神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中

たまかわじんじゃ

玉川神社

北海道 黒岩駅

投稿する
01378-4-5442

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

ぱん吉🍀
2021年08月09日(月)
486投稿

7月連休『玉川神社』参拝 
今までの北海道内の参拝で、最も長い階段を上がったと思います。
近くに『會津白虎隊遥拝所』もあるはずですが、とにかく広い玉川公園の中で発見できず… 残念。草木が茂って静かな境内、熊が出ても驚かない雰囲気でしたので、無理は禁物と諦めました。御朱印は、真駒内神社(せたな町)で拝領です。

《北海道神社庁HPより》
福島県からの入植者が入地する際、青森県岩木神社の祭神坂上苅田麻呂命・坂上田村麻呂命の御分霊を戴き地区中央の高台に社を建立したことに始まる。以前は社殿の他に神楽殿と展望台もあったが、老朽化してしまい展望台だけが残る。当時の例祭は住民総がかりなもので、瀬棚・太櫓・久遠〜八雲・長万部にも広告を出して多くの余興を催していた。最も盛んであった競馬は、遠く八雲・長万部からも来客があり、広い境内は人でうずまる盛況であったという。

玉川神社の建物その他

とにかく長〜い階段
30℃以上の炎天下☀駆け上がる💦

玉川神社の本殿

『本殿』
頑張った先〜美しい姿

玉川神社の建物その他

『巣籠松』推定樹齢680年のイチイ🌲
ハヤブサ等の多くの野鳥が巣作りをしてきたらしい(一の鳥居の側にあります)

玉川神社の景色

山の上の境内は景色も最高✨

玉川神社の芸術

鮮やかな朱に彫刻の金銀が映えていました

玉川神社の建物その他

『扁額』

玉川神社の狛犬

狛犬さん

玉川神社の狛犬玉川神社の歴史

土津神社(福島)から贈られた御神木
札幌の琴似神社を通じて寄贈〜色々な繋がりがあるんだなぁ

玉川神社の鳥居

二の鳥居

玉川神社の建物その他

途中の石碑
どこかから白虎隊遥拝所への道がある筈ですがわからない… 暑いし恐ろしいので捜索断念

玉川神社の鳥居

一の鳥居

玉川神社の建物その他

上から見ると坂道
一の鳥居までの参道も長い

玉川神社の建物その他

山が丸ごと公園ですかね

玉川神社の建物その他
もっと読む
3ta
2019年09月30日(月)
72投稿

玉川神社(タマカワ じんじゃ)。

・御朱印はお気持ちで。 (真駒内神社(せたな町)で頂けます)

駐車場は有り。
・国道230号線沿いの駐車場。(冷水川ラブリバー トイレの看板が目印)
・玉川公園駐車場。(国道230号線、玉川公園駐車場の看板が目印)
 

玉川神社の御朱印玉川神社の建物その他

国道230号線沿いの駐車場傍からの風景。

玉川神社の鳥居玉川神社の建物その他

鳥居の所から見上げた景色。
…途中、寄り道しているので確かでは無いですが、数えた所283段ありました。

玉川神社の鳥居玉川神社の狛犬玉川神社の狛犬玉川神社の建物その他玉川神社の本殿玉川神社の建物その他

階段の途中に会津白虎隊 玉川遥拝所が有ります。
こちらも真駒内神社で御朱印が頂けます。
 
 

もっと読む
投稿をもっと見る(3件)

歴史

明治25年、福島県入植者の丹羽五郎が入地の際、青森県岩木神社の祭神坂上苅田麻呂命・坂上田村麻呂命の御分霊を戴き地区中央の高台に社を建立したことに始まる。社殿は幾度か改築され、昭和16年7月に秋田檜材で改築されたものが現在の社殿である。以前は社殿の他、神楽殿、展望台があったが老朽化してしまい、展望台だけが残っている。当時、例祭は住民総がかりで準備をすすめ、瀬棚・太櫓・久遠はもとより、八雲・長万部にも広告を出して多くの余興を催していた。なかでも競馬は最も盛んで、遠く八雲・長万部からも来客があり、広い境内は人でうずまる盛況であったという。

歴史をもっと見る|
1

玉川神社の基本情報

住所北海道久遠郡せたな町北檜山区丹羽7-5
行き方
アクセスを詳しく見る
名称玉川神社
読み方たまかわじんじゃ
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号01378-4-5442
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご祭神《主》坂上刈田麿,坂上田村麿
本殿流造
ご由緒

明治25年、福島県入植者の丹羽五郎が入地の際、青森県岩木神社の祭神坂上苅田麻呂命・坂上田村麻呂命の御分霊を戴き地区中央の高台に社を建立したことに始まる。社殿は幾度か改築され、昭和16年7月に秋田檜材で改築されたものが現在の社殿である。以前は社殿の他、神楽殿、展望台があったが老朽化してしまい、展望台だけが残っている。当時、例祭は住民総がかりで準備をすすめ、瀬棚・太櫓・久遠はもとより、八雲・長万部にも広告を出して多くの余興を催していた。なかでも競馬は最も盛んで、遠く八雲・長万部からも来客があり、広い境内は人でうずまる盛況であったという。

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中