御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ホトカミを続けていくために、
あなたのサポートが必要です〈特典あり〉
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2024年5月
黄金龍神社(桂不動)ではいただけません
広告

こがねりゅうじんじゃ

黄金龍神社(桂不動)
北海道 真駒内駅

御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
-

黄金龍神社(桂不動)について

札幌の奥座敷「定山渓温泉」の手前の「小金湯温泉」には2件の温泉があり、日帰り温泉施設「湯元小金湯」の駐車場内にある小さな神社です。

北海道のおすすめ3選🎏

広告

おすすめの投稿

meme
2018年11月25日(日)
947投稿

128年ぶりに遅い初雪の翌日、雪が降ったので温泉(^з^)-(^з^)-☆と小金湯へ。何時もと違う位置に車停めたら目の前に鳥居!温泉施設の個人所有のものかと調べたらそうでもあり、そうでもなさそうな、管理は温泉の方がしっかりしてるようです。

黄金龍神社(桂不動)の自然

定山渓温泉を広めた美泉定山が仮眠したさい樹霊が夢枕に現れ、霊泉が湧くと御告げがあったと云われている桂の木

黄金龍神社(桂不動)の末社
黄金龍神社(桂不動)の末社
黄金龍神社(桂不動)の地蔵
黄金龍神社(桂不動)の歴史
黄金龍神社(桂不動)の仏像

明治26年に中谷彌三右衛門さんが桂の木の下に不動明王を祀り桂不動と言われるようになったらしい

黄金龍神社(桂不動)の地蔵

子孫の方が札幌市内に放置されていた地蔵を集めて供養されています。このお地蔵様たちは台座のところに個人名が刻んであるのです。女性の名前が多いのです。

黄金龍神社(桂不動)の本殿

鳥居に向かっ立つと斜め左後ろにあります。

黄金龍神社(桂不動)の本殿
もっと読む
投稿をもっと見る(3件)

黄金龍神社(桂不動)の基本情報

住所北海道札幌市南区小金湯25番地
行き方

定鉄バス「小金湯」下車。小金湯温泉送迎バス。

アクセスを詳しく見る
名称黄金龍神社(桂不動)
読み方こがねりゅうじんじゃ

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

御朱印背景
行きたい
投稿する
お問い合わせ
ホトカミを続けるために、あなたのサポートが必要です。

ホトカミで困ったこと、不具合のご報告はこちらから

お問い合わせ