神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中

せいとくじ|曹洞宗天神山

清徳寺

秋田県 二ツ井駅

投稿する
0185-73-2450

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
なし
パーキング
駐車場
あり

門前に1台停められる。

清徳寺について

戊辰戦争肥州藩八勇士の墓


参道を入ってすぐ左に折れた突き当りにあります。供養塔は墓苑の中央の奥になります。明治天皇ご巡幸の折、大隈重信を代拝させる。鍋島直紹が来拝している。

能代の古木・名木


共に樹齢400年を超える清徳寺のケヤキ・清徳寺のイチョウがある。他にも巨木が多数見受けられる。

おすすめの投稿

nijinsky1967
2020年03月15日(日)
13投稿

戊辰戦争の肥州藩八勇士の墓をお参りしてきました。

清徳寺の山門清徳寺の建物その他

"戊辰役肥州八勇士之墓有り"の石碑

清徳寺の建物その他清徳寺の建物その他

小笠原洋々の句碑(摩滅して読めません)
"天の河はるかに風をおとし来る"

清徳寺の建物その他

肥州藩八勇士の墓の案内板

清徳寺の歴史

戊辰戦争の説明

清徳寺のお墓

戦没者の供養塔と墓

清徳寺の自然

清徳寺のイチョウ

清徳寺の自然

清徳寺のケヤキ

もっと読む
投稿をもっと見る(1件)

歴史

清徳寺は、もとは真言宗で太平山長谷寺と称して荷上場にありましたが、佐竹候が秋田へ遷封された後、佐竹候の菩提寺である天徳寺の末寺として曹洞宗に改宗、天徳の二字を分けて天神山清徳寺と称しました。天徳寺11代検外観察大和尚を開山とし、梅津政景公を開基としたものです。その後数度の水禍を受けて比井野に移り、明和4年(1767)小沢山下へ、安永元年(1772)の火災のあと、山根へ移りました。天明6年(1786)、昼火事の災難に遇い再び比井野の現在地に復したといわれる。

歴史をもっと見る|
1

清徳寺の基本情報

住所秋田県能代市二ツ井町字比井野80
行き方
アクセスを詳しく見る
名称清徳寺
読み方せいとくじ
電話番号0185-73-2450
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

山号天神山
宗旨・宗派曹洞宗
開山・開基開山(天徳寺11代検外観察大和尚)・開基(梅津政景)
ご由緒

清徳寺は、もとは真言宗で太平山長谷寺と称して荷上場にありましたが、佐竹候が秋田へ遷封された後、佐竹候の菩提寺である天徳寺の末寺として曹洞宗に改宗、天徳の二字を分けて天神山清徳寺と称しました。天徳寺11代検外観察大和尚を開山とし、梅津政景公を開基としたものです。その後数度の水禍を受けて比井野に移り、明和4年(1767)小沢山下へ、安永元年(1772)の火災のあと、山根へ移りました。天明6年(1786)、昼火事の災難に遇い再び比井野の現在地に復したといわれる。

体験有名人のお墓

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
投稿する
お問い合わせ