御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中※補陀洛山寺ではいただけません

ふだらくさんじ|天台宗熊野山

補陀洛山寺

和歌山県 那智駅

投稿する
0735-52-2523

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
あり

あり

巡礼

熊野曼陀羅三十三ヶ所霊場第20番札所

補陀洛山寺について

補陀洛海への出発点


平安時代から江戸時代にかけ、南海の果てにあると信じらられた補陀洛浄土を目指した渡海上人たちが、僅かさな食糧を積み釘打ちされた小さな船に乗り、那智の浜から補補陀洛渡海へ出発したと知られる。裏山には渡海上人らの墓が残る。

おすすめの投稿

とし
2020年08月10日(月)
174投稿

《世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」その15》

暑い夏の日、熊野へ。
補陀洛渡海で知られる補陀洛山寺です。
補陀洛(補陀落とも書きます)とは観音菩薩が降り立つとされる南方の浄土であり、補陀洛渡海とは単身小船に乗り南方浄土を目指す捨身行のことです。
日本の各地に補陀洛渡海の記録が残っていますが、その大半はここ補陀洛山寺で行われたそうです。
このお寺には復元された渡海船が置かれており、当時の人々の浄土への想いが伝わってきます。

また、平清盛の嫡孫である平維盛の伝説が残る地でもあり、お寺の裏山には供養塔が残されています。

その14へ
https://hotokami.jp/area/nara/Hmgts/Hmgtstk/Dktyzm/14778/92581/
その16へ
https://hotokami.jp/area/wakayama/Hrtts/Hrttstm/Dakar/103057/93865/

補陀洛山寺の御朱印

《御朱印》

補陀洛山寺の本殿

《補陀洛山寺本堂》
世界遺産の一部ですが人は少なく静かな境内です。

補陀洛山寺の建物その他

《世界遺産の碑》
補陀洛渡海発祥の地とあります。

補陀洛山寺の仏像

境内の観音菩薩と地蔵菩薩

補陀洛山寺の本殿

参拝。

補陀洛山寺の本殿

夏の空に山の緑が映えます。
本当に静かな境内です。

補陀洛山寺の本殿

隣接する熊野三所大神社。
九十九王子の一つ「浜の宮王子」社跡に建ちます。

補陀洛山寺の本殿補陀洛山寺の建物その他

《補陀洛渡海船》
船上の屋形に扉はありません。
30日分の水・食料とともに渡海上人が乗り込むと入口は板で塞がれ釘が打たれたのです。渡海船は沖へ曳航され、縄が切られて見送られたといいます。

補陀洛山寺の歴史

まさしく死出の旅だったのですね…。

補陀洛山寺の建物その他

裏山に渡海した上人と平維盛の供養塔があります。

補陀洛山寺の自然

石段と木の根の道を上ります。

補陀洛山寺の自然

静かなお寺のさらに裏。人があまり通らないのでしょう、苔が生えた道を上がっていきます。

補陀洛山寺の歴史

《平維盛供養塔説明板》
平清盛の嫡孫で美貌の貴公子とされた維盛。
平家物語では那智の沖にある山成島にて自らの名を松の木に刻み沖に漕ぎ出して入水したとされます。

補陀洛山寺の建物その他

《平維盛供養塔》
しかし、維盛にはそれ以降の生存説があって各地に維盛の伝説が存在します。
那智勝浦には色川郷に隠れ住んだという話が残り、吉野の野迫川の地には異なる話が伝わっています。一ノ谷の戦いの後、維盛は熊野別当湛増の下へ赴き援助を求めますが源氏優勢とみた湛増は援助を断り維盛に自らの娘を娶らせた後に匿ったとされます。湛増の守護を受けた維盛は平氏追討の手を逃れつつ熊野山中を転々とし、野迫川村の平の地にて生涯を終えたと。

補陀洛山寺の本殿

平氏から多大の恩顧を受けていた湛増の計らいだったのでしょうか。熊野は源平時代の逸話が多く残る地であり、壮絶な信仰を今に伝える場所でした。

もっと読む
投稿をもっと見る(18件)

補陀洛山寺の基本情報

住所和歌山県東牟婁郡那智勝浦町浜ノ宮348
行き方

JR紀勢本線「那智駅」より徒歩

アクセスを詳しく見る
名称補陀洛山寺
読み方ふだらくさんじ
参拝時間

8:30〜16:00

参拝料

なし

御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号0735-52-2523
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

ご本尊千手千眼観音菩薩
山号熊野山
宗旨・宗派天台宗
創建時代仁徳天皇時代(312〜399)
開山・開基裸形上人
札所など

熊野曼陀羅三十三ヶ所霊場第20番札所

文化財

千手千眼観音菩薩(国指定重要文化財)

体験世界遺産重要文化財武将・サムライ有名人のお墓札所・七福神巡り伝説

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
慈眼寺リリー小バナー