参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

いしやまじんじゃ

石山神社の歴史北海道 真駒内駅

石山神社の歴史情報

詳細情報

ご祭神《主》天照大神
ご由緒

当地域は札幌軟石の産地で先住の人を始め内地より採石並に加工の職人が移住し、それぞれ故郷の氏神や職業守護の神を信奉して、その地区ごとに石碑を建てて祀っていた。
明治18年に石山神社として設立しその主なる祭神は、天照大御神、大山祇神、豊受姫神、八幡大神、春日大神等で明治43年現在地に社殿を建立し、祭典を行ってきたが、
町の発展と共に宗教法人に致すべく神社明細書作製に当り設立者並びに世話人の協議の上祭神を天照大御神1柱とし其の他の祭神は従来の石文をもって社殿側面に奉斎する。
現在の社殿は、昭和2年に(総工費2000円)をもって完成現在に至る。尚、平成18年より南区初の神職常駐となる。

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る
神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!