参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

ちとせじんじゃ

千歳神社の歴史北海道 千歳駅

千歳神社の歴史情報

詳細情報

ご祭神豊受姫大神(とようけひめのおおかみ) 伊智伎志摩比売命(いちきしまひめのみこと)
ご由緒

 松前藩資料福山秘府によると、「弁財天小社東夷地、志古津、万治元戌造営、同3年神体ヲ安置」とあり、万治元年(1658)に弁天堂が建立され、享和3年(1803)に樺太南部探険に功績のあった勇払詰所役人高橋治太夫が、思古津場所の守護神として、京都伏見から正一位思古津稲荷大明神を奉斎し、文化2年(1805)に思古津場所の鮭漁が栄んになるに従って、さらに弁財天が勧請された。この文化2年に奉られた弁財天の御厨子の裏に、箱館奉行羽太正養により「死骨」(シコツ)から「千歳」と改称された由来が書かれ、この地を千歳と改め、明治8年主祭神を豊受姫大神とし、同年郷社に列し、大正6年稲荷社を千歳神社と改称して、昭和51年現社殿を造営し、今日に至っている。
 

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る
おうちでも、神社お寺が身近に

各地で外出自粛のムードが高まっています。
私たち神社お寺の検索サイト「ホトカミ」は、これまで通り神社お寺の情報をお届けすることで、少しでも皆さんの気持ちが明るくなれば嬉しいです。

自宅でお参りの計画を立てやすくなるよう、行きたいメモ、検索機能もアップデートしました。
「落ち着いたらここにお参りしよう」と楽しみを増やして、乗り越えていきましょう。

また、ずっと家にいると運動不足になってしまいます。
現在地検索マップで近くの神社やお寺を見つけ、散歩もかねてお参りしてはいかがでしょうか?

ホトカミには、全国の神主さんお坊さんからの、神社お寺の日常やほっこりする季節の投稿も集まっています。
おうちでも、神社お寺を身近に感じていただけますように。