史
社伝によると天智天皇の時代に、加賀国から移住した二見加賀之助重行らによってこの地方が開拓された際の鎮守社として創立されたとされている。1060年(康平3年)、五所神社の加護を受けた荒井実継は、源義家の奥州征伐に従い戦功をあげたという話が伝わる。1180年(治承4年)8月における源頼朝挙兵にあっては、土肥実平がその佩刀を奉納したとされており、奉納した佩刀が現存しており社宝となっている。1621年(元和7年)、1636年(寛永13年)、1661年(寛文元年)および1740年(元文5年)に再建、修復の記録が残っている。1873年(明治6年)7月には村社、1915年(大正4年)11月には神饌幣帛...Wikipediaで続きを読む
引用元情報五所神社 (湯河原町)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E4%BA%94%E6%89%80%E7%A5%9E%E7%A4%BE%20(%E6%B9%AF%E6%B2%B3%E5%8E%9F%E7%94%BA)&oldid=79416415

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る