御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
ネコ大バナー※愛宕神社ではいただけません

あたごじんじゃ

愛宕神社

東京都 神谷町駅

社務所受付:9:00~17:00
祈祷受付:10:00~15:00 
※当面の間社務所受付 9:00~16:00

投稿する
03-3431-0327

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印・御朱印帳

御朱印

愛宕神社

300円
直書き

右上に伏火之総本社と書かれ、真ん中に愛宕神社の印、その右上に芝愛宕山の印が押されたシンプルな御朱印です。
慶長8年、愛宕神社は徳川家康公により、防火の神様として祀られました。

このほか、行事や神事にあわせた特別御朱印が頒布されます。

御朱印帳

御朱印

1,600円(御朱印代含む)
16×11cm

紺色の地に、表面の右側に御朱印帳の文字が入り、出世の石段と狛犬が描かれています。
裏面には紅葉が散らばり、真ん中に葵紋と愛宕神社の文字が入っています。
徳川3代将軍家光公が高所に咲く梅を所望した際、家臣たちが尻込みをする中、曲垣平九郎が馬で石段を駆け昇り梅を取ってきという逸話から、出世の石段といわれるようになりました。

授与場所・時間

御朱印・御朱印帳ともに、社殿に向かって右側にある社務所でお受けできます。

御朱印の受付時間は9時~17時。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

過去の限定御朱印

天長節御朱印

300円 直書き
2019年2月23日頒布

右上に天長節と書かれ、真ん中に愛宕神社の印、その右上に芝愛宕山の印が押されています。
天長節とは天皇誕生日のことです。

紀元節御朱印

300円 直書き
2019年2月11日頒布

右上に紀元節と書かれ、真ん中に愛宕神社の印、その右上に芝愛宕山の印が押されています。
紀元節とは初代天皇とされる神武天皇が橿原宮(かしはらのみや)で即位した日です。

立春御朱印

300円 直書き
2019年2月4日頒布

右上に立春と書かれ、真ん中に愛宕神社の印、その右上に芝愛宕山の印が押されています。
立春は二十四節気のひとつで、春の始まりを意味します。

御朱印をもっと見る|
217
御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
あり

無料駐車場あり/5台程度

ご利益

愛宕神社について

男坂を登って、キャリアアップ?


社殿には大鳥居から「男坂」と「女坂」があります。
参拝者の多くの人は仕事でのキャリアアップを目指し、男坂を登ります。
傾斜40度、86段の急な階段ですが、登れば仕事のお願いが叶うかもしれません。

世界初の放送専門ミュージアム?


神社がある愛宕山には、世界初の放送専門のミュージアム「NHK放送博物館」あります。
大河ドラマや朝ドラのポストカードが配られるほか、ファミリー向けの体験ブースや放送の歴史を感じれるブースなどがあります。
神社と一緒に訪れることをオススメします。

おすすめの投稿

鳥居クグルの神社日記
2019年04月18日(木)
18投稿

『鳥居クグルの神社日記』【最終回】

...........
..........
........
......
....
..
.

「....そうですか」

『わりぃな、歩徒乃、ちょっと、人が足りなくなっちゃってさ』

「いえ、仕事なので..」

『じゃあ、鳥居さんに『お世話になりました!シクヨロで〰️す』って伝えといて』

「あ、あ、はい。『シクヨロ』..ですか」

『それじゃ、こっちで待ってるから!シクヨロ〰️』

.............
.............

あぁ..もう帰らなくちゃいけないんだ..

来たばっかりなのに..

いや..仕方ないか..

じゃあ、最後、鳥居さんに..

............................
............................

【鳥居クグルのアパート】

コンコンコン、コンコンコン

「おっ!鳩が来たな」

ガラガラガラ

「手紙だな..どれどれ」

【鳥居さん。いきなりなのですが、私、元の時代に戻る事になりました。
最後なので、この時代に来た記念に、愛宕神社の出世の石段を一緒に登りましょう】

「えっ..そうなんだ...そうか..
えっ!何で、あの階段?」

.............
.............

愛宕神社の鳥居

「歩徒乃さん。残念ですね」

「はい。でも、私、ここに遊びに来た訳ではないので..仕方ないですね、仕事なので..」

愛宕神社の鳥居

「そうですか..」

「はい。鳥居さん、短い間ですけど、お世話になりました!とても楽しかったです」

「あ..はい。こちらこそ、有難うございました」

「では、早速、お邪魔しましょう!」

「あ、あの、歩徒乃さん..エレベーターじゃ駄目なんですか?」

「フフフフ、アハハハ( ^▽^)
本当に鳥居さんは面白いですねぇ」

「あ、あの、僕、冗談で言ってるんじゃないんですけど...( ´・∀・`)」

「アハハハハ、もう、冗談は終わりですよ!真剣にお参りしましょう!」

「あ....はあ..」

愛宕神社の狛犬

「失礼致します!」

「失礼します」

愛宕神社の狛犬愛宕神社の建物その他

「わぁ..いざ、目の前にすると凄いですね、鳥居さん!」

「あ、、は、はい..」

愛宕神社の建物その他

「ほ、歩徒乃さん..
僕、無理っぽいです..
あの、高い所が駄目で..」

「アハハハ、またまた、冗談ばっかり!」

愛宕神社の建物その他

「あ、あの、本当に駄目なんですけど..」

「アハハハハハ!鳥居さん、もう本当に冗談は終わりです!」

「あ、あ、はい..昇るしかないか..」

愛宕神社の建物その他愛宕神社の建物その他

「鳥居さん、これは、結構、大変ですね!」

「あ、は、はい..」

愛宕神社の建物その他愛宕神社の建物その他

「いや、でも、こういう大変な経験は必ず後で良い思い出になるんですよね、鳥居さん!」

「あ、は、はい」

愛宕神社の建物その他

「あっ、鳥居さん。上司が『お世話になりました。シクヨロで〰️す』と伝えといて欲しいと言ってました」

「あ、はい、最後まで軽いな..
なんて、お名前でしたっけ、あの方」

「あ、『サンプラザ井出』さんです」

「え、ごめんなさい、聞こえませんでした。もう一度、お願いします」

愛宕神社(東京都)

「『サンプラザ』」

愛宕神社(東京都)

「『井出』さんですよ」

愛宕神社(東京都)

「あっ、そうだ『サンプラザ井出』さんだ」

愛宕神社の鳥居

「鳥居さん、もう少しで上に着きますよ」

「そ、そうですね..」

愛宕神社の鳥居

「やったー!着きました!」

「....そ、そうですね..」

「鳥居さん、後ろを見てください、凄いですよ!」

愛宕神社の建物その他

「え?ぎゃ!!
は、早く、行きましょう!」

愛宕神社の手水

「やっぱり、ちょっと大変でしたね」

「....で、ですね」

愛宕神社の手水

「でも、楽しかったなぁ..じゃあ、こちらで、手と口を浄めましょう」

「あ、はい」

愛宕神社の建物その他

「少し、大変な思いをしてお参りした方が、ありがたみがありますよね、鳥居さん」

「あ、ですよね..」

愛宕神社の山門

「でも、ほんのちょっとの間でしたけど、本当に楽しく過ごせました。有難うございました!」

愛宕神社の山門

「いや..僕は何もしてないですよ」

愛宕神社の山門

「いえ、鳥居さんに案内して頂いて、本当に助かりました」

愛宕神社の本殿

「あ、ああ、そう言ってもらえると..良かったです」

愛宕神社の本殿

「はい、有難うございました」

「ど、どうも..」

「では、最後なので真剣にお参りしましょう!」

「はい」

愛宕神社の建物その他愛宕神社の建物その他

「本日は、お参りさせて頂きまして、有難うございます!」

「有難うございます!」

愛宕神社の建物その他

「あ、鳥居さん、これを撫でると運が良くなるみたいですよ!」

「本当ですか。では..ほう..本物ですね、これは」

「フフフフ..」

愛宕神社の山門愛宕神社の庭園

「最後にこちらに来られて良かったなぁ」

「いい気が流れてる感じがしますよね..」

愛宕神社の建物その他

「はい..素敵な場所ですね」

愛宕神社の庭園

「本当ですね..」

愛宕神社の鳥居愛宕神社の末社愛宕神社の庭園愛宕神社の建物その他愛宕神社の動物愛宕神社の動物愛宕神社の鳥居愛宕神社の建物その他

「あ、あのっ、歩徒乃さん!
又、お会いできるんですか?」

「え..あの、未来の事を話すは..いや....
はい!又、必ずお会いできますよ!」

「そうですか!良かった!」

「はい!」

愛宕神社の鳥居

「では、歩徒乃さん。またいつか、一緒に鳥居をくぐりましょう!」

「はい、いつかまた、お会いしましょう!」

『鳥居クグルの神社日記』【おしまい】

もっと読む
惣一郎
2021年02月04日(木)
962投稿

愛宕神社(あたご...)は、港区愛宕にある神社。旧社格は村社。東京・山手線園内では最も高い自然の山・愛宕山山頂にある(標高26m(笑))。京都市右京区の愛宕神社が総本社。

創建は1603年、徳川家康の命による。神社正面の急な参道石段は<男坂>と呼ばれるが、別名<出世の石段>と呼ばれる。徳川3代将軍家光が愛宕神社の下を通りかかった時に愛宕山頂の梅が満開で、馬に乗って梅を取って来るよう周りの者に無理難題として命じたところ、四国丸亀藩の曲垣(まがき)平九郎が急峻な石段を馬で登って梅を手折って献上した。太平の世でも馬術の稽古を怠らない曲垣平九郎の姿勢を称賛し、「日本一の馬術名人」としてその名が一日で全国に轟いたという故事による。

当社は<虎ノ門ヒルズ>の隣の敷地で近年地下鉄の駅ができるなど交通の便も良く、平日はビジネスマン&OL、休日も都心さんぽの人で賑わっており、都心の人気神社になっている。

参拝時は週末の午後。1月2日に来た時は参拝者の長蛇の列に、境内に入ることなく撤退。今回はそのリベンジに来たが、到着時、推定30人ほどの行列ができていた。

※コロナ禍の中、東京都内の御朱印は(書置きで500円)がデフォルトになりつつあるところ、当社では嬉しい(手書きで300円)。コロナ対策の<ウォッシュミスト>マシンの設置も含め、宮司さんをはじめとする神社関係者の意気込み、気持ちを感じる。すごく好印象!

愛宕神社の鳥居

大通りに面した入口から見える<大鳥居>と社標。

愛宕神社の鳥居

階段を登り切ると<一の鳥居>。

愛宕神社の山門

その先に<丹塗りの門>。ただ、混雑する正月は順路が決まっていて、境内左方向に大回りする。

愛宕神社の建物その他

境内左手に回ると行列整理のポールが立っている。

愛宕神社の建物その他

順路を進むと、コロナ対策の<ミストシャワー>が設置されている。浴びるか浴びないかは各人の任意とのこと。

愛宕神社の地蔵

屋根付き地蔵像。

愛宕神社の手水

順路を進むと<手水舎>。

愛宕神社の山門

やっと<丹塗り門>をくぐる。

愛宕神社の本殿

拝殿正面。

愛宕神社の建物その他

上写真の左下をクローズアップすると、撫でると福が身につくという<招き石>。

愛宕神社の本殿

拝殿と扁額。

愛宕神社の山門

<丹塗りの門>と社殿。(社殿全景はどうやっても撮れない…)

愛宕神社の鳥居

社殿と授与所を繋ぐ屋根付き通路の手前に鳥居だけが立っている。扁額には<福寿稲荷社>とある。なんでここに?

愛宕神社の末社

と思ったら、通路を挟んだ後ろに摂社が3社建っている。左から順に<太郎坊社>、<福寿稲荷社>、<大黒天社>。鳥居は中央の摂社のものだったというのがオチ。

愛宕神社の動物

授与所右脇にある池。錦鯉がたくさん。

愛宕神社の鳥居

池に立つ鳥居。

愛宕神社の鳥居

大鳥居からの階段の脇に立つ弁財天社。

愛宕神社の景色

池の向こうに、虎ノ門ヒルズ・森タワー(左)とビジネスタワー(右)が立つ。立つ前は景色が違ったんでしょう...

