参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

恋の水神社愛知県 知多奥田駅

こいのみずじんじゃ

恋の水神社愛知県 知多奥田駅

こいのみずじんじゃ

愛知県  愛知県知多郡美浜町奥田中白沢92-91
縁結び・恋愛成就病気平癒

アクセス

住所 愛知県知多郡美浜町奥田中白沢92-91
Googleマップで地図を開く
エリア知多奥田駅
行き方

名鉄知多奥田駅から徒歩で20分

最寄り駅

◼︎名鉄知多新線
知多奥田駅から直線約1.33km
徒歩約31分
車で約6分
Googleマップで確認

◼︎名鉄知多新線
美浜緑苑駅から直線約2.1km
徒歩約50分
車で約10分
Googleマップで確認

◼︎名鉄知多新線
野間駅から直線約2.31km
徒歩約55分
車で約11分
Googleマップで確認

情報提供: HeartRails Express

恋の水神社について

基本情報

名称恋の水神社
読み方こいのみずじんじゃ
電話番号
ご祭神美都波能女命
ご由緒

創建時期は不明。少名彦命がここの水を飲んで病気が快癒したという。
允恭天皇が大和国大神神社から、東方に延命の神水があるというお告げを聞き、藤原仲興にその神水を探し出すように命じる。藤原仲興は東下し、尾張の熱田神宮に向かい、ここでお告げを聞き、知多半島のこの地に泉を見つけ出す。しかし、藤原仲興が村人に土地の名前をきいたところ、誰もが口をそろえて「知らない」と答えたため、藤原仲興はその土地を「知らぬ沢」と名付け、「尾張なる 野間の知らぬ 沢踏みわけて 君が恋しき 水を汲むかな」という和歌を詠んだという。このことから、この泉を「恋の水」と呼ぶようになったという。
別の言い伝えでは、732年(天平3年)聖武天皇が光明皇后の病を治すために、玄坊僧正を使者としてこの水を持ち帰らせたところ、病気が快癒されたという。
恋の水は万病、健康長寿に御利益があるが、平安時代の桜姫の話から、恋の病に効能があるとされている。小さな神社であるが、若い男女の参拝が目立つ。(Wikipediaより)

分類
ログインすると情報を追加/編集できます。
最終更新:2018年12月10日
作成者: ホトカミ運営

神社寺院のホームページが無料でかんたんに作れる!

アクセス

住所 愛知県知多郡美浜町奥田中白沢92-91
Googleマップで地図を開く
エリア知多奥田駅
行き方

名鉄知多奥田駅から徒歩で20分

最寄り駅

◼︎名鉄知多新線
知多奥田駅から直線約1.33km
徒歩約31分
車で約6分
Googleマップで確認

◼︎名鉄知多新線
美浜緑苑駅から直線約2.1km
徒歩約50分
車で約10分
Googleマップで確認

◼︎名鉄知多新線
野間駅から直線約2.31km
徒歩約55分
車で約11分
Googleマップで確認

情報提供: HeartRails Express
行きたい投稿する

お参りの記録を投稿しよう!

ホトカミに登録すると、お参りの記録を投稿し、
思い出を整理することができます。

歴史に詳しい必要はありません。
個人の感想や思い出を投稿しましょう!

行きたい神社やお寺を
リストに残そう!

ホトカミに登録すると、
あなたが行きたい神社やお寺を忘れないように、
リストに残すことができます。

すてきを伝える

「ほっこりした。」「なるほど!」「行ってみたいなぁ」
という投稿に出会ったら、「すてき」をクリック!

コメントすることもできます。

楽しみ方をもっと詳しく

ホトカミに登録して、
お参りをもっと楽しみましょう!

初めての方

アカウントをお持ちの方