御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※健田須賀神社ではいただけません
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

惣一郎
2021年10月01日(金)
961投稿

健田須賀神社(たけだすが~)は、茨城県結城市にある神社。旧社格は県社。明治時代に健田神社と須賀神社を合祀しているが、このうち健田神社は式内社。祭神は武渟川別命(たけぬなかわわけ;旧健田神社祭神)と須佐之男命(すさのお;旧須賀神社祭神)。

健田神社は、創建は不詳。社伝によると、結城国造の武田臣が祖神の武渟川別命を祀ったのが始まり。武渟川別命は四道将軍の一人として東国を平定・開拓した人物。平安時代の927年に編纂された『延喜式神名帳』に記載されている「下総国 結城郡 健田神社 小」に比定されている。江戸時代中期の1764年に結城本郷小塙村にある結城氏の菩提寺・乗国寺の境内に遷座した。
須賀神社は、鎌倉時代の1242年、当地領主・結城氏が尾張国津島神社を勧請して「天王社」として創建。室町時代の1343年、結城直朝が結城七社を定め、当社を結城郷の総社とした。明治時代に入り、社号を「天王社」から「須賀神社」に改称し、その後健田神社を合祀して「健田須賀神社」と称した。近代社格制度の下、郷社に列格、その後県社に昇格した。

当社は、JR水戸線・結城駅の北方500mほどの、市街地の中にある。周辺は明治以降昭和期まで栄えたであろう古い街並みがところどころ残る雰囲気の良いエリアにあって、境内の接する道は「健田通り」と言う通り、昔から地元に根付いていることが分かる。境内は広いが、区画の道沿いは他に転用されている。神主さん常駐で、安心して参拝、祈祷できる街の鎮守といったイメージ。

今回は、(茨城県にあるが)下総国の式内社ということで参拝することに。参拝時は週末の午前中で、地元のご老人が数人参拝に来ていた。

健田須賀神社の鳥居

境内入口の<一の鳥居>と<社号標>。鳥居は、北向きに立っている。

健田須賀神社の手水

参道を進んで左側、二の鳥居近くにある<手水舎>。右側の建物は<神輿庫>。

健田須賀神社(茨城県)

参道を進んで右側、二の鳥居近くにある<結城市戦没者 慰霊碑>。一段高い塀で囲まれた場所に、丁寧に祀られている。

健田須賀神社の鳥居

社殿近くになって<二の鳥居>。

健田須賀神社の本殿

二の鳥居から見た<社殿>全景。なかなか重厚感のある<社殿>は、東向きに立っている。

健田須賀神社の鳥居

南側にある<鳥居>。この南側は道に通じていない。

健田須賀神社の本殿

<拝殿>全景。受験シーズンでもないのに、絵馬の数が非常に多い。

健田須賀神社の本殿

<拝殿>正面。きれいに整っている。

健田須賀神社の本殿

<健田須賀神社>の扁額は、やや左寄りに掛かっていて、中央には<刀剣>が掲げられている。

健田須賀神社の建物その他

拝殿に向かって左手にある<神楽殿>。大きな<縣社昇格紀念碑>とともに。奉納酒は、江戸時代から続く地元結城のお酒<武勇>。

健田須賀神社(茨城県)

拝殿の左手にある<十二社>。室町時代は<結城七社>といい、領主・結城直朝が戦勝祈願をして願いが叶い、以後篤く信仰したとのこと。

健田須賀神社の本殿

造形として整った<本殿>。

健田須賀神社の自然

本殿の左手にある、幹が太くて存在感のある巨木。

健田須賀神社の末社

巨木の左下に鎮座する<甲子稲荷神社>。

健田須賀神社の本殿

新しそうな拝殿に、古い扁額が掛かっていて、良い雰囲気。

健田須賀神社の建物その他

社殿の右手にある<社務所>。御朱印はこちら。

健田須賀神社の本殿

真横からの<社殿>全景。本殿はやや小さく、拝殿と本殿のバランスは良い。

健田須賀神社の本殿

ところどころに使われている金色の金具がアクセントになっている。

健田須賀神社(茨城県)

二の鳥居をくぐってすぐの場所にある<猿田彦大神>の石碑と小祠。

健田須賀神社の鳥居

写真枠外右側に、道路に面した駐車場がある。

もっと読む
オリエント伯爵
2021年08月22日(日)
789投稿

御朱印アルバム Album of "Red Ink Stamps"
https://orientearl.com/

健田須賀神社さんより、御朱印をいただきました。

また、サイトに「御朱印Diary」のページを新設しました。
続いて、サイトに「御朱印Movie」のページも新設しました。
一人でも多くの方に、サイトを訪れてほしく思っております。
ぜひ、サイトもご覧ください♪♪♪

複数の御朱印をいただいても、一度の投稿では1体のみの投稿といたします。
過去の御朱印や、他にいただいた御朱印に興味と関心のある方は、ぜひ、オリエント伯爵のサイトをご覧ください。装飾や文章は省き、アルバム形式で御朱印を掲載しています。

オリエント伯爵

健田須賀神社の御朱印
もっと読む
投稿をもっと見る(42件)

歴史

健田須賀神社は明治3年に健田神社と須賀神社が現在の地に合祀され、健田須賀神社となりました。
健田神社は現在の地より2キロ東南の古代より霊峰筑波山を拝する素晴らしい地にありました。そこで祭りを行った事より日の出から暦を察した場所と考えられます(古代祭祀)。やがて神社の形をあらわし、結城の国造竹田臣の祖神武渟川別命を祀りました。日本最古の公式記録集『延喜式』(927)には下総国11社の一つに記されています。以後宝暦14年(1764)小塙乗国寺と習合し、明治3年神仏分離により須賀神社と合祀しました。
須賀神社は結城家初代朝光公が仁治3年(1242)尾張国の津島神社より御神霊を勧請し、結城家第一の氏神として手厚く祀り、結城家はもとより広く民衆に信仰され、結城の産土神として崇敬されました。特に康永2年(1343)7代直朝公が結城7社を定め、結城108郷の総社として盛観を極めました。18代秀康公(徳川家康次男)は福井移封後も家臣を遣わし変わらずに崇敬しました。
合祀以降、明治5年に郷社、昭和5年に県社昇格。

歴史をもっと見る|
11

健田須賀神社の基本情報

住所茨城県結城市結城195
行き方

JR結城駅北口より徒歩7分

アクセスを詳しく見る
名称健田須賀神社
読み方たけだすがじんじゃ
通称お天王さん、県社
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
ホームページhttp://www.takedasugajinja.com/
SNS

詳細情報

ご祭神《主》武渟川別命,須佐之男命
創建時代明治三年(1870)
ご由緒

健田須賀神社は明治3年に健田神社と須賀神社が現在の地に合祀され、健田須賀神社となりました。
健田神社は現在の地より2キロ東南の古代より霊峰筑波山を拝する素晴らしい地にありました。そこで祭りを行った事より日の出から暦を察した場所と考えられます(古代祭祀)。やがて神社の形をあらわし、結城の国造竹田臣の祖神武渟川別命を祀りました。日本最古の公式記録集『延喜式』(927)には下総国11社の一つに記されています。以後宝暦14年(1764)小塙乗国寺と習合し、明治3年神仏分離により須賀神社と合祀しました。
須賀神社は結城家初代朝光公が仁治3年(1242)尾張国の津島神社より御神霊を勧請し、結城家第一の氏神として手厚く祀り、結城家はもとより広く民衆に信仰され、結城の産土神として崇敬されました。特に康永2年(1343)7代直朝公が結城7社を定め、結城108郷の総社として盛観を極めました。18代秀康公(徳川家康次男)は福井移封後も家臣を遣わし変わらずに崇敬しました。
合祀以降、明治5年に郷社、昭和5年に県社昇格。

Wikipediaからの引用

概要
健田須賀神社(たけだすがじんじゃ)は、茨城県結城市にある神社である。旧社格は県社。明治時代に健田神社と須賀神社を合祀したもので、このうち健田神社は式内社である。 武渟川別命(旧健田神社祭神)と須佐之男命(旧須賀神社祭神)を祀る。
歴史
歴史[編集] 健田神社は、創建の由緒は不詳であるが、結城国造の竹田臣が祖神の武渟川別命を祀ったものと伝えられる。武渟川別命は四道将軍の一人として東国を平定・開拓した人物である。延喜式神名帳に「下総国結城郡 健田神社」として下総国11社のうちの1社として記載され、小社に列している。宝暦14年(1764年)、結城本郷小塙村にある結城家の菩提所である見龍山覺心院乘國寺(曹洞宗)の境内に遷座した。 須賀神社は、当地に封じられた結城氏が、仁治3年(1242年)6月に尾張国津島神社より勧請を受けて「天王社」として創建したものである。康永2年(1343年)、結城直朝が結城七社を定め、当社を結城郷の総社...Wikipediaで続きを読む
引用元情報健田須賀神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%81%A5%E7%94%B0%E9%A0%88%E8%B3%80%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=83975897

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー