御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※大聖寺ではいただけません
投稿する
0238-52-0444

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり

真ん中に亀岡文殊尊。その右に日本三文殊と書かれ、真ん中に梵字の印が押されています。
奈良県の安倍文殊院、京都府の智恩寺、山形県の大聖寺では、知恵をつかさどる文殊菩薩をお祀りされ、日本三文殊といわれています。

限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

大聖寺の基本情報

住所山形県東置賜郡高畠町大字亀岡4028-1
行き方
アクセスを詳しく見る
名称大聖寺
通称亀岡文殊
御朱印あり

真ん中に亀岡文殊尊。その右に日本三文殊と書かれ、真ん中に梵字の印が押されています。
奈良県の安倍文殊院、京都府の智恩寺、山形県の大聖寺では、知恵をつかさどる文殊菩薩をお祀りされ、日本三文殊といわれています。

限定御朱印なし
電話番号0238-52-0444
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご本尊大日如来、文殊菩薩(文殊堂)
宗旨・宗派真言宗智山派

Wikipediaからの引用

概要
大聖寺(だいしょうじ)は、山形県東置賜郡高畠町亀岡にある真言宗智山派の寺院。亀岡文殊(かめおかもんじゅ)の通称で知られる。 山号は松高山。本尊は大日如来。この寺の文殊菩薩は「亀岡文殊(亀岡の文殊)」と呼ばれ、寺院の通称ともなっている。安倍文殊院(奈良県桜井市)・切戸文殊(京都府宮津市)とともに日本三文殊のひとつに数えられる。
歴史
歴史[編集] 807年(大同2年)勅命により徳一が文殊菩薩を安置したのに始まると伝えられ、古くは文殊寺と号していた。 戦国時代にこの地方を領した伊達政宗の崇敬を受け、天正19年(1591年)彼がこの地を去るとき、岩出山へ共に移る資福寺の古鐘[1]を納めた。関ヶ原の戦いの直後の慶長7年(1602年)、直江兼続は奉納詩歌会を主催して上杉家主従27名[2]が集まり、100首を奉納した。(亀岡百首)直筆短冊のほとんどが当寺に残る。 江戸時代には徳川綱吉の信仰篤く、中納言格と文殊堂領として朱印状が与えられた。文殊堂は1914年(大正3年)の再建で、伊東忠太の設計である。学問に霊験ありとして参拝客を...Wikipediaで続きを読む
引用元情報大聖寺 (山形県高畠町)」『ウィキペディア日本語版』。
この版のURL:https://ja.wikipedia.org/w/index.php?%E5%A4%A7%E8%81%96%E5%AF%BA%20(%E5%B1%B1%E5%BD%A2%E7%9C%8C%E9%AB%98%E7%95%A0%E7%94%BA)&oldid=88012784

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー