御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中※應其寺ではいただけません

おうそじ|高野山真言宗

應其寺

和歌山県 橋本駅

投稿する
0736-32-0218

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

應其寺の基本情報

住所和歌山県橋本市橋本2-3-4
行き方
アクセスを詳しく見る
名称應其寺
読み方おうそじ
御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号0736-32-0218
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。

詳細情報

宗旨・宗派高野山真言宗
ご由緒

應其上人は、天正十三年(1585)近隣の里人をあつめ古佐田村の荒地を開き、家を建て町を造り高野従還の宿所とした。翌々年、上人はここに草庵を建てて住み、紀ノ川に長さ130間(約235m)の橋をかけ交通の便をはかった。橋本の地名はここから起こったのであり、この草庵は現在中興山普門院應其寺となっている。
上人はまた豊臣秀吉からこの地に二十七石五斗五升の永代免許を与えられ、塩市売買の免許をゆるされ、恵比寿神を勧請し、或は処々に池を築き堤を造り、救世済民に力を尽くした。隅田の岩倉池にある五輪塔や、清水南馬場の平谷池にある板碑には上人の名が刻まれている。町民はその徳に感じ上人の像を寄進して祀っている。
このようにして近世橋本町の基礎が確立したのである。應其上人三百八十年忌を記念し、この地に供養塔を建立し、橋本開基の上人の道徳を讃えるものである。 昭和六十三年十一月九日(旧暦十月一日)建之

体験重要文化財

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
慈眼寺リリー小バナー