御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

つしまじんじゃ

津島神社のお参りの記録(1回目)
愛知県津島駅

投稿する
0567-26-3216

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

投稿日:2022年02月13日(日)
参拝:2022年1月吉日

【尾張国 式内社巡り】

津島神社(つしま~)は、愛知県津島市にある神社。旧国幣小社で、現在は神社本庁の別表神社。主祭神は建速須佐之男命、配祀神は大穴牟遅命(大国主)。古くは「津島牛頭天王社」と称した。尾張五社の1社とされる(※)。東海地方を中心に全国に3千社ある津島神社(津島信仰)の総本社。本殿と楼門は国指定の重要文化財。

社伝によると、建速須佐之男命が朝鮮半島から日本に渡った際、荒魂は出雲に鎮まり、和魂は考霊天皇45年(紀元前245年)に一旦対馬(旧称津島)に鎮まった後、欽明天皇元年(540年)に現在地近くに移り鎮まったとしている。平安時代の810年に現在地に遷座し、嵯峨天皇から正一位の神階と日本総社の称号を贈られている。ただし『延喜式神名帳』や国史には記載がない。正暦年間(990年~994年)に一条天皇から「天王社」の号を贈られている。

戦国時代には織田氏が当社近くに勝幡城を築き、交通の要衝で経済拠点の津島を重視し、当社を手厚く保護した(当社神紋は織田氏の家紋と同じ木瓜紋)。豊臣氏も社殿の修造と社領の寄進をし、江戸時代には尾張藩主に1293石の神領が認められ、朱印地とされた。明治時代の神仏分離令により、仏教的要素を廃し、社名から牛頭天王の名を外して、祭神を建速須佐之男命として「津島神社」と改称し、近代社格制度のもと県社に列格、のちに国幣小社に昇格した。

当社は、名鉄津島線・津島駅の西方1kmの市街地、平地にある。さすが津島信仰の総本社だけあって、境内は広々としており、社殿や楼も門などの建物はいずれもかなり大きく立派。境内にはたくさんの境内社があり、一通り参拝して廻るのも大変で、神社のデパートのよう。見応え十分。

今回は、尾張国の式内社、旧国幣小社、別表神社であることから参拝することに。参拝時は平日の午前中で、大雨だったが、家族連れや職場で参拝に来ているサラリーマンなど、途切れることなく参拝者が訪れていた。


※尾張五社とは、尾張藩士で国学者の天野信景(1661年~1733年)の著した『尾張五社略記』に記載される尾張国を代表する五つの神社。熱田神宮、尾張大國霊神社、津島神社、針綱神社、千代保稲荷神社を指す。
津島神社の鳥居
境内南方の<鳥居>と<社号標>。<南門>までまっすぐに参道が伸び、左側には境内社、右側には参集所・結婚式場などの建物が並ぶ。
津島神社の鳥居
参道進んで左側にある摂社<居森社>の鳥居。居森社の社殿は安土桃山時代の1591年、豊臣秀吉大政所の寄進。
津島神社(愛知県)
<居森社>の拝殿。
津島神社(愛知県)
中央が<居森社>、右は<疹社>、左は<大日孁社>。
津島神社の建物その他
参道右側にある<参集所>。
津島神社(愛知県)
参道進んで左側にある末社<菅原社>の鳥居。
津島神社の建物その他
鳥居くぐって、右側にある<与謝野晶子歌碑>。
津島神社(愛知県)
鳥居くぐって進み、右側にある<三つ石>。
津島神社の末社
参道の突き当りにある<菅原社>。
津島神社の末社
菅原舎の右側にある境内社。
津島神社の建物その他
菅原社を出て、境内方向を望む。
津島神社の手水
参道右側にある<手水舎>。
津島神社の手水
手水舎の<花手水>。
津島神社(愛知県)
手水舎の左手にある<照魂(てるたま)社>。
津島神社(愛知県)
<照魂社>の拝殿。
津島神社の末社
<照魂社>の社殿。
津島神社(愛知県)
境内南端入口の<南門>。四脚門、檜皮葺。安土桃山時代の1598年、豊臣秀頼が父・秀吉の病気平癒のため寄進したと伝わる。
南門の先には、拝殿ではなく<蕃塀(ばんぺい)>が見える。
津島神社の末社
南門をくぐってすぐ左手にある境内社。左から順に<多度社>、<秋津比咩社>、<内宮>。
津島神社の鳥居
南門をくぐって左手にある、摂社<弥五郎殿社>。写真右側に見える小さな社は<戸隠社>。
津島神社の建物その他
鳥居の右側にある、9種類の<奉納樽>。
津島神社の末社
<弥五郎殿社>の拝殿。本殿・拝殿は江戸時代前期1673年の再建。南北朝時代の1346年に堀田弥五郎正泰が建立したためこの名が付いている。
津島神社の本殿
ここから蕃塀の後ろの社殿に向かう。中央は<拝殿>、両側は<回廊>。
当社社殿は典型的な「尾張造」の社殿配置として知られており、門、蕃塀、拝殿、祭文殿、回廊、釣殿(渡殿)、本殿を南北軸線上に一直線に並んでいる。
津島神社の本殿
<拝殿>全景。江戸時代前期の1649年の建立。桁行6間、梁間3間、切妻造、妻入、檜皮葺。
津島神社の本殿
<拝殿>正面。内部は広々として、かなり奥まで見渡せる。
津島神社の本殿
社殿の左手に進む。手前に見える<回廊>は、江戸時代後期1825年の建立。桁行9間、梁間2間、中央1間中殿、切妻造、中殿正面軒唐破風付、檜皮葺。
津島神社の建物その他
社殿最後部に位置する<本殿>。1605年に尾張清洲藩主・松平忠吉の妻・政子による寄進。国指定の重要文化財。
津島神社の末社
本殿の左隣にある摂社<八柱社>。社殿は江戸時代前期1672年の造営。
津島神社の末社
八柱社の左隣にある<稲荷社>の鳥居。
津島神社の末社
<稲荷社>の社殿。
津島神社の末社
稲荷社の左手にある境内社群。左から順に<忍穂耳社>、<龍田社>、<庭津日社>、<塵社>、<久斯社>、<多賀社>、<熊野社>。
津島神社の建物その他
境内社群と本社社殿との間の古木群。コントラストがなかなか美しい。
津島神社の末社
ここで南門まで戻って、南門をくぐってすぐ右手にある境内社群。左から順に<瀧之社>、摂社<和御魂社>、<大歳社>、<熱田社>、<米之社>、<児之社>、<大社>、<外宮>、<船付社>。
津島神社の末社
瀧之社の左手に、1社だけ瑞垣に囲われた摂社<柏樹社>。
津島神社の本殿
柏樹社から本社社殿を望む。
津島神社の建物その他
柏樹社から<授与所>を望む。その左側を抜けたところにも境内社があるので向かう。
津島神社の末社
右側手前が摂社<荒御魂社>。社殿は江戸時代初期の1619年建立。一間社流造、瓦葺形銅板葺。左側奥が<稲田社>。
津島神社の末社
稲田社と荒御魂社の間の奥にある境内社。左から順に<大国玉社>、<若宮社>、<大屋津姫社>。
津島神社の建物その他
境内中央から<授与所>(左)と<楼門>(右)。<楼門>は安土桃山時代の1591年、豊臣秀吉による寄進。国指定の重要文化財。
楼門の後ろにも大きな鳥居が見えるので見に行ってみる。
津島神社の鳥居
境内東端入口にある<鳥居>と<社号標>。鳥居の後ろは駐車場。楼門がこちら側(東側)にあるということは、中世はこちらが正門だったのかな。
津島神社の周辺
鳥居の左手(南方)には<御神木>。
津島神社の山門
東の鳥居からまっすぐ進むと、大きな<石橋>と<楼門>がある。
津島神社の末社
楼門の手前、左側にある<橋守社>(左)と<愛宕社>(右)。
津島神社の山門
角度を変えて、ダイナミックで美しい<楼門>。
津島神社の本殿
最後に<社殿>全景。大社巡礼をしていても、なかなか見ないぐらいの大きく立派な社殿。素晴らしい~! (^▽^)/

すてき

御朱印

みんなのコメント(0件)

ログインしてください

ログイン無料登録すると、投稿へコメントできます。

投稿者のプロフィール

惣一郎さんのプロフィール画像

惣一郎1066投稿

2020年1月から寺社仏閣巡りを始めた初心者です。東京在住です。
クルマとバイク、旅行が趣味なので、近くから遠くまで、精力的にお参りしています~♪

■2020年は、寺院も神社もよく分からないので、分かりやすそうな神社を中心に回り始めました(366寺社)。

①関東圏の延喜式内社 + 坂東三十三観音。
②関東以外に旅行に行くときは一之宮。
③チャンスがあれば、憧れの伊勢や出雲。

■2021年は、寺院にも力を入れてみました(574寺社)。

①寺院は巡礼を中心に。西国三十三、江戸三十三、鎌倉三十三、秩父三十四、関東三十六、北関東三十六、関東八十八、東国花の寺百ヶ寺。
②神社は、引き続き延喜式内社、旧社格県社以上、総社、一国一社八幡宮、神社本庁の別表神社。
③関東なら鎌倉、やっぱり京都・奈良、チャンスがあれば憧れの熊野・四国・九州。

■2022年は、良かった寺社を再訪しながら、日本各地(目標:47都道府県)を廻ってみたいと思っています~♪ (^▽^)/

(1月)東京都、三重県、岐阜県、愛知県 
(2月)静岡県 
(3月)山梨県、沖縄県 
(4月)滋賀県、福岡県、長野県、兵庫県、岩手県
(5月)埼玉県
(6月)長野県、北海道
(7月)(東京都)
(8月)富山県、(岐阜県)
(9月)(東京都)、(岩手県)、青森県
(10月)福井県
(11月)(福岡県)

惣一郎さんの投稿をもっと見る

ホトカミ見ました! で広がるご縁

ホトカミを見てお参りされた際は、
もし話す機会があれば神主さんに、「ホトカミ見てお参りしました!」とお伝えください。
神主さんも、ホトカミを通じてお参りされる方がいるんだなぁと、ホトカミ無料公式登録して、情報を発信しようという気持ちになるかもしれませんし、
「ホトカミ見ました!」きっかけで豊かな会話が生まれたら、ホトカミ運営の私たちも嬉しいです。
津島神社の投稿をもっと見る103件
コメント
お問い合わせ