御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

みのぶさんじょうりんぼう|日蓮宗身延山

身延山定林坊(みのぶさんじょうりんぼう)の御由緒・歴史

公式山梨県 塩之沢駅

投稿する
0556-62-0358

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

歴史詳細情報

定林坊について

定林坊は、戦国時代(1576年)に身延山久遠寺の第15世の住職である日叙(にちじょ)上人によって建立されました。

当時は戦国時代の軍雄が各地に戦い、世上は大いに乱れており、身延山にもその影響がありました。

『本化別頭仏祖統紀』の記すところによれば、武田信玄が身延山へ居城を移そうとしたところ、

日叙上人はその申し出を断り、一時山は包囲され攻め落とされそうになったが、

神仏の加護により事なきをえた、という逸話残っております。

安産成就・学問成就の由緒

本堂には、霊鷲院日審上人の像が祀られております。

日審(にっしん)上人とは江戸時代、諸国を布教して廃寺を興し10000回以上の法話し、90000人に布教をしたということもあり、

学問成就のご利益があります。

また、日審上人の出生にまつわる『幽霊子育飴』伝説が有名です。

夜な夜な一文銭を持って飴を買いに来る女性がいたそうです。

7夜目の一文銭は「しきみの葉」と化し、不審に思った飴屋が女性の後を追うと

墓地の前で忽然と姿を消しました。

ある墓から赤ん坊の泣き声が聞こえたので、お寺の住職と一緒に墓を掘り返してみたことろ、

壷のなかには母親の亡骸に

抱かれ飴をくわえた赤子がいました。

母親は赤子を身ごもったまま亡くなり幽霊となって六文銭(三途の川を渡るために入れられる副葬品)で飴を買いにきていたのです。

助けられた赤子がのちの霊鷲院日審上人です。

そこから「壺日審さま」と呼ばれ全国の布教とともに、その伝説が広まったことから、

【子育て・安産】のご利益を頂けると評判になりました。

ご本尊日蓮上人像
日審上人像
大黒天
鬼子母神
創建時代1576年(戦国時代)
開山・開基日叙上人(15代目の身延山久遠寺の住職)
ご由緒

永禄2(1559)年に身延へ入山した身延山15世宝蔵院日叙上人は中興3師の1人といわれる13世日伝の弟子で、日叙在世、武田信玄による身延攻めの伝説があることは有名。

当坊が宝蔵院と称するのは日叙の院号に由来する。慶応元年12月14日、28世錬珠院日行の代に焼失し、西谷本行坊の下にあった通感坊の名はこの時に失われた。明治8年の火災で再び炎上したので、元あった場所に再建されることなった。

開創年代は『大観』が天正元(1573)年4月伝えることによるには、日叙の没する4年前をとったものであろう。隠棲の地としてご草庵に最も近いところを選んだといわれている。10世日實は久遠寺19世へ、26世智静院日如は波木山円實寺22世へ、30世潮濤院日慮は甲府信立寺42世へ。34世鏡雲院日成は円實寺34世。旧地への移転は、明治18年であった。

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年9月