御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方

ふくでんいん|曹洞宗白龍山

福田院からのお知らせ一覧(2ページ目)

公式山形県 新庄駅

投稿する
0233-22-7149

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

2021年6月限定御朱印(見開きサイズ)

2021年06月01日(火) 09時00分〜

【心月弧圓 光呑萬象】心月弧圓 光り萬象を呑む

分別もなければ増減もない、まんまるい一円相の月。

万象がとりもなおさず月光。

つまり月が月を呑み、光りが光りを呑む、差別を絶した世界を云う。

私たちも円かな月のように生きていきたいものです。

■頒布期間・時間/5月1日~5月31日(午前9時~午後4時)

■御朱印納経料 800円

福田院の御朱印

2021年6月限定御朱印(見開きサイズ)

2021年6月限定御朱印(見開きサイズ)

2021年06月01日(火) 09時00分〜

【心月弧圓 光呑萬象】  心月弧圓 光り萬象を呑む

分別もなければ増減もない、まんまるい一円相の月。

万象がとりもなおさず月光。

つまり月が月を呑み、光りが光りを呑む、差別を絶した世界を云う。

私たちも円かな月のように生きていきたいものです。

■頒布期間・時間/5月1日~5月31日(午前9時~午後4時)

■御朱印納経料 800円

福田院の御朱印

5月限定御朱印(見開きサイズ)

2021年05月01日(土) 09時00分〜

【鯉が滝を 登りて 龍になる 登竜門】

■頒布期間・時間/5月1日~5月31日(午前9時~午後4時)

■御朱印納経料 800円

福田院の御朱印

4月~6月 特別頒布御朱印

2021年04月01日(木) 09時00分〜

2021年4月~6月限定頒布御朱印

【悔し涙が 葉に落ちて 諸行無常の 花筏】

■頒布期間・時間/4月1日~6月30日(午前9時~午後4時)

■御朱印納経料 800円

福田院の御朱印福田院の御朱印

2021年3月限定御朱印

【見聞不眛 聲色純真】見聞 眛からざれば 声色 純真なり
無心になって見たり聞いたりすれば、声も色もありとあらゆる現象を純真にあるがままに受け止めることが出来る。

■頒布期間・時間/3月1日~3月31日(午前9時~午後4時)

■御朱印納経料 300円

福田院の御朱印福田院の地蔵

■2021年3月限定御朱印
 【見聞不昧 聲色純真】無心になって、見たり聞いたりすれば声も色もありとあらゆる現象を純真にあるがままに受け止めることができるという意味です。

■頒布期間・時間 / 3月1日~3月31日(午前9時~午後4時)

■御朱印納経料 300円

福田院の御朱印

2021年3月限定御朱印

福田院の建物その他

2月の限定御朱印

2021年02月01日(月) 09時00分〜

■2021年2月限定御朱印(2種類)

【追儺会(ついなえ)】おにやらい。節分会(豆まき)のこと。

【君子可八(くんしははちにかなり)】君子(徳のある人)はすべて八分目をもって可
とする。

■御朱印納経料 300円

福田院(山形県)福田院の御朱印

【追儺会(ついなえ)】

福田院の御朱印

【君子可八(くんしははちにかなり)】

2021年1月限定御朱印

2021年01月01日(金) 09時00分〜

◆2021年1月限定御朱印 【欲行千里 一歩為初】
【欲行千里】千里を行かんと欲するものは
【一歩為初】一歩を初めとなす
※千里の大道を行こうとするならば、一歩一歩を
初歩と心得て行かなければならないという意味が
込められていてます。

■頒布期間・時間/1月1日~1月31日(午前9時~午後4時)
■御朱印納経料/300円

福田院の御朱印

11月特別御朱印

2020年11月01日(日) 09時00分〜

11月は特別御朱印(見開き)となります。

謹白参玄人(謹んで参玄の人に白す)
光陰莫空渡(光陰空しく渡ること莫れ)
『謹んで仏道修行を志す者に申し上げる 貴重な時を空しく過ごしてはならない』

驀直去(まくじきこ)『真っすぐに行きなさい』
「貴重な時間を空しく過ごしてはならない。誠実に真っすぐに行きなさい。」
という意味が込められています。

御朱印納経料 800円

福田院の御朱印

特別御朱印(見開き)

11月の限定御朱印

2020年11月01日(日) 09時00分〜

11月は特別御朱印(見開き)となります。

謹白参玄人(謹んで参玄の人に白す)
光陰莫空渡(光陰空しく渡ること莫れ)
『謹んで仏道修行を志す者に申し上げる 貴重な時を空しく過ごしてはならない』

驀直去(まくじきこ)『真っすぐに行きなさい』
「貴重な時間を空しく過ごしてはならない。誠実に真っすぐに行きなさい。」
という意味が込められています。

御朱印納経料 800円

福田院の御朱印

見開き御朱印

【和尚の問わず語り】vol.1/12「今を精一杯に」

2020.10.15

東京の国立劇場の正面にある六代目尾上菊五郎さんの木彫の鏡獅子を彫られた彫刻家の平櫛田中さんは、この代表作である鏡獅子の完成に二十二年の歳月を費やしました。

この鏡獅子にはこんなエピソードがあります。ある日のこと菊五郎さんと会食しているとき、突然平櫛翁は「彫刻するのに、あなたの骨格やら肉付きをしっかりとらえたいので、すまんがここで裸になって下さい」とたのみました。菊五郎さんは、最初「なんて失礼なことを言う人だ」とムッときましたが、稀代の彫刻家のただならぬ迫力を感じ「わかりました」と言うやいなや、立ち上がりふんどし一本の姿になったと言う話が残っています。

この二十二年の歳月をかけた作品を、政府は二億円で買い上げようとしたのですが、平櫛翁はお金に代えては亡き六代目に申し訳ないとして、近代美術館に寄贈されたのでした。

平櫛翁の老後の日記に「まだまだ苦心苦心苦心」という記述があります。そして平櫛翁が九十五歳のとき岡山県井原小学校に寄贈された額には、「いまやらねばいつできる わしがやらねばだれがやる・・」と書いてありました。老いてのちも、なお「まだまだ苦心苦心苦心」と言う言葉を日記につけるその心、そして平櫛翁の”今を精一杯に”生きるその姿、生きざまに感動をしました。

福田院の芸術

10月11日 月例坐禅法話会中止のお知らせ

県内のコロナ禍もだいぶ静かになってきましたが、参加者の皆さんより感染への心配が払拭できないとの声もあり、ここは無理をせず皆さんが心静かに坐れる日を待っていたいと思います。

残念ですが今月も中止といたします。

福田院の建物その他

【和尚の問わず語り】vol.1/11 「光陰むなしく渡ることなかれ」

『すべからく知るべし 時光はむなしくわたらず 人はむなしく渡ることを』

道元禅師

昔、お月さんと、お日さんと、雷さんが旅をしました。宿についた三人は夕食もすませ

お風呂に入ってその日は早々に寝床につきました。

あくる朝、雷さんが起きてみるとお月さんとお日さんの姿が見えません。不思議に思って

宿の主人にたずねました。「おはようございます。ちょっとお尋ねしますが、昨日一緒に寝たはずの

お月さんとお日さんの姿が見えないのですが、ご存じありませんか」

主人が言いました「雷さん今お目覚めですか。お尋ねのお月さんとお日さんなら、もうとっくにお発ちになりましたよ」雷さんが言いました「そうですか、お月さんとお日さんもう発ってしまいましたか。月日の経つのは早いもんだなあー」「ところで雷さんはいつお発ちになりますか。そうさなあー、わしは夕立にしょう」

という小話があります。

月日の経つのは早いもの、「光陰むなしく渡ることなかれ」と言いますが、これは時間のほうがむなしく過ぎているわけではなく、流れ行く時間を無駄に過ごしているのは人間のほうだと、教えているのです。

そうかもしれませんねー。

福田院の自然

10月の限定御朱印

2020年10月01日(木) 09時00分〜

🔷2020年10月 莫眼華
10月の御朱印は「げんかすることなかれ」
物事をうっかりと見てはならぬ、妄想分別せずしっかり真実を見よ。
という意味が込められています。

福田院の御朱印

10月の限定御朱印 莫眼華

ペット供養墓開眼法要・ペット合同供養祭を執り行いました!

9月22日、当寺にてペット合同供養祭(供養墓の開眼法要、合同供養)を執り行いました。
大切にしているペットが亡くなったときに受け入れ出来る場所、
身近に手を合わせることができる場所があることが、
飼い主の方々にとって必要なことではないかと常日頃から考えておりました。
ペットを亡くし、長い間悲しみを引き摺る方もいらっしゃると思います。
そんな方々にとって当寺の供養墓や供養祭が気持ちを切り替えるためのきっかけになれば何よりです。
ご参列いただき、本当にありがとうございました。
ペットたちにとって、どんな時でも心に留めて、お参りいただけることが何よりの供養になると思います。
当寺のお近くにお越しの際は、ぜひお手を合わせにおいでください。
また、供養祭は今後とも開催していきたいと考えています。
お越しくださった皆様も、またぜひご参加いただければ幸いです。
供養祭の様子は福田院のFacebookページからご覧いただけます。
また、ペット供養についてご質問等があればお気軽にお問い合わせください。

福田院のお墓

ペット供養墓開眼法要

福田院のお墓

ペット供養墓開眼法要

福田院(山形県)

納骨

福田院の体験その他

ペット合同供養祭

福田院の体験その他

ペット合同供養祭

福田院(山形県)

ペット合同供養祭

福田院(山形県)

ペット合同供養祭

福田院の体験その他

ペット合同供養祭

【福田院のペット供養】

【福田院のペット供養】9月22日よりスタートします。

福田院の建物その他

のぼり旗、設置ししました

福田院の場所がわかりにくいとの声がありましたので
通り過ぎないように、のぼり旗を設置してみました。

福田院の周辺福田院の本殿

ペット供養墓完成記念「ペット合同供養祭」のご案内

2020年09月22日(火) 10時00分〜

9月にペット供養墓が完成します。

完成記念として「ペット合同供養祭」を開催致します。

大切な家族だから感謝を込めてこの機会にお遺骨やお写真を供養祭にお持ちください。

当日は【ご供養料無料・ご参拝自由】です。

詳細はコチラからご覧いただけます。

https://www.facebook.com/events/352649072439380/

納骨される場合は、別途納骨志納料が必要です。

福田院(山形県)

今月の限定御朱印 「観月澄心」

「月を見て心澄ます」
様々な煩わしいことに捕らわれず、澄んだ心でいようという意味が込められている。

福田院の御朱印

ペット供養墓完成記念「ペット合同供養祭」

2020年09月22日(火) 10時00分〜

大切な家族だから感謝を込めてこの機会にお遺骨やお写真を供養祭にお持ちください。住職によるご供養をいたします。
【ご供養料無料・ご参拝自由】

-事前お申込みについて-
事前にお電話(0233-22-7149)にてお申込みいただくと当日に受付がスムーズです。
お申込みの際に飼い主様氏名、ペットのお名前をご連絡ください。

※当日お申込みも可能です
当日ペット供養をお申込みされる方は、AM10:00頃までにお越しいただき受付にて飼い主様氏名、ペットのお名前をお知らせください。

-お持ち物について-
写真立てに入れたお写真をお持ちください。
その他お位牌やご遺骨お供物など祭壇にお供えしたいものがある方はお持ちください。

-当日お越しになれない方へ-
事前にお電話にてお申込みいただければご供養いたします。
お申込みの際に飼い主様氏名、ペットのお名前をご連絡ください。

スケジュール(予定)
◆ペット供養墓開眼法要 AM10:00〜
◆ペット供養 AM10:30〜
◆ペット供養の無料相談 〜PM15:00
当日はペットメモリアル専門店koukadouによるペット火葬から供養までの無料相談を承ります。

◆ライブ配信 AM10:00〜
当日の住職によるペット供養墓開眼法要、供養祭の様子をペットメモリアル専門店koukadouのFacebookページで配信します。

※お車でお越しの方へ
臨時駐車場をご用意しております。

主催:曹洞宗白龍山 福田院

福田院の建物その他福田院の建物その他

【父のコレクション展】─東北伝統こけしの世界─ 開催のお知らせ

先代住職(父)が収集した東北伝統こけしを公開致します。
亡くなってから21年間、箱の中で眠っていたものです。こけしがお好きな方、
御朱印拝受にお越しの方など多くの方々に見ていただけたら先代住職も
本望かと思います。
コロナ禍ではありますが、時間がありましたらどうぞご覧下さい。
会 期 8月1日~10月31日
開場時間
平 日 9:00~16:00
土日祝 13:00~16:00
休 日 火曜日(祝日の場合は翌日)

今月の限定御朱印

8月の限定御朱印は「盂蘭盆会」です。
いよいよお盆が来ました。今年はコロナ禍の影響でふるさとへ帰省出来ない方もいらっしゃることと思います。しかしふるさとは無くなりはしない。ふるさとを思い出しながら、心静かにお盆をお迎え下さい。

福田院(山形県)

今月の限定御朱印
「沙羅咲いて」白い沙羅の花が咲きそろい、やがていさぎよく散って行く。
ポトリと落ちる沙羅の花に、愛おしさと覚悟を感じる。

福田院の御朱印

月例坐禅法話会のご案内

2020年06月14日(日) 09時00分〜

今般の新型コロナウイルス感染拡大防止に鑑みまして中止しておりました

坐禅法話会を再開させていただきます。

6月14日(日)午前9:00~10:00

内容 坐禅と住職による法話

参加料 500円

参加希望の方は前日までに電話にてお申し込みください。

お一人でも、お友達と一緒でもお気軽にご参加下さい。

福田院 ☎0233-22-7149

福田院の建物その他

コラム【和尚の問わず語り】vol.1/7更新しました 『遅い春が咲く』どうぞお読み下さい。

『遅い春が咲く』

私の住む東北山形の北部は大変に雪の深いところです。

遅い春は4月に入ってもなかなか顔を見せてはくれません。

ようやく春の風が吹き渡る下旬、残雪の冬枯れの景色が

一変するとき、うめ、水仙、こぶし、モクレン、さくら、椿などの花々が

いっぺんに色好き、一気に咲きそろうのです。

雪国に住む者には、それはそれは待ち遠しくこころウキウキする季節なのです。

「百花、春至って誰がために開く」という言葉があります。

咲きそろう花々は誰のために咲くのでしょうか。

私たちに「きれいだね」と褒めてもらうためでしょうか。

それとも蜂や蝶を集めるためでしょうか。

花は決して評価を期待したり、思惑を抱いて咲いてくれるのではありません。

花はただ花本来が備わった本領、つまり本来の性質、力のままに

時節と因縁を待って開花するだけなのです。

瑩山禅師様は、「人は人それぞれに個性や才能が備わっている、

それは他者のためのものだはなく、その人それぞれに与えられた

かけがえのない性質であり力であるから、その本来備わった性質、

力を発揮する努力を怠ってはならない」と示されています。

日頃、私たちは何かにつまずけば、つまずいた原因を他者に押し付け、

苦しくなると自分のことしか考えられなくなってしまいます。

あれやこれやと考えれば考えるほど、視野がどんどん狭くなって

苦悩に深く落ち込んで行くのです。

そっと満開の花を眺めてみてはどうでしょう。

他者と比べてばかりいる自分、思い悩んでばかりいる自分に

気づくはずです。

自分に備わる本領は、きっと出口がいっぱいあることに気づかせてくれるはずです。

思い悩む自分をリセットしてみてはどうでしょう。

なんの計らいもなく自然に咲く、ただ精一杯に咲きそろう花々のように、

私たちも自分の本領に気づくことのできる日送りに心がけ、

精進して行きたいものです。

今私は、新型コロナウイルス感染拡大に危機感を感じながらも

咲き揃う花々を見てホットする自分に気づき、改めて少し安心する

今日この頃です。

本当の春はいつ来るのでしょうか。

福田院の御朱印

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

めめ小バナー