愛宕神社の建物その他

大鳥居からの階段を上から見るとかなり急であることが分かる。

愛宕神社の建物その他

境内にある<茶店>。コロナで営業縮小中。

愛宕神社の建物その他

こちらは裏の入口。大きめの駐車場あり。車で来ると、男坂は登らずに済む。

もっと読む
投稿をもっと見る(195件)

例祭・神事

歳旦祭(1月1日)
七草火焚き祭り(1月7日)
節分お福分け祀り(2月3日)
千日詣りほおづき縁日(6月23日〜24日)
中祭式(6月24日)
出世の石段祭(9月22日〜24日)
大祭式(9月24日)
除夜祭・鏡開き式(12月31日)

例祭・神事をもっと見る|
4

歴史

当社は徳川家康公が江戸に幕府を開くにあたり江戸の防火・防災の守り神として将軍の命を受け創建されました。幕府の尊崇厚くご社殿を始め仁王門、坂下総門等を寄進され、祭礼等でもその都度下附金の拝領を得ておりました。また、徳川家康公のご持仏「勝軍地蔵菩薩」(行基作)も特別に祀られております。(非公開)
江戸大火災、関東大震災、東京大空襲の度に焼失しましたが現在のご社殿は昭和三十三年再建されました。寛永十一年三代将軍家光公の御前にて、四国丸亀藩の曲垣平九郎盛澄が騎馬して正面男坂(86段)を駆け上がり、お社に国家安寧の祈願をし、その後境内に咲き誇る源平の梅を手折り将軍に献上た事から日本一の馬術の名人として名を馳せ「出世の石段」の名も全国に広まりました。万延元年には水戸の浪士がご神前にて祈念の後、桜田門へ出向き大老井伊直弼を討ちその目的を果たした世に言う「桜田門外の変」の集合場所でもありました。

歴史をもっと見る|
14

愛宕神社の基本情報

住所東京都港区愛宕1-5-3
行き方

東京メトロ日比谷線 
 神谷町駅より徒歩5分
東京メトロ銀座線 
 虎ノ門駅より徒歩8分
都営三田線 
御成門駅より徒歩8分

アクセスを詳しく見る
名称愛宕神社
読み方あたごじんじゃ
通称あたごさま
参拝時間

社務所受付:9:00~17:00
祈祷受付:10:00~15:00 
※当面の間社務所受付 9:00~16:00

参拝料

なし

御朱印あり

限定御朱印なし
御朱印帳あり
電話番号03-3431-0327
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://www.atago-jinja.com
お守りあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神《主》火産霊神,《配》罔象女神,大山咋神,日本武尊
創建時代慶長8年(1603)
ご由緒

当社は徳川家康公が江戸に幕府を開くにあたり江戸の防火・防災の守り神として将軍の命を受け創建されました。幕府の尊崇厚くご社殿を始め仁王門、坂下総門等を寄進され、祭礼等でもその都度下附金の拝領を得ておりました。また、徳川家康公のご持仏「勝軍地蔵菩薩」(行基作)も特別に祀られております。(非公開)
江戸大火災、関東大震災、東京大空襲の度に焼失しましたが現在のご社殿は昭和三十三年再建されました。寛永十一年三代将軍家光公の御前にて、四国丸亀藩の曲垣平九郎盛澄が騎馬して正面男坂(86段)を駆け上がり、お社に国家安寧の祈願をし、その後境内に咲き誇る源平の梅を手折り将軍に献上た事から日本一の馬術の名人として名を馳せ「出世の石段」の名も全国に広まりました。万延元年には水戸の浪士がご神前にて祈念の後、桜田門へ出向き大老井伊直弼を討ちその目的を果たした世に言う「桜田門外の変」の集合場所でもありました。

体験おみくじ絵馬食事・カフェ御朱印博物館お守り重要文化財札所・七福神巡り

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印小バナー2022年10月