神社お寺の検索サイト楽しみ方
名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中

おおがみやまじんじゃおくのみや

大神山神社奥宮

鳥取県 伯耆大山駅

投稿する
0859-52-2507

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

あり。車で大山寺門前町内を少し走る必要があります。スキー客等が使う共通の駐車場を利用する方が,ゆっくり門前町等も楽しめます。

巡礼

出雲國神仏霊場第九番「神」

ご利益

大神山神社奥宮について

大神山神社の奥宮の社殿です。山の上へ上へ登っていきます。

おすすめの投稿

ハナナチエ
2020年08月27日(木)
2008投稿

大神山神社の奥宮のほう。

御幸参道本通りの奥、まっすぐ進むと大山寺。左に曲がると奥宮の鳥居。
奥宮の鳥居をくぐってズドーンと参道を進むか、大山寺の本堂裏から奥宮参道の途中に出るか。
駐車場、御幸参道本通り沿いにあり。

参道は石畳で多少ボコボコしているが階段ではないので苦労なく歩ける。
ずーっと参道を進むと鳥居、後ろ向き門。この辺から石階段。
後ろ向き門をくぐり、一段が高い階段とボコボコした狛犬。
階段を登れば拝殿、拝殿の中に授与所。
拝殿を左手に進むと下山神社やダイセンキャラボクと弁天さん。
上を見たら大山の山頂...かもしれないけど全然見えねえ。

伯耆大山の麓にある、米子市尾高にあるのが本宮で、こっちが奥宮。
奥宮の方が参拝者が多いだろ。
かなり大きく立派な拝殿で見応えはある。登山スタイルの人が多数。

参道が長すぎて疲れる疲れる。

大神山神社奥宮の鳥居

鳥居

大神山神社奥宮の鳥居

参道と鳥居

大神山神社奥宮の山門

後ろ向き門。一見するとわからんけど通って後ろ向いたら「なんかおかしい」ってなる。

大神山神社奥宮の建物その他

門を抜けた階段と拝殿

大神山神社奥宮の本殿

拝殿

大神山神社奥宮の建物その他

階段の端の石は工事中。ジグソーパズルのような作業だこと

大神山神社奥宮の景色

霧で全く見えんけど大山の山頂が見える角度

大神山神社奥宮の地蔵

境内のどこかにあったお地蔵さん。可愛い顔してはる

もっと読む
こうきりん
2019年11月02日(土)
197投稿

今日初めて大神山神社本宮を参拝しましたので,せっかくですから久しぶりに奥宮にも参拝させていただきました。紅葉の時期ということもあるのか,たくさんの参拝者がお参りしておられました。清々しい秋晴れの中,爽やかな気持ちで石畳の参道を登って行きますが,奥宮に到着する頃には汗びっしょりでした💦御朱印をいただいたのですが,御朱印帳の紙の色が白ではないので印が凄く薄くなってしまい,宮司さんが謝ってこられましたがそれはそれでアリかなと思い,ちょっと得した気持ちになりました。やはり御朱印は一期一会で同じものはありませんね。はるか下界を見下ろす場所にあり,空気も美味しい心癒される神社です。今度はまた雪に覆われた時期に参拝したいです。

大神山神社奥宮の建物その他

駐車場です。ここの駐車場を利用するためには沢山の参拝客のみなさんに道を開けてもらわないといけないので少し心苦しいです。

大神山神社奥宮の建物その他

駐車場別角度です。奥にトイレが見えます。

大神山神社奥宮の建物その他

石畳の参道入口です。ここから登山開始です。足もとには気をつけて。

大神山神社奥宮の山門

後ろ向き門です。ここまで来れば,もうすぐ奥宮です。

大神山神社奥宮の歴史

後ろ向き門の説明書きです。

大神山神社奥宮の本殿

奥宮到着です。もう少しだ!

大神山神社奥宮の周辺

せっかくですので場所は少し離れますが,大山の紅葉です。

もっと読む
投稿をもっと見る(25件)

例祭・神事

6月第一土曜日曜(大山夏山開き祭)
7月14日〜15日(古式祭・大山のもひとり神事)

例祭・神事をもっと見る|
1

歴史

大山は太古より大己貴命が鎮り坐すお山として大神岳又は大神山と呼び此の所を神祭りの場として居ました。奈良朝時代より修験道、更に仏教が入り神仏習合説のもと大神に大智明権現の稱名を奉り神官社僧により奉仕し平安時代には此の奥の宮を中心として三院百八十坊僧兵三千の西日本一の霊山となり以来時勢により盛衰を重ねて居ましたが明治八年神仏分離令に依り大神山神社奥宮となり元の様に純然たる神社となりました。
現代の社殿は重要文化財に指定され文化二年(1805)の建築で日本最大級の権現造り、内部には彩色豊かに長大な柱や長押の白檀塗は日本一と言われて居ます。
正面の社号額は明治維新新政府の総裁であった有栖川宮熾仁親王の揮毫である。
御神徳:農耕、畜産、病気平癒、交通、開運、勝運、良縁

歴史をもっと見る|
8

大神山神社奥宮の基本情報

住所鳥取県西伯郡大山町大山
行き方

JR米子駅より日本交通観光道路経由大山寺行き大山寺下車
駐車場から徒歩15分

アクセスを詳しく見る
名称大神山神社奥宮
読み方おおがみやまじんじゃおくのみや
参拝料

なし

トイレあり。神社専用駐車場の奥にあります。
御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号0859-52-2507
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.oogamiyama.or.jp
おみくじあり
お守りあり

詳細情報

ご祭神《主》大己貴命,《配》大山津見命,須佐之男神,少名毘古那神
本殿権現造
札所など

出雲國神仏霊場第九番「神」

文化財

本殿、幣殿、拝殿、末社下山神社本殿・幣殿・拝殿(国指定重要文化財)
大山のもひとり神事(県指定無形文化財)

ご由緒

大山は太古より大己貴命が鎮り坐すお山として大神岳又は大神山と呼び此の所を神祭りの場として居ました。奈良朝時代より修験道、更に仏教が入り神仏習合説のもと大神に大智明権現の稱名を奉り神官社僧により奉仕し平安時代には此の奥の宮を中心として三院百八十坊僧兵三千の西日本一の霊山となり以来時勢により盛衰を重ねて居ましたが明治八年神仏分離令に依り大神山神社奥宮となり元の様に純然たる神社となりました。
現代の社殿は重要文化財に指定され文化二年(1805)の建築で日本最大級の権現造り、内部には彩色豊かに長大な柱や長押の白檀塗は日本一と言われて居ます。
正面の社号額は明治維新新政府の総裁であった有栖川宮熾仁親王の揮毫である。
御神徳:農耕、畜産、病気平癒、交通、開運、勝運、良縁

体験祈祷おみくじ御朱印お守り重要文化財札所・七福神巡り

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

名鉄御朱印めぐり御朱印帳発売中
行きたい
投稿する
お問い合わせ