御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※鹿児島神宮ではいただけません
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
-

巡礼

鹿児島神宮について

鹿児島神宮にお祭り初午祭


鹿児島神宮では、旧暦1月18日を過ぎた最初の日曜日に、初午祭という祭りが催されます。
馬の首には鈴、背中には飾りをつけ、踊り連を引き連れて太鼓や三味線にあわせ踊りを踊るという全国的にも珍しいお祭りです。
毎年10万人もの人が訪れる、鹿児島を代表する祭りとなっています。

おすすめの投稿

のぶさん
2021年07月11日(日)
1251投稿

鹿児島神宮は、延長5年(927)にまとめられた『延喜式神名帳』にて「大隅國之一宮・鹿兒嶋神社」に比定されている古社です。海幸彦山幸彦や神話によるところの社で、御祭神は、山幸彦天津日高彦穗穗出見尊とその妃神豊玉比賣命。創始は遠く神代、また神武天皇の御代とも伝えられています。朝廷の崇敬篤大社であり、境内は、御祭神天津日高彦穗穗出見尊の皇居高千穂宮跡と伝えられています。

『延喜式神名帳』延長5年(927)編纂

西海道神一百七座[大卅八座・小六十九座]。

…(略)…。大隅國五座[大一座・小四座]。桑原郡一座[大]。鹿兒島神社[大]。囎唹郡三座[並小]。大穴持神社、宮浦神社、韓國宇豆峯神社。馭謨郡一座[小]。益救神社。

御祭神ごさいじんの彦穗穗出見尊ひこほほでみのみことは、開拓かいたくの祖神おやがみに坐ましましまし、この地に高千穂宮たかちほのみや(皇居こうきょ)を営いとなみ給い、580歳に亘わたらせらるる間、農耕畜産漁猟の道を指導し民生安定の基礎をつくり給うた御祭神ごさいじんです。

また、「今昔物語こんじゃくものがたり」の巻12第10話「於石清水いはしみづにして行放生会語はうじやうヱをおこなへること」にて、「初はじめ大隅おおすみの國くにに八幡大菩薩はちまんだいぼさつと現あらはれ在ましまして次には宇佐うさの宮みやに遷かえらせ給たまひ遂ついに此の石清水いわしみずに跡を垂たれ在ましまして」と記されていることから当地に八幡大神やはたのおおかみが顕現けんげんしたとも、承平天慶じょうへいてんぎょうの乱(935-941)の頃に「九州五所別宮きゅうしゅうごしょべつぐう(鹿児島神宮かごしまじんぐう・大分八幡宮だいぶはちまんぐう・千栗八幡宮ちりくはちまんぐう・藤崎八幡宮ふじさきはちまんぐう・新田神社にったじんじゃ)」の一社いっしゃとされたときに八幡大神やはたのおおかみを合祀ごうししたともされることから、正八幡しょうはちまん、国分正八幡こくぶしょうはちまん、大隅正八幡おおすみしょうはちまん等とも称され、全国正八幡しょうはちまんの本宮ほんぐうでもあります。

営繕えいぜんの費は、大隅國おおすみのくに、薩摩國さつまのくに、日向国ひゅうがのくにの三州さんしゅうの正税しょうぜいを以もって充あてられ、後鳥羽天皇ごとばてんのうの建久けんきゅう9年(1198)には車両2500余町歩の多きに至り、江戸末期まで1000石を有していました。明治4年に国幣中社こくへいちゅうしゃ、同7年に神宮号じんぐうごうを宣下せんげされ官幣中社かんぺいちゅうしゃ、同28年には官幣大社かんぺいたいしゃに列格されました。昭和10年には昭和天皇しょうわてんのうの行幸ぎょうこうを仰ぎ勅使ちょくし、皇族こうぞくの御参拝ごさんぱいは20余度に及んでいます。

