御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※岩見澤神社ではいただけません

いわみざわじんじゃ

岩見澤神社

北海道 岩見沢駅

投稿する
0126-22-0180

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり

おすすめの投稿

てまぽん
2022年05月22日(日)
153投稿

今日は、随分と早く目が覚めました。
昨日の内に家事は全て終わっています。何もする事が無い・・・。
天気は良いですけれど、風は強いですねぇ。
でも、石狩國一の宮の岩見澤神社さまへオートバイでお詣りに行くことにしますか(何せ、前の氏神さまの札幌白石神社さまは、御朱印やっていないので)。
ワタシが住んでいるのは札幌市東区。高い金を取られるので高速道路は使いたくない。
だからと言って、国道12号線をマトモに行くと、札幌市白石区・厚別区内・江別の各市街地のマチのど真ん中を行くことになり、非常に混雑します。
と言う事で、国道275号線を、江別市の石狩川に架かる大橋の手前まで行き、そこから曲がって石狩川のふちを行き、江別市・江別市街地の札幌側とは反対の端の国道12号線に出て、岩見沢に行く道を選びました。
岩見澤神社さまに着いた所、正面第一鳥居の所にある歩道には段差があって、車両は乗り入れることが出来ません。
鳥居右手(北)の方の路地に入って行くと、「北参道」と言う道があり、そこから車両を入れることが出来、社務所の前の駐車場に駐車することが出来ました。
御朱印をもらってきたのですが・・・。
宮司さんは「日めくりカレンダー」を見て御朱印の日付を記入します。
それが、朝早いせいか、気づいていないのか、日めくりのカレンダーがめくられておらず、昨日のままです。
あぁ、「参拝日」は昨日の日付で書かれてしまいました。
最近、「当たり」が多いなぁ。

岩見澤神社の御朱印

御朱印

岩見澤神社の本殿

本殿

岩見澤神社の建物その他

社務所・駐車場

もっと読む
惣一郎
2022年08月01日(月)
1055投稿

【北海道 古社巡り】

岩見沢神社(いわみざわ~)は、北海道岩見沢市12条西1丁目にある神社。旧社格は県社。祭神は天照大神、大己貴神。石狩一宮と称される。

1885年に山口県、鳥取県などからの入植者が神祭を行ったことに始まる。1886年に小祠が建てられたが、1896年に社殿を焼失。1897年に現在地に社地の寄進を受け社殿を造営し遷座した。1932年には県社に列格し、新社殿が造営された。

当社は、JR函館本線・岩見沢駅の南東1.5kmの平地の市街地にある。岩見沢バイパス(国道12号線)の南側にあって、道を挟んで反対側、東側には岩見沢市役所がある。東向きに立つ大きな鳥居から入る境内は社殿までの距離も長く広々として見えるが、旧県社としては意外とコンパクトでほど良い大きさ。石碑類も多いので見て廻るのも面白い。

今回は、北海道の旧県社ということで参拝することに。参拝時は午前中で、自分以外には参拝者は見掛けなかった。

岩見澤神社の鳥居

境内北東端入口の<一の鳥居>と<社号標>。

岩見澤神社の鳥居

一の鳥居をくぐると、さらに複数の鳥居と参道突き当りの<社殿>が見える。

岩見澤神社の鳥居

参道右手にある<水神龍神>。

岩見澤神社の狛犬

参道右側にある<神馬像>。台座には昭和七年(1932年)造立とある。

岩見澤神社の狛犬

神馬像の背後、北参道沿いにある<撫で牛>。

岩見澤神社の鳥居

つづいて<二の鳥居>。

岩見澤神社の狛犬

二の鳥居の左側にある<狛犬>。経年劣化が著しいが、尻尾がずいぶん太いので、かなり古いのかな。

岩見澤神社の狛犬

二の鳥居の右側にある<狛犬>。台座を見ると<明治三十九年(1906年)>の銘。なんと116年物。劣化があっても、これは素晴らしい。

岩見澤神社の建物その他

参道をずんずん進む。参道脇の燈籠も、古そうで個性的な形で良い感じ。

岩見澤神社の手水

参道右側にある<手水舎>。

岩見澤神社の狛犬

石製瑞垣で囲われた神域手前、左側の<狛犬>。鼻がおっきくて個性的。(^_^;)

岩見澤神社の狛犬

神域手前、右側の<狛犬>。台座には<大正二年(1913年)>の銘。108年物!

岩見澤神社の鳥居

注連縄が架かった<三の鳥居>をくぐって社殿に向かう。

岩見澤神社の本殿

<拝殿>全景。横に大きく、かなり立派な構え。

岩見澤神社の本殿

<拝殿>正面。扁額は外側に掛かっている。

岩見澤神社の建物その他

拝殿から振り返って境内全景。(鳥居の奥に見えるのが岩見沢市役所。)

岩見澤神社の本殿

拝殿後ろの<本殿>。

岩見澤神社の本殿

斜めから<社殿>全景。

岩見澤神社の建物その他

拝殿の右手、少し離れたところにある<社務所>。御朱印はこちら。

岩見澤神社の建物その他

境内には石柱が多く立っているので見て廻る。こちらは、、、?(字が読めない...(^_^;))

岩見澤神社(北海道)

こちらは<明治神宮御造営奉仕記念碑>。

岩見澤神社の建物その他

こちらは<吟魂碑>。

岩見澤神社の建物その他

こちらは<忠魂碑>。

岩見澤神社の建物その他

最後に<海軍鎮魂之碑>。故中曽根康弘元首相の筆。錨のモニュメントが添えられている。(^▽^)/

もっと読む
投稿をもっと見る(25件)

歴史

明治17・8年の両年にわたり、山口・鳥取等12県の士帰農者277世帯が開拓に入地、18年秋8月総入地を機会に今の元町幾春別川左岸に多数の村民が参加して神祭を行ったのが当社の始めである。翌19年小祠を建て心の寄り所として氏神祭を最大の年中行事とし、人心の安定の下に着々開拓の歩を進め今日隆盛の基礎をつくった。29年の大火により社殿も焼失したが翌30年敬神家石黒長平より1800坪の寄進を受け現在地に造営、9月14日2代目社殿の上棟祭を挙行、爾来9月15日を例祭日とす。明治39年に東向に新殿を造営境内も次々と拡張し、昭和7年県社に列格と共に4代目社殿の造営をみる。昭和56年創祀95年に際し北海道初の薪能を奉納、昭和61年創祀百年を奉祝し耐火構造の社殿・社務所を造営し盛大に奉祝祭を斎行し、その後手水舎・石玉垣も新造しいよいよ崇敬の実も上っている。
 

歴史をもっと見る|
7

岩見澤神社の基本情報

住所北海道岩見沢市12条西1丁目3
行き方

JR岩見沢駅より2㎞徒歩20分 
市内循環バス市役所前下車徒歩2分

アクセスを詳しく見る
名称岩見澤神社
読み方いわみざわじんじゃ
参拝時間

8:30~17:00

御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0126-22-0180
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.hokkaidojinjacho.jp/data/05/05004.html
絵馬あり

詳細情報

ご祭神《主》天照大神,大己貴神
本殿神明造
文化財

・第59回式年遷宮撤下神宝 1,梓御弓 2,御鏡 3,革御靱
・その他 開村記念「岩見沢紀碑」 市
・岩見沢神社「環境緑地保護地区」 道

ご由緒

明治17・8年の両年にわたり、山口・鳥取等12県の士帰農者277世帯が開拓に入地、18年秋8月総入地を機会に今の元町幾春別川左岸に多数の村民が参加して神祭を行ったのが当社の始めである。翌19年小祠を建て心の寄り所として氏神祭を最大の年中行事とし、人心の安定の下に着々開拓の歩を進め今日隆盛の基礎をつくった。29年の大火により社殿も焼失したが翌30年敬神家石黒長平より1800坪の寄進を受け現在地に造営、9月14日2代目社殿の上棟祭を挙行、爾来9月15日を例祭日とす。明治39年に東向に新殿を造営境内も次々と拡張し、昭和7年県社に列格と共に4代目社殿の造営をみる。昭和56年創祀95年に際し北海道初の薪能を奉納、昭和61年創祀百年を奉祝し耐火構造の社殿・社務所を造営し盛大に奉祝祭を斎行し、その後手水舎・石玉垣も新造しいよいよ崇敬の実も上っている。
 

体験おみくじ絵馬御朱印お守り一の宮

Wikipediaからの引用

概要
岩見沢神社(いわみざわじんじゃ)は、北海道岩見沢市にある神社である。旧社格は県社。石狩一宮と称される。
歴史
歴史[編集] 明治17年(1884年) - 山口県・鳥取県ほか12県下の士族277戸が当地に移住。 明治18年(1885年)8月 - 村民が集まって神祭を行い、北海道 (令制)石狩国空知郡に創建。 明治19年(1886年) - 小祠が建てられる。 明治29年(1896年) - 大火で社殿を焼失。 明治30年(1897年) - 現在地に社地の寄進を受けて2代目の社殿を造営し、遷座。 2代目社殿の上棟祭が9月14日であったことから、以降例祭は9月15日に行うこととなる。 昭和7年(1932年) - 県社に列格。4代目の社殿を造営。 昭和56年(1981年) - 創祀95年に際し、北海道初の薪...Wikipediaで続きを読む
引用元情報岩見沢神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%B2%A9%E8%A6%8B%E6%B2%A2%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=82762569

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy andTerms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー