参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

よろいじんじゃ

鎧神社秋田県 二ツ井駅

よろいじんじゃ

鎧神社秋田県 二ツ井駅

秋田県 能代市二ツ井町字家後62付近

藤原泰衡伝説の鎧


平泉の藤原4代目泰衡公が源頼朝の謀略により追討され、北方に逃れる際に鎧を脱いで置いていったといわれています。

例祭・神事

5月3日(例祭)

アクセス

住所能代市二ツ井町字家後62付近
Googleマップで地図を開く
エリア二ツ井駅
駐車場なし
近くの駅

◼︎JR奥羽本線
二ツ井駅から直線約1.22km
徒歩約29分
車で約6分
Googleマップで確認



◼︎JR奥羽本線
富根駅から直線約5.29km
徒歩約2時間6分
車で約26分
Googleマップで確認



◼︎JR奥羽本線
前山駅から直線約7.03km
徒歩約2時間48分
車で約35分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express

鎧神社について

基本情報

名称鎧神社
読み方よろいじんじゃ
御朱印なし
御朱印帳なし

詳細情報

ご祭神泉の冠者泰衡乃霊,豊受姫神
ご神体藤原泰衡の鎧
創建時代創建不詳
ご由緒

『ある秋の朝、槻ノ木村の一人の百姓が目を覚まし、小便に起きた。そして槻ノ木の方を見ると、まだ霧のおりているその大木の根かたにキラキラと光るものが置かれてある。いぶかりながら傍へ寄ってみると、それは一かさねの大きな鎧であった。驚いた百姓はそれを取り納め、以来鎧は槻ノ木村の神様として祀られるようになった。』
 その昔、奥羽平泉の藤原泰衡が源頼朝に攻められ、平泉から比内のにえの棚に落ちてゆくが、そこで部下の河田次郎の裏切りにあって討たれてしまう。鎧はその泰衡のものとされている。
 鎧神社は天保十二年に建立されたが、其の後文久元年現在地に移された。拝殿は建立以来百数十年を経ており、老朽化が著しかったため、薄井氏子一同は全面改築を検討、昭和六十二年二月二十四日完成する。

体験
ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
ログインすると情報を追加/編集できます。
最終更新:2020年09月27日


アクセス

住所能代市二ツ井町字家後62付近
Googleマップで地図を開く
エリア二ツ井駅
駐車場なし
近くの駅

◼︎JR奥羽本線
二ツ井駅から直線約1.22km
徒歩約29分
車で約6分
Googleマップで確認



◼︎JR奥羽本線
富根駅から直線約5.29km
徒歩約2時間6分
車で約26分
Googleマップで確認



◼︎JR奥羽本線
前山駅から直線約7.03km
徒歩約2時間48分
車で約35分
Googleマップで確認



最寄駅ではなく、直線距離で最も近い駅を目安として表示しています。
Googleマップ等で出発地からのアクセスをご確認ください。
情報提供: HeartRails Express
何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る