現社殿しゃでんは桃園天皇ももぞのてんのうの宝暦ほうれき6年(1756)島津藩主しまづはんしゅ・島津重年しまづ しげとし公の造営ぞうえいによるものです。中央正座ちゅうおうせいざに天津日高あまつひだか彦穗穗出見尊ひこほほでみのみこととその妃神きさきがみの豊玉比賣命とよたまひめのみことを祀まつる鹿児島神宮かごしまじんぐう。その左右が大隅正八幡宮おおすみしょうはちまんぐうとなっており、左殿さでんに帯中比子尊たらしなかひこのみこと(仲哀天皇ちゅうあいてんのう)と息長帯比賣命おきながたらしひめのみこと(神功皇后じんぐうこうごう)、右殿うでんに品陀和気尊ほむだわけのみこと(応神天皇おうじんてんのう)、中比賣命なかひめのみこと(応神皇后おうじんこうごう)を配祀はいししています。県内最大の木造建造物として文化財的価値が高いため、平成2年に本殿ほんでん、拝殿はいでん、勅使殿ちょくしでんは県の有形文化財の指定を受けています。本殿ほんでんの構造は、柱間はしらまが正面7間けん、側面4間けんの入母屋造いりもやづくりで、正面に前室ぜんしつを設けてあります。本殿ほんでんの壁面は、薩摩藩さつまはんの画家、木村探元きむらたんげんの筆になると伝えられています。本殿ほんでんにつながる拝殿はいでんは縦長で、天井の格子こうしには、花や野菜、日本にはなかったサボテンの花、メロン、ケイトウ等が色彩豊かに描かれています。勅使殿ちょくしでんは神殿しんでん社殿しゃでんの入口に位置し、天皇から弊帛へいはくを託された勅使ちょくしをお迎えする所として作られています。近年の改修としては平成7年の本殿ほんでん・拝殿はいでん・勅使殿ちょくしでんの塗装の補修があげられ、拝殿はいでん天井の240余枚の植物が色鮮やかに蘇よみがえることとなりました。

神事しんじとしては、旧暦きゅうれき1月18日の次の日曜日に斎行さいこうされる初午祭はつうまさいが広く知られています。起源は不詳ふしょうですが、御祭神ごさいじんの天津日高あまつひだか彦穗穗出見尊ひこほほでみのみことが農耕畜産などの産業を奨励された御神恩ごしんおんに感謝して、五穀豊穣ごこくほうじょう・厄除招福やくじょしょうふくを祈る特殊とくしゅ祭典さいてんです。神宮じんぐうの創建そうけんより行われたと考えられており、養和ようわ元年(1181)神馬しんめを飼育していたと記録が残っています。一説に島津貴久しまづたかひさ公が天文てんぶん12年(1543)に見た霊夢れいむによるとの説もあります。当日は鈴懸馬すずかけうまに仕立てた御神馬ごしんめを先頭に、人馬一体じんばいったいとなって参道さんどうを練り歩き、社殿しゃでん前で神馬しんめとの踊りが奉納ほうのうされ、終日賑わいます。また、2000年を迎えるにあたり、昭和9年を最後に途絶えていた「浜下はまくだり」が平成12年、65振りに復興ふっこうされています。

境内けいだい社には、初午祭はつうまさいの出発地となっている保食神社ほしょくじんじゃが一ノ鳥居いちのとりい前に鎮座ちんざしています。二ノ鳥居にのとりいの前には、向かって右手手前に豊姫命とよひめのみことと磯良命いそらのみこと。奥に武甕槌命たけみかづちのみことと経津主命ふつぬしのみことが祀まつられています。向って左手には、火闌降命ほのすそりのみこと、大隈命おおすみのみことが祀まつられています。参道さんどうを進むと、右手に初午祭はつうまさいの神馬像しんめぞうが奉納ほうのうされた神馬舎しんめしゃ。そして宮橋みやばしを過ぎると両脇を御門神社みかどじんじゃが神社の守りを固めています。向って右手は豊磐窓命とよいわまどのみこと、左手は櫛磐窓命くしいわまどのみことが祀まつられています。

参道さんどうの階段を登って半ばに、豊玉比賣命とよたまひめのみことの父神ちちがみである豊玉彦命とよたまひこのみことを御祭神ごさいじんとして祀まつる雨之社あめのやしろ。建久けんきゅう年間(1190-1199)に植樹されたとされる御神木ごしんぼくの大クス、祓所はらえしょが続きます。

社殿しゃでん向かって右手には、四所神社ししょじんじゃ、武内神社たけしうちじんじゃ、隼風神社はやちじんじゃが並びます。四所神社ししょじんじゃは、品陀和気尊ほむだわけのみこと(応神天皇おうじんてんのう)と中日賣命なかつひめのみことの御子神みこがみである大雀命おほさざきのみこと(仁徳天皇にんとくてんのう) 、石姫命いしひめのみこと(仁徳天皇にんとくてんのうの妃神きさきがみ)、木之荒田郎女あらたのいらつめ 、根鳥命ねとりのみことを祀まつっています。武内神社たけしうちじんじゃは、景行けいこう・成務せいむ・仲哀ちゅうあい・応神おうじん・仁徳にんとくの5代の天皇に仕つかえたとされる武内宿禰たけしうちのすくねを祀まつっています。隼風神社はやちじんじゃの御祭神ごさいじんは日本武尊やまとたけるのみことです。

社殿しゃでん右手の駐車場に、護国ごこくの英霊えいれいを祀まつる招魂社しょうこんしゃ。山手への参道さんどうを進むと稲荷神社いなりじんじゃ、その参道さんどうの鳥居口とりいぐちに山神社やまがみしゃと大多羅知女神社おおたらちねじんじゃが門守社かどもりしゃ的に鎮座ちんざしています。稲荷神社いなりじんじゃの御祭神ごさいじんは、宇賀魂命うかのたまのみこと(天鈿女命あめのうずめのみこと)、大宮賣命おおみやのめのみこと、猿田彦命さるたひこのみこと。鳥居の向かって右側の社やしろは山神社やまがみしゃで大山祇命おおやまつみのみことが祀まつられています。左側の社やしろの大多羅知女神社おおたらちねじんじゃは、息長帯比賣命おきながたらしひめのみこと(神功皇后じんぐうこうごう)を祀まつっています。
          由緒書きより

早朝の参拝の為、御朱印はいただけませんでした。

鹿児島神宮の建物その他鹿児島神宮の手水鹿児島神宮の手水鹿児島神宮の建物その他鹿児島神宮の本殿鹿児島神宮の本殿鹿児島神宮(鹿児島県)鹿児島神宮の建物その他鹿児島神宮の末社鹿児島神宮の建物その他鹿児島神宮(鹿児島県)鹿児島神宮(鹿児島県)鹿児島神宮の本殿鹿児島神宮の建物その他鹿児島神宮の建物その他鹿児島神宮(鹿児島県)鹿児島神宮の本殿鹿児島神宮(鹿児島県)鹿児島神宮の建物その他鹿児島神宮の建物その他鹿児島神宮の芸術鹿児島神宮の芸術鹿児島神宮(鹿児島県)鹿児島神宮の建物その他鹿児島神宮(鹿児島県)鹿児島神宮の建物その他鹿児島神宮の自然鹿児島神宮の建物その他鹿児島神宮の建物その他鹿児島神宮(鹿児島県)鹿児島神宮の末社鹿児島神宮(鹿児島県)鹿児島神宮(鹿児島県)鹿児島神宮(鹿児島県)鹿児島神宮の建物その他鹿児島神宮の建物その他鹿児島神宮の鳥居鹿児島神宮の建物その他鹿児島神宮の建物その他鹿児島神宮の景色鹿児島神宮の自然鹿児島神宮の建物その他鹿児島神宮の自然鹿児島神宮の末社鹿児島神宮の歴史鹿児島神宮の建物その他鹿児島神宮の鳥居
もっと読む
投稿をもっと見る(48件)

鹿児島神宮の基本情報

住所鹿児島県霧島市隼人町内2496-1
行き方
アクセスを詳しく見る
名称鹿児島神宮
読み方かごしまじんぐう
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
ホームページhttps://kagoshima-jingu.jp
絵馬あり

詳細情報

ご祭神《主》天津日高彦穂穂出見尊,豊玉比売命,《配》帯中比子尊,息長帯比売命,品陀和気尊,中比売命
体験一の宮

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー