御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年10月※麻布氷川神社ではいただけません

あざぶひかわじんじゃ

麻布氷川神社

東京都 麻布十番駅

授与所:9:00~16:00

投稿する
03-3446-8796

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印・御朱印帳

御朱印

12月の限定御朱印 大祓

500円
12月1日~12月31日

月ごとにデザインがかわる御朱印です。
年越の大祓が行われ、丑年の最後の月となる12月は、茅の輪とウシの印が押されています。
右側には、「麻布總鎮守 江戸七氷川之壱」の印が押されています。
「江戸七氷川」とは江戸に鎮座していた7つの氷川神社の総称です。

12月の限定御朱印 無病息災

500円
12月1日~12月31日

月ごとにデザインがかわる御朱印です。
冬至(とうじ)の12月は、ゆずとかぼちゃの印が押されています。
2021年の冬至は12月22日。
この日はかぼちゃを食べてゆず湯に入る風習があります。

11月の限定御朱印

500円
11月1日~30日

月ごとにデザインがかわる御朱印です。
実りの季節である11月は、稲穂とお米の印が押されています。
右側には、「麻布總鎮守 江戸七氷川之壱」の印が押されています。
「江戸七氷川」とは江戸に鎮座していた7つの氷川神社の総称です。

麻布氷川大神輿修復完成記念の御朱印

1000円
書き置きのみ

麻布氷川神社の宮神輿は戦災によって途切れてしまっていましたが、令和2(2020)年のクラウドファンディングによって宮神輿の修復が行われ、およそ90年ぶりに美しい姿を取り戻しています。
この神輿の復興を記念した御朱印が、期間限定で頒布されています。

※令和3年9月30日で頒布終了の予定でしたが、参拝者の方のご要望が多く、頒布期間が延長されています


【 記念御朱印頒布内容 】
・御朱印 1体
・大神輿胴羽根彫刻のアートカード(はがきサイズ) 1枚
・朱印入れファイル(B6サイズ) 1冊
・麻布氷川大神輿パンフレット(A4サイズ)1冊

御朱印帳

小:1500円
大:2000円

青・紫の2種類

麻布氷川神社でかつて行われていた「宮神輿」の巡行の様子が描かれた御朱印帳です。
大きな宮神輿を牛二頭にひかせる大規模なものでしたが、戦災により昭和15年を最後に行われていませんでした。
令和2(2020)年のクラウドファンディングによって宮神輿の修復が行われ、およそ90年ぶりに美しい姿を取り戻しています。
令和4年9月には、修復完成した麻布氷川神社の大神輿巡行復興が予定されています。

麻布氷川神社の宮神輿については、麻布氷川神社公式サイトの「宮神輿復興御奉賛について」をご覧ください。

授与場所・時間

御朱印は、本殿隣の授与所で頂けます。

授与時間は、9:00~16:00です。

御朱印をもっと見る|
226
御朱印について
御朱印
あり
限定
あり
御朱印帳
あり
パーキング
駐車場
-

巡礼

麻布氷川神社について

美少女戦士セーラームーンの聖地

おすすめの投稿

投稿をもっと見る(217件)

歴史

天慶の年938年清和源氏の祖・源経基朝臣が天慶の乱を鎮定するため東征し、武蔵国豊島郡谷盛浅布冠の松に勧請しました。江戸城を築城した武将・太田道灌の再勧請説もあります。江戸徳川将軍家の尊信も篤く、富士山も眺望でき四方絶景の社でした。明治時代には特定の行政機能を持ち、住民に守り札を発行しておりました。現在の社殿は昭和23年に再建。日比谷映画劇場や有楽座等を設計し戦災復興院総裁も務めた阿部美樹志の設計によるものです。

歴史をもっと見る|
1

麻布氷川神社の基本情報

住所東京都港区元麻布1-4-23
行き方

東京メトロ南北線
麻布十番駅 出口4または出口1より徒歩8分

東京都営大江戸線
麻布十番駅より徒歩7分
六本木駅より徒歩20分

東京メトロ日比谷線
六本木駅より徒歩20分
広尾駅より徒歩15分

アクセスを詳しく見る
名称麻布氷川神社
読み方あざぶひかわじんじゃ
通称麻布氷川神社・麻布の氷川さん
参拝時間

授与所:9:00~16:00

御朱印あり

限定御朱印あり
御朱印帳あり
電話番号03-3446-8796
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttps://www.azabuhikawa.or.jp/
おみくじあり
お守りあり
絵馬あり
SNS

詳細情報

ご祭神《主》素盞嗚尊,日本武尊
創建時代天慶5年(938)
ご由緒

天慶の年938年清和源氏の祖・源経基朝臣が天慶の乱を鎮定するため東征し、武蔵国豊島郡谷盛浅布冠の松に勧請しました。江戸城を築城した武将・太田道灌の再勧請説もあります。江戸徳川将軍家の尊信も篤く、富士山も眺望でき四方絶景の社でした。明治時代には特定の行政機能を持ち、住民に守り札を発行しておりました。現在の社殿は昭和23年に再建。日比谷映画劇場や有楽座等を設計し戦災復興院総裁も務めた阿部美樹志の設計によるものです。

体験アニメなどサブカル

この神社の神主様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の神社の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
めめ小バナー