神社お寺の検索サイト楽しみ方

いちきしりじんじゃ

市来知神社

公式北海道 峰延駅

投稿する
01267-2-2071

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

おすすめの投稿

おがまん@小笠原章仁
2022年04月20日(水)
634投稿

当初の予定では、地域の神社を巡ってから昼食をとり、午後に市来知神社を参拝するつもりでした。
ですが小雨がぱらつき始めたため予定を変更し、まっすぐ市来知神社を目指すこととしました。

市来知神社には11時過ぎに到着しました。
手水舎に行くと、柄杓が置いてありました。
コロナ禍では柄杓が撤去されているところが多いので、柄杓を見ただけで嬉しくなりました。
手水舎には可愛いフクロウもいました。

市来知神社を参拝するのは2度目となります。
前回は平成31年4月30日。
平成最後の日に、室蘭から美瑛に向かう途中で参拝しました。
令和になって初めての市来知神社参拝です。

拝殿で参拝をしてから社務所に向かいました。
兼務社である幾春別神社の御朱印もできたとのことで、市来知神社と幾春別神社の御朱印をお願いしたところ、幾春別神社の印は現在手元にないとのことでした。
ただ書置きの御朱印が1枚あったので、こちらに日付を入れていただけました。

大変気さくな宮司さんで、いろいろお話をさせていただき、ありがとうございました。

市来知神社(北海道)

手水舎

市来知神社(北海道)

フクロウと柄杓

市来知神社(北海道)

鳥居

市来知神社(北海道)

昭和9年に奉納された狛犬さん(阿形)

市来知神社(北海道)

昭和9年に奉納された狛犬さん(吽形)

市来知神社(北海道)

拝殿

市来知神社(北海道)

扁額

市来知神社の本殿

拝殿内

もっと読む
ぱん吉🍀
2021年12月08日(水)
486投稿

『市来知神社』 
フクロウの御朱印が素敵な神社さんですが、夏には小型の梟「アオバズク」が飛来するそうです。
来年は是非シーズンに伺いたい(*´ω`*) 
姿を消してしまったエゾフクロウも、また帰って来ますように☆
エゾリスにシマリス~随分とリスさんに楽しませていただいた一年でした、、
来年はフクロウさんにお会いできるように、リサーチしての参拝を試みようかと思います!

こちらの市来知神社さん、広々とした綺麗な境内、手水舎のフクロウさんも可愛いらしい♡
一ノ鳥居から続く長い参道、前回の雪の参道とは違う雰囲気も素敵でした。

この日は、所用で遠征して来ていた妹の要望でこちらへ参拝。御朱印を以前いただいた私は車で待っていましたら、戻り見せられた御朱印のフクロウが以前と違う!しかも兼務社の幾春別神社の御朱印も拝領!!フクロウさんのお写真までいただいて、、ちょっとビックリしました。社務所に戻る時間も無かったので私はリトライへ。

市来知神社の建物その他

広々境内はとても綺麗です

市来知神社の御朱印

フクロウ印、バリエーション豊富です
(右は前に私が拝領した御朱印)

市来知神社の動物

こちらがエゾフクロウだそう
(近くの方が撮影された写真らしいです)

市来知神社の動物

夏に飛来するアオバズクだそうです
(こちらも妹の拝領写真を更に撮影)

市来知神社の手水

手水舎のフクロウさん
3羽目の隠れフクロウさんが可愛い♡

市来知神社の手水

手水舎

市来知神社の本殿

本殿

市来知神社の建物その他

「イチキシリ」こちらもアイヌ語由来なので、なかなか読めない

市来知神社(北海道)

ニノ鳥居

市来知神社(北海道)市来知神社(北海道)市来知神社の建物その他

一ノ鳥居と二ノ鳥居の中間のこの位置で道路を挟みます

市来知神社(北海道)

後ろの遠くに見えるのは一ノ鳥居

もっと読む
ぱん吉🍀
2021年02月10日(水)
486投稿

市来知(いちきしり)、アイヌ語由来の旧村名だそうで、なかなか読めませんね。 
梟に会えるのか🦉御朱印にも愛らしい姿。社務所には、沢山の写真がありました。

参拝時〜轟音とともに、屋根から大量の落雪!雪崩の様な迫力の瞬間に遭遇😲 

一ノ鳥居から、道路をはさんで二ノ鳥居へと向かいます。とても広々とした境内。 
本殿もきれいですが、社務所はコテージかと思う素敵な建物です

近くにある「市来知地神宮」にも行きたかったのですが、周囲の雪深さに断念。
やっぱり、春にまた伺わなければ🌸次は、梟にも会えたら嬉しいな。 
(*˘︶˘*).。.:*♡

【御祭神】
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
豊宇気毘賣神(とようけひめのかみ)
大山祇神(おおやまつみのかみ)
大國主神(おおくにぬしのかみ)
倉稲魂神(うかのみたまのかみ)
大國魂神(おおくにたまのかみ)
少彦名神(すくなひこなのかみ)

市来知神社の鳥居

一ノ鳥居の横には、とても大きいな石燈籠(鳥居は小さくありません、灯籠が大きいのです)

市来知神社の本殿

本殿〜両サイドの雪が雪崩の様に落ちる、迫力の瞬間に遭遇

市来知神社の建物その他

沢山のフクロウさんの写真

市来知神社(北海道)

アマビエの絵馬〜写真ボケて残念

市来知神社の鳥居

二ノ鳥居

市来知神社の本殿市来知神社の建物その他市来知神社の建物その他

コテージみたいに素敵な社務所

市来知神社の歴史

由緒書

市来知神社の建物その他

社号標〜埋まっています😅

もっと読む
投稿をもっと見る(12件)

歴史

明治15年(市来知村開村と同時)達布山に小祠を建立したことに始まる。明治18年6月6日集治監による農耕の祭祀を達布山に於いて斎行、同19年には現在地に境内を定め神殿を建て7月7日遷座祭並びに初めて例大祭を執り行う。同21年10月10日無格社に列せられ社名を市来知神社と称え、競馬場も新たに完成、同34年集治監廃監後例祭日を8月5日に、同42年から9月5日に変更する。大正5年社殿改築社務所新築鳥居建設し同9年9月6日村社に昇格。昭和16年神社及社務所を造営、同18年11月19日郷社に昇格した。同21年宗教法人令により法人神社の登記を完了する。同26年幌内太神社合祠、同37年競馬場廃止跡地に三笠市立総合病院を建設(三笠市に用地貸与)、同56年市来知神社創祀百年記念として境内地に演舞場を建設、平成3年神社創祀百拾年祭を奉仕する。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
幌内太神社 創祀不明 昭和26年合祀

歴史をもっと見る|
2

市来知神社の基本情報

住所北海道三笠市宮本町488
行き方

JR岩見沢駅より中央バスにて「宮本町」下車、「市立病院前」下車、「市立病院」下車3分

アクセスを詳しく見る
名称市来知神社
読み方いちきしりじんじゃ
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号01267-2-2071
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神《主》天照大神,《配》大山祇神,豊受比売神
創建時代明治15年(1882)
本殿神明造
ご由緒

明治15年(市来知村開村と同時)達布山に小祠を建立したことに始まる。明治18年6月6日集治監による農耕の祭祀を達布山に於いて斎行、同19年には現在地に境内を定め神殿を建て7月7日遷座祭並びに初めて例大祭を執り行う。同21年10月10日無格社に列せられ社名を市来知神社と称え、競馬場も新たに完成、同34年集治監廃監後例祭日を8月5日に、同42年から9月5日に変更する。大正5年社殿改築社務所新築鳥居建設し同9年9月6日村社に昇格。昭和16年神社及社務所を造営、同18年11月19日郷社に昇格した。同21年宗教法人令により法人神社の登記を完了する。同26年幌内太神社合祠、同37年競馬場廃止跡地に三笠市立総合病院を建設(三笠市に用地貸与)、同56年市来知神社創祀百年記念として境内地に演舞場を建設、平成3年神社創祀百拾年祭を奉仕する。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
幌内太神社 創祀不明 昭和26年合祀

体験おみくじ七五三御朱印お守り

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
投稿する
お問い合わせ