参拝者と神社お寺でつくるお参りの記録共有サイト楽しみ方

とうきょうだいじんぐう

東京大神宮の歴史東京都 飯田橋駅

東京大神宮の歴史情報

詳細情報

ご祭神《主》天照皇大神,豊受大神,《配》天之御中主神,高御産巣日神,倭比売命
創建時代1880年(明治13年)
ご由緒

明治天皇のご裁断を仰ぎ、東京における伊勢神宮の遥拝殿として明治十三年に創建された当社は、最初日比谷の地に鎮座していたことから、世に日比谷大神宮と称されていました。関東大震災後の昭和三年に現在地に移ってからは、飯田橋大神宮と呼ばれ、戦後は社名を東京大神宮と改め今日に至っております。
 「東京のお伊勢さま」と称えられ親しまれているのは、伊勢両宮(内宮、外宮)のご祭神である天照皇大神(日本国民全ての祖神)と豊受大神(農業、諸産業の守護神)のご分霊を奉斎していることによります。
 また日本で最初の神前結婚式を執り行ったことで有名な当社では、現在も神前において伝統的な結婚の儀式を守り伝えております。天地万物の生成化育つまり結びの働きを司る「造化の三神」が併せ祀られていることから、近年縁結びに御利益のある神社としても知られ、良縁を願う人々のご参拝も年々多くなっています。

歴史の写真一覧

何かお気づきの点はありますか?