参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

ちばじんじゃ

千葉神社千葉県 葭川公園駅

ちばじんじゃ

千葉神社千葉県 葭川公園駅

千葉県 千葉市中央区院内1-16-1
御朱印あり

御朱印・御朱印帳

妙見本宮千葉神社の御朱印と摂社千葉天神の御朱印、1月1日から2月3日までいただける初詣の限定御朱印があります。
御朱印帳は表面に天の川が描かれたデザイン。

御朱印をもっと見る(144枚)

願いごとが叶う御神水がテイクアウト自由!


一口いただけば良いことが起こると古くからいわれている霊泉「妙見延寿の井」の御神水が自由に汲めます。ただしマナーを守って1人2リットルまでにしましょう。JR千葉駅から徒歩10分と便利なのも嬉しいですね。

すべての星を司る王


天の中心である北極星の神様が御祭神。日天楼で陽気と活力、月天楼で浄化と長寿の御利益も授かれます。オールマイティーに厄除開運の効果があるので、決断や勝負事がある時に訪れたいところです。

触れれば縁結びになる御力石


男女の星を巡り合わせ、結びつける御利益もあるこちらの千葉神社には、触れると縁結びのパワーをいただける北辰石・三光石・四儒拾五縁石の3つの石もありますよ。

オススメの投稿

千葉神社は、千葉県千葉市中央区にある神社。旧社格は県社。別称は「妙見本宮」で、北辰妙見尊星王の本宮の意。 創建は平安時代中期、千葉氏の守護神である北辰妙…続きを読む

19

1/1~2/3まで、初詣限定版の御朱印あり、通常版は、2/4~12/31に御朱印拝受。 駐車場は、参拝者用としては、なかったですので、交番裏、一方通行に…続きを読む

30

御祭神は妙見様。で、神社なの…?とお社もそんな雰囲気満載な佇まい。 調べると御祭神である妙見様は北斗七星を神格化した中国の神様であり、仏教として日本に入り、…続きを読む

10

8/16~8/22に最も大きなお祭りの妙見大祭(みょうけんたいさい)が行われ、この一週間は「何か一言願をかければ、その願いは必ず達成される」とのこと。 20…続きを読む

19

マツコの知らない世界でやった「月刊ムーの世界」。そこで最強のパワースポットと紹介されていた千葉神社。 「ええっ、そうなの?」とHPを見ると、8/16~8/2…続きを読む

6

投稿をもっと見る(68件)

アクセス

住所千葉市中央区院内1-16-1
Googleマップで地図を開く
エリア葭川公園駅
近くの駅

◼︎千葉都市モノレール1号線
栄町駅から直線約480m
徒歩約11分
車で約2分
Googleマップで確認



◼︎千葉都市モノレール1号線
葭川公園駅から直線約490m
徒歩約11分
車で約2分
Googleマップで確認



◼︎JR総武本線
東千葉駅から直線約590m
徒歩約14分
車で約2分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

千葉神社について

基本情報

名称千葉神社
読み方ちばじんじゃ
通称妙見様
御朱印あり
御朱印帳あり
御朱印について

妙見本宮千葉神社の御朱印と摂社千葉天神の御朱印、1月1日から2月3日までいただける初詣の限定御朱印があります。
御朱印帳は表面に天の川が描かれたデザイン。

ホームページhttp://www.chibajinja.com/index.html

詳細情報

ご祭神《主》北辰妙見尊星王(天之御中主大神),《配》経津主神,日本武尊
ご由緒

平安時代末期、関東南部を広く統治した平良文(たいらのよしぶみ)は、戦のたびごとに妙見様に祈願してその御加護をいただき、常に大勝利を収めておりました。この良文公を祖とする千葉氏は、一族郎党の守護神として妙見様を各地にお祀りし、代々熱烈な信仰を捧げてまいりました。
千葉氏の三代目である平忠常(たいらのただつね)の頃、千葉の地にお祀りされていた香取神社の境内:香取山(かんどりやま)の一画に、千葉氏によって妙見様の御分霊(=分身)をお祀りする祠が建てられました。(年代不詳)
この祠に、眼の病気を患った第66代・一条天皇が眼病平癒の願を掛けたところ、即座に病が完治したことから、一条天皇は薄墨の御綸旨と「北斗山金剛授寺」という寺号を贈って感謝のお気持ちを示されました。
忠常公は、賜った貴い寺号に見合うようにと伽藍一切を整備し、自らの次男・覚算(かくさん)を大僧正に就け、長保2年(西暦1000年)旧暦9月13日、「北斗山金剛授寺」を中興開山しました。
千葉氏はその後、関東南部における勢力範囲を徐々に拡大し、千葉氏の七代目・常重(つねしげ)の頃になると関東地方の有力な豪族へと発展します。当時、一族の本拠地であった大椎城(現:若葉区大椎)が手狭になったことを契機とし、陸運・海運の要衝であった千葉の街へと移転することとなりました。
大治元年(1126年)、千葉の街の中にあって攻め難く守り易い亥鼻山に亥鼻城(現:中央区亥鼻)を構え、恒久的な本拠地整備へと進みます。この移転に伴い、それまで惣領の住む城内でお祀りされていた妙見様の御本霊(=御神体)を北斗山金剛授寺にお遷しし、以前からお祀りされていた御分霊と合祀してお祀りすることとなりました。
御本霊の遷座の翌年である大治2年(1127年)、妙見様の御分霊をお神輿に乗せて亥鼻城の麓に向かう「妙見大祭」が始まり、それ以来一度も休むことなく現代に続いています。
千葉氏とも縁の深い源頼朝は当社に参詣し、自筆の願文・太刀・武具などを奉納して平家打倒を願い、ついに武運を開くに至りました。また日蓮上人が宗門弘通の誓願をたてて当社に参籠した際、有難い奇瑞をいただき「この妙見尊こそ、わが宗門の守護神である」と讃嘆され、誓願成就の後に自筆の細字法華経を奉納されました。
徳川家康も当社に深く崇敬の誠を捧げ、大久保岩見守に命じて祭祀の料田として永代二百石を寄進するとともに、将軍との謁見が許される格式(十万石の大名と同等)を賜り、以後代々の徳川将軍家より神領・特権を許されました。江戸時代には「千葉の妙見寺」「尊光院」などの通称でも呼ばれるようになりました。
幕末を経た明治2年(1869)、明治政府が発した「神仏分離令」により、当時曖昧であった神社と寺院の区分を明確に区別することとなりました。僧侶・総代・氏子らの協議の末、妙見大祭の神輿渡御が神社の様式であったことから、数百年続く祭礼を継承すべく「千葉神社」と改称して神社となり、今日に至ります。
厄除開運・八方除の守護神である妙見様の本宮としてその御霊徳はいよいよ高く輝き、千葉の妙見様として四方八方にあまねく知られ全国の善男善女から深い尊崇を集めています。

体験

Wikipediaからの引用

概要
千葉神社(ちばじんじゃ)は、千葉県千葉市中央区にある神社。旧社格は県社。神紋は三光紋(月星)、社紋は九曜紋。別称は北辰妙見尊星王の本宮を意味する「妙見本宮(みょうけんほんぐう)」。
行事
智の輪くぐり神事の智の輪 1月1日 - 3日 初詣 1月3日 はしご乗り 1月中成人の日を含む土日および翌週土日 通りぬけ神事(千葉天神三大神事) 1月25日 - 2月3日 うそ替え神事(千葉天神三大神事) 1月10日、5月10日、9月10日 金刀比羅宮ならびに西之宮例祭 2月3日 節分祭 3月25日 - 4月中旬 智の輪くぐり神事(千葉天神三大神事) 5月25日 神恩祭 6月30日 夏越大祓式 7月7日 七夕祭 8月16日 - 22日 妙見大祭(例祭) 11月中酉の日 お酉さま 12月28日 納めの妙見 12月31日 年越大祓式 妙見大祭 例祭として妙見大祭が毎年8月16日から一週間行...Wikipediaで続きを読む
引用元情報千葉神社」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%8D%83%E8%91%89%E7%A5%9E%E7%A4%BE&oldid=78395077
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
ログインすると情報を追加/編集できます。

最終更新: 2021年01月03日byKouta


アクセス

住所千葉市中央区院内1-16-1
Googleマップで地図を開く
エリア葭川公園駅
近くの駅

◼︎千葉都市モノレール1号線
栄町駅から直線約480m
徒歩約11分
車で約2分
Googleマップで確認



◼︎千葉都市モノレール1号線
葭川公園駅から直線約490m
徒歩約11分
車で約2分
Googleマップで確認



◼︎JR総武本線
東千葉駅から直線約590m
徒歩約14分
車で約2分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express
何かお気づきの点はありますか?