参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

さいしょうじ

最勝寺の歴史山梨県 鰍沢口駅

最勝寺の歴史情報

詳細情報

ご由緒

天平20(748)年、聖武天皇勅願寺として建立された山梨県屈指の真言宗古刹です。
国家鎮護の経文:最勝王経の転読道場として、また甲斐国国分寺的役割を担ったといわれる寺院です。
初めは、三論宗に属し、のちの弘仁10(819)年、真言宗に改宗、天正年間焼失前には、七堂伽藍を有した一大寺院であったといわれています。

(由緒書きより引用)

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?
ホトカミに意見を送る