御朱印・神社お寺の検索サイト楽しみ方
四天王寺聖徳太子1400年限定御朱印大バナー2022年12月※身代り不動尊(大明王院)ではいただけません

みがわりふどうそん|真言宗醍醐派

身代り不動尊(大明王院)

東京都 八幡山駅

投稿する
03-3304-8911

※お問い合わせの際は「ホトカミを見た」と
お伝えいただければ幸いです。

御朱印について
御朱印
あり
限定
-
御朱印帳
-
パーキング
駐車場
-

ご利益

身代り不動尊(大明王院)について

東京の身代わり不動さん
靴を脱がずに参拝できます

身代り不動尊(大明王院)の基本情報

住所東京都杉並区下高井戸5丁目12-1
行き方

京王線 上北沢駅または八幡山駅から徒歩15分(タクシーで5分)

中央高速 高井戸から環八へ、環八中の橋から上り方面 東八道左側

アクセスを詳しく見る
名称身代り不動尊(大明王院)
読み方みがわりふどうそん
参拝時間

9時〜16時半(水曜休み)

御朱印あり

限定御朱印なし
電話番号03-3304-8911
お問い合わせの際は「ホトカミを見た」とお伝えいただければ幸いです。
ホームページhttp://tokyo-hudouson-temples.japan-guide.info/

詳細情報

ご本尊不動明王
宗旨・宗派真言宗醍醐派
ご由緒

真言宗醍醐派 別格本山大明王院の東京別院として平成14年12月に建立。

“身代り不動尊(大明王院)は、元禄年間に武蔵の国荏原郡に悪疫が流行した際、諸国を行脚していた祐天上人が不動尊を尊信するよう教え、土地の人々がこれを信仰したところ悪疫が去り、本尊の霊験あらたかなるに感謝して堂宇を建て神社に安置したものです。 その後、明治維新の際の排仏棄釈に会い一時民家に移されましたが、開山喜衆聖人が明治37年に開眼法要をなして現在の場所に移しました。 今では、厄除・交通安全祈願の身代り不動として、一年中参拝客で賑わっています。” 

川崎、横浜、熱海の身代わり不動尊に同じ。

体験祈祷お守り

この寺院の僧侶様へ

公式アカウント(無料)にご登録いただくと、

ご自身の寺院の情報を編集することができます。

無料登録して、参拝者が必要な情報を直接伝えてみませんか?

詳しくはこちら

最新の限定御朱印情報が届く!
御朱印メルマガを受け取ろう

利用開始をもって利用規約プライバシーポリシー
同意したものとみなします。

※購読はいつでも解除できます。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and Terms of Service apply.

行きたい
投稿する
お問い合わせ
名鉄御朱印めぐりオリジナル御朱印帳発売中