御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※六所神社ではいただけません
パーキング
駐車場
-
御朱印について
御朱印
なし
ありません

おすすめの投稿

惣一郎
2021年10月29日(金)
967投稿

六所神社は、山形県鶴岡市上藤島にある神社(旧藤島町(現鶴岡市)内には同名の神社が3カ所ある)。出羽国総社の論社。

社伝によると、創建は桓武天皇の御代、平安時代の794年。当地は出羽国国府が置かれた場所で、当社は出羽国総社として、国司奉幣の社とされた。建久年間(1190年~1199年)には源頼朝が天下泰平祈願のため金の扇子を奉納。1203年社殿再建。正平年間(1346年~1370年)には南朝の北畠顕信が藤島城で義兵を挙げ当社を祈願寺とした。戦国時代には豊臣秀吉から朱印の寄進があり、のち最上義光から黒印を受けた。かつては「満山満願寺六所大権現」と称したが、明治時代に入り「六所神社」と改称した。

当社は、JR羽越本線・藤島駅の南方400mの住宅地の外れの平らな林の中にある。実は『日本「神社」総覧』で出羽国総社とされているのは別の六所神社(鶴岡市三和)で当社ではないが、六所神社3社を確認した神社に詳しい方によると、当社が最もそれらしい神社ということだった。とは言いながらも、当社自体も境内は広くはなく、社殿も大きくはないので、いわゆる村の鎮守レベル。巨大な古木以外には特徴はない感じ。

今回は、出羽国総社(論社)ということで参拝することに。参拝時は平日の午前中早い時間、参拝者は自分たち以外にはいなかった。

六所神社の鳥居

境内南端入口にある<鳥居>と<社号標>。

六所神社の建物その他

参道の両側に、お行儀の良い樹木が対になって立っている。

六所神社(山形県)

参道左手にある<社務所>。でも無人。

六所神社の本殿

参道を進んで、社殿周り全景。

六所神社(山形県)

参道右手にある、ちいさな<手水舎>。

六所神社の本殿

<拝殿>全景。屋根が面白い形で、頂上部が煙抜きのためか、突出した形をしている。

六所神社の狛犬

左側の<狛犬>。珍しい姿形と表情。

六所神社の狛犬

右側の<狛犬>。ややエイリアン系。

六所神社(山形県)

<拝殿>正面。おそらく庄内地方特有の、非常に特徴的な注連縄。

六所神社の建物その他

<六所大明神>の扁額。光沢のある黒地に金色の文字。

六所神社の建物その他

正面扉の穴の形が面白い。手前(右側)は丸型で、奥(左側)は三日月型。何か由緒があるのかな?

六所神社の本殿

<社殿>全景。やっぱり屋根上の突起部が、何の役割なのか気になる...(^_^;)

六所神社の本殿

拝殿後ろの<本殿>。完全に覆屋になっているが、本殿のサイズは小さそう。

六所神社(山形県)

社殿右側にある<稲荷神社>。

六所神社(山形県)

逆サイドから<社殿>全景。

六所神社の鳥居

鳥居近くまで戻ろうとすると、到着時には気付かなかったが、鳥居脇に巨木が。

六所神社(山形県)

鳥居の右側にある、きれいな丸岩の<庚申>。

六所神社(山形県)

鳥居脇の巨木は、見る角度によって幹の太さがずいぶん違って見える。

六所神社の建物その他

鳥居の左側にある、きれいな丸岩の<古峯神社>。

六所神社の自然

巨木の幹が最も太く見えるショットがこちら。古木好きには堪らない。。。(^▽^)/

もっと読む
投稿をもっと見る(2件)

六所神社の基本情報

住所山形県鶴岡市上藤島六所畑62
行き方
アクセスを詳しく見る
名称六所神社
御朱印なし

詳細情報

ご祭神大物忌大神、月山大神、出羽大神、由豆佐売大神、遠賀大神

